マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~5人
  • 20分~30分
  • 10歳~
  • 2007年~

ルールの達人ペンシルさんのレビュー

381
名に参考にされています
2017年07月20日 23時45分

同じゲームなのに全員違うルール!それぞれの思惑が交錯する隠れた名作!


このゲームで使うのは、1~9の数字が書かれた5色のカードと、5種類のルールカード。
手札から数字とルールを1枚ずつ自分の場に出し、自分が出したルールを達成できれば得点ゲット!
ただし、基本的に他のプレイヤーが既に場に出したルールカードは出せないので、必然的に全員がそれぞれ違うルールを目指すことになります。

ルールは、「5人の数字カードの合計が23以下」「他の4人と数字も色も重複しないカードを出す」「右隣のプレイヤーがルールを達成する」といったように、どれも他のプレイヤーの出す数字カードが大事になってくるので、いかに自分のルールを達成させつつ他人を邪魔するか...という駆け引きがあります。
さらに、手札の補充はオープンになっている山札から行うという点、特定のルールカードをいくつか集めるとボーナス点が入るというところでも読みあいが。このようにちょっと特殊なプレイ感なので、ある程度ボードゲームに慣れ親しんだ方向きのゲームかもしれません。


とはいえ、最近発売された新版の、標識や看板(しかもかなりギリギリのパロディ!)をモチーフにしたカード類は誰しもが食いつくのでは!?
自分もこのゲームはまず見た目で惹かれ、特殊なシステムにもっと惹かれた感じですw


ところで、このゲーム。あまりない5人用?ゲームであり、3~4人でやる場合はCPU的キャラが追加されます。
自分は5人でしかやったことがないのでわからないですが、3~4人でやるとプレイ感はかなり変わるかもしれませんね。運要素が大きくなりそうです。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
ペンシルさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 63興味あり
  • 290経験あり
  • 48お気に入り
  • 180持ってる
プレイ感の評価
運・確率6
戦略・判断力15
交渉・立ち回り4
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルルールの達人
原題・英題表記Master of Rules
参加人数3人~5人(20分~30分)
対象年齢10歳から
発売時期2007年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

ペンシルさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク