マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 15分前後
  • 6歳~
  • 2009年~

魔法のラビリンスペンシルさんのレビュー

191
名に参考にされています
2017年07月20日 04時25分

見えないけれどそこにある。大人もびっくりの子供向け記憶ゲーム!


サイコロを振ってすごろくのようにコマを進めて、目標地点をいち早く目指すゲームなのですが、ボードは迷路のようになっていて壁にぶつかってはいけません。でも、壁は魔法がかかっていて見えません。


このゲームの一番の特徴はなんといっても、「見えない壁を見せる」システム!
実はボードの下は空洞になっていて、そこに壁が張り巡らされています。
さらに、コマの底面は磁石になっていて、ボードを挟んで鉄球をくっつけます。

これによってなにが起こるかというと、ボードの下にある壁にぶつかったとき、鉄球がコトンっと音を立てて落ちる!
壁にぶつかって鉄球が落ちると、スタート地点からやり直しになります。


ゲームを進めていくうちに壁がある場所がわかっていき、ここは壁がなかったはず...!と自分の記憶力と闘いながらコマを進めていくうち、本当に壁があるように見えてくるんですよね~
子供向けゲームながら、大人の想像力も刺激するこのアイデアは本当にすごい!


ただ、大人がやると割とゲーム後半になればほぼルートが覚えられてしまうかな。子供とやったことがないので、子供はどうなのかわからないですが。
くじ引きで決められる目標地点に到着するとチップがもらえて得点になるのですが、くじで決まった目標地点が現在地の隣のマスだったりすると、記憶力とか関係なしに余裕でチップがもらえるのでそこはちょっとモヤモヤするかも。
そのため個人的には「誰かが得点したら全員スタートからやり直し」というローカルルールでやっています。

でも、ボードがもう一回りか二回り大きくなったバージョンが出たらうれしいな...とおもったりもしますw


0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
ペンシルさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 116興味あり
  • 288経験あり
  • 49お気に入り
  • 180持ってる
プレイ感の評価
運・確率9
戦略・判断力8
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見8
作品データ
タイトル魔法のラビリンス
原題・英題表記The Magic Labyrinth / Das Magische Labyrinth
参加人数2人~4人(15分前後)
対象年齢6歳から
発売時期2009年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

ペンシルさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク