マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~6人
  • 10分前後
  • 8歳~
  • 2019年~

目撃者たちの夜すあまさんのレビュー

392
名に参考にされています
2019年08月27日 16時19分

★8(個人的10段階評価) 


正体隠匿系カードゲームの傑作

サイズもコンパクトになり、いよいよマストバイな一作に


ゲームルールとしては、ワンナイト人狼のそれに近いです。

一人に一つずつ役職が割り当てられ、三分の議論時間の末に、誰かに投票、結果を見るという。


個人的にこのゲームで非常に優れいていると思う点はいくつかあるのですが、その全てはやはり一点に集約されます。

それは


「自分の役職は、前から回ってきた1枚と、山札から引いた1枚の、計2枚から選び、余ったものは次に回す」


という、形式です。

これによりまずは、ワンナイト人狼などにある「目を瞑る」とか「音を立てないように行動する」といった、ともすれば番外戦術や事故が起こりかねなかった場面を削除出来ていることが素晴らしいというのが一つ。


そして更に、いざ議論が始まった際に「目撃証言」というカタチで「全員に喋ることがある」という点。これが非常に効いている。


どういうことかというと、自分が前のプレイヤーから何を受け取り、次のプレイヤーに何を渡したのか。これは全員が持つ情報であり、これだけで「話に関与できない」という状況が大分回避されること。


これらにより、非常にスマートかつコンパクトで、しかし遊び甲斐のあるいい正体隠匿系ゲームに仕上がっていると思います。


ただし難点もあります。


今作では3人から遊べるとなっており、実際遊べないことはないのですが、やはり「面白い」と思えるようなゲーム展開にはなり辛い印象です。そういう意味では、流石に四人が最低人数である気がします。

また、特殊な能力者がいない状況だとやはり推理が「止まる」ことが多く、最終的に「○○さんはこういう性格だから……」というようなロジックを持ち出さないといけなくなる点は、少し気になりました(他の人狼系でもある話ですし、その論拠が悪いわけでもないのですが)


とはいえこのサイズでこの戦略性、このリプレイ性。


本当に一家に一つあっていい良作小箱ゲームだと思います。正体隠匿系が苦手でなければ、是非!

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Nun Nori
すあまさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 29興味あり
  • 48経験あり
  • 17お気に入り
  • 50持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ3
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトル目撃者たちの夜
原題・英題表記 Witness night
参加人数3人~6人(10分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2019年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン渋江 玖琉(Kuru Shibue)
アートワーク未登録
関連企業/団体すごろくや(Sugorokuya)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

すあまさんの投稿

会員の新しい投稿