マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 45分~60分

ウルトラマンゲーム 史上最大の侵略戦シャクライのリプレイ日記(2019年10月21日)

121
名に読まれています
2019年10月21日 17時54分

さて今回も、BookCafe ヨミヤスミにて開催された “第11回 21時のレトロボードゲーム”『ウルトラマンゲーム 史上最大の侵略戦』の模様を書いていこうと思います。

まず今回の参加者ですが、今回はお一人初参加の女性の方、もうひとりは何度か参加してくれている女性の方、そこに店主が加わって3名でプレイいたしました。

もうタイトルに“ウルトラマン”って入っているので、当然ウルトラマンが活躍するゲームです。しかも作ったのが『人生ゲーム』でおなじみのタカラということで、どことなく盤面が人生ゲームに似ていますというか、ルールも基本マス目の指示に従うすごろくタイプなので人生ゲームっぽいです。

ではどこが違うのかというと、行く先々で怪獣、星人が邪魔してます。プレイヤーは科学特捜隊やウルトラ警備といった隊員としてコマを進め、行く手を阻む怪獣と遭遇するたびにウルトラマンに変身して、怪獣を倒してはまた隊員として進み、誰よりも早くゴールすれば勝利です。ウルトラマンなので怪獣との戦いは3分以内や、スペシウム光線などの必殺技で決着などお約束の要素も満載です 。ただ今回参加されたお二人はお若く、しかも女性ということで少々ウルトラマンに対して未知の要素も多い感じでしたが、いざスタート。

まずは人生ゲームでいう職業決め的な、装備、必殺技を決めるゾーンから。ここで自分がどのウルトラマンに変身するかを決定。さらに持てる必殺技、隊員としての装備を決めるのですが、まずはそれぞれウルトラマンA、ウルトラマンタロウ、そして店主はウルトラマンに。で、さらにルーレットの目によって必殺技や装備が備わっていくのですが、これが3人とも絶不調。本来ならどっさり技も装備も持って進みたいところだったんですが、3人ともかろうじて必殺技と装備を1~2個取って、いわゆる本線の対決ゾーンへ。

最初に立ちはだかった敵は“最も頭が良い”でおなじみのメフィラス星人(ちなみに配置される怪獣、星人はランダム)。先ほども書きましたが、このゲームは立ちはだかる敵をすべて倒して、ゴールしたものが勝者。ただ、ウルトラマンのルールに則って戦うのでそう簡単にはいきません。まずは変身。各ウルトラマン、変身可能な数字が決まっていて、ルーレットでこの数字を出さないとウルトラマンになれない。

そしてウルトラマンに無事変身できたら、自分の番じゃないふたりがそれぞれ敵役(今回はメフィラス星人)、そしてカラータイマー役(!?)になってバトル開始。戦いはウルトラマンとメフィラス星人が交互にルーレットを回し、出た目に応じた攻撃技(攻撃力)で勝負。しかも各技には攻撃消費時間があり、その時間が3分を越える前に倒す。

というのが一連の流れなんですが、まず変身できない! 1/2ぐらいの確率なんですが、意外と変身できず苦戦。しかも変身できてもメフィラス星人がけっこう強い。3人とも初戦は変身できなかったり、戦いに負けたりで敗退。ちなみにラスト1分になると必殺技を繰り出すこともできるのですが、これが1/3ぐらいの確率でこれも意外と出ない。

まぁ、もちろんあっさり勝てたらそれはそれでゲーム的におもしろくないと思うのですが、ウルトラマンの苦労が少しわかってきました。ちなみに6回負けるとスタートに戻されるという鬼ルール。

もちろん、戦いを有利に進めるお助け要素もあって、ウルトラマンキングとウルトラマンレオが助けてくれることも。ただ今回は店主ばかりが助けてもらってて、これはふたりの参加者さんには申し訳なかったなぁ、と。

と、まぁ、勝てない勝てないと書いていますが、一生勝てないワケではなく、そこはウルトラマンなんで何度か戦えばだいたい勝てますし、しかも当然、一発で勝てることもあるので、わりと勝負は混戦に。

ただ本来は戦い以外にも、マス目の指示や緊急指令カード引いたりといったイベントがあるはずなんですが、移動のときは大きい数字(すぐに対決マスへ)、戦いのときは小さな数字が多かったのか、ほとんど怪獣や星人と戦ってばかりという無限バトルループのような展開になってしまいやや展開が単調になってしまったのはちょっと申し訳ない感じでした。良くも悪くもルーレット次第なので・・・。

そして最終的にキング&レオの恩恵を受け、キングジョーやバキシム、ギエロン星獣などいち早く5体の怪獣や星人を倒した空気を読まないウルトラマン店主がゴールしてフィニッシュ。どうもありがとうございました。シュワッチ!

と、今回も伝わってるのか伝わってないのかわからないゲーム報告になってしまいましたが、今回のボードゲーム『ウルトラマンゲーム 史上最大の侵略戦』は、当カフェの “21時のレトロボードゲームFP” のほうでいつでもプレイできます。ウルトラマンになって怪獣を倒しまくりたい方、よかったら申し込んでみてください。

●21時のレトロボードゲームFP(フリープレイ)
 完全予約制でこれまでプレイしたすべてのボードゲームが遊べます。
 開催時間:21時~23時
 参加費:1500円(ドリンク&ちょっとしたお菓子付き)
 https://yomiyasumi.tumblr.com/event2

勝敗プレイヤー名最終得点
シャクライ

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!

参加者 1人
2019年10月21日

このリプレイ日記をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 0興味あり
  • 1経験あり
  • 0お気に入り
  • 1持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルウルトラマンゲーム 史上最大の侵略戦
原題・英題表記Ultraman Game
参加人数2人~4人(45分~60分)
対象年齢未登録
発売時期未登録
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワーク未登録
関連企業/団体タカラ(TAKARA)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

シャクライさんの投稿

会員の新しい投稿