マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2016年~

アニマルマインドBluebearさんのレビュー

190
名に参考にされています
2018年05月25日 22時00分

このゲームのコンポーネントを見て、絶対女性受けするだろうと思い、たまたま参加者が少ないのに加えて、女性陣メインの回があったので、これはチャンスと取り出しました!(o^^o)

イラストがとても可愛いいんですね。

予想通り「きゃ~!かわいい~」の合唱に笑。

各自が担当する自分のカードセット(両面がそれぞれ『受取』と『拒否』になっているもの3枚)を選ぶのに、しばし大騒ぎ。

ちなみにウチでは小狐が一番人気。

オランウータンはあんまり可愛くないと人気なし。笑

じゃあゲームで勝負しようって、オイオイそういうゲームじゃないよ!(^◇^;)

まあ、なんだかんだでインストも済ませてゲーム開始。

このゲームは、自分がめくったカードの産物(ペット、タマゴ、毛皮、ミルクの4種類ね)を誰か指名して贈与?する。

最初から自分には渡せないのね。

指名された相手は、『受取』か『拒否』かを選ぶ事ができる。

受取ればそのプレイヤーの前に表にして置く。

拒否されたら今度は出したプレイヤーが受け取って前へ置く。

これを続けてゆくだけのシンプルな展開。

カードテキストや特殊効果も一切無し!

ところがこれだけの構造なのに、すごい心理戦が始まるところが凄かった!

受け取った産物は種類ごとにずらして重ねていきますが、そこには0~2の数字が書いてあって、『一番上に重ねた数字×枚数』が点数になります。

つまりせっかく最大の2を置いたのに、その上に0を置いたら、何枚あろうが0点なわけです。

さらにひねった仕掛けが3つもあり、まず渡す側は「種類」か「数字」のどちらかを『正直に』宣言しなければならない。嘘つけないってところがミソです。

次に、自分の前に配置する産物は3種類まで!4種類目を受け取ってしまったら、最も枚数が多い種類をまるごと捨てなければならない!これはかなり痛い!

最後に、『受取』か『拒否』かの選択ですが、最初に述べた通り両面印刷になっているカードを3枚見えるように並べます。(最初は2枚が『受取』で1枚が『拒否』になるように)もし出されたカードを受け取ったら『受取』のカードを裏にして『拒否』にする。同様に拒否するなら『拒否』カードを裏返して『受取』にする。

ふふふ、そうです。もうお判りですね。

「じゃあ、このミルクあげますね。」

「えええ!ミルクは欲しいけど0は嫌~!拒否します~」

「ありがとう、じゃあ私がもらって5枚目♪」

「くぅ~!」

とか。

「このペットをあげよう」

「ええ~っ!4つ目になっちゃうので当然要りません。拒否します!」

「あはは、できないですよー笑」

「あああ!手元のカードが全部『受取』じゃないの!しまったあああ!」

…って言う感じです。

ちょっと「ごきぶりポーカー」に雰囲気が似てるかな。

でも、正直にしか言ってないのに疑心暗鬼の心理戦って凄いアイディアだと思いました。

カードが溜まってくる後半の緊迫感も醍醐味です。

今回のメンバーも大絶賛でした。

皆さん、女性プレイヤーをお迎えするなら絶対オススメですよ!

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
Bluebearさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 25興味あり
  • 137経験あり
  • 25お気に入り
  • 106持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力5
交渉・立ち回り10
心理戦・ブラフ10
攻防・戦闘2
アート・外見9
作品データ
タイトルアニマルマインド
原題・英題表記Animal Mind
参加人数2人~4人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2016年~
参考価格1,800円
クレジット
ゲームデザイン樫尾 忠英(Tadahide Kashio)
アートワーク佐々木 亮(Ryo Sasaki)
関連企業/団体グループSNE(Group SNE)cosaic
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Bluebearさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク