ナンジャモンジャ・シロだいもん(@economic_wars)さんの戦略やコツ

97
名に参考にされています
投稿日:2017年02月07日 00時44分

ゲームのコツについて、楽しんでプレイする、ガチで勝利を目指す、の2つの視点で書いてみました。


【楽しませる場合】

「人名+何か」で命名すると、妙に盛り上がる傾向にあります。中傷にならないよう、かつその場にいる人の名前をイジるとええ感じ。

例)

・イカした佐藤

・景子のスカート

・バイクを降りた直後のタケシ


あとは、「情景を命名する」というのがカオスで盛り上がりました。

例)

・「冬の山小屋で君と。」

・「夏のビーチ、日差し眩し」

・「ゲレンデの想い出」

・「下り坂でブレーキ前の、あの瞬間」



【マジで勝利を目指す場合】

「自分だけに当てはまる、記憶の中にある思い出しやすい何か」を命名すれば、たいていの場合、初手は自分がとれます。まず、詳細に覚えていられるのは自分だけです。

印象に残っている数値データを入れるとかなり鬼畜です。


例)

・「習字は月曜日」

・「スイミングは木曜日」

※自分以外は、たいてい曜日がごっちゃになります笑


・「ベストタイム12秒43」

・「北中の背番号7番は斎藤ひとし」


あとは、非常に自分が得意な趣味を使っても強力。

・「RGM-79といえばジム」

・「本塁打王デストラーデ1990年42本」


これらの名前をつけるとき、カードの色情報のみで判断できればOK。たとえば、ジムをつけるなら赤色が多いカードにするなど。

  • 興味ある(14人)
  • 経験あり(206人)
  • お気に入り(63人)
  • 持ってる(157人)
投稿イメージ
画像クリックで拡大します
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力7
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルナンジャモンジャ・シロ
原題・英題表記Toddles-Bobbles White
参加人数2人~6人(15分~20分)
対象年齢4歳から
発売時期2016年~
参考価格1,400円
クレジット
ゲームデザインリーベディバ・アリョーナ
アートワークフェドトヴァ・ナヂェズダ
関連企業/団体SIMPLE RULESすごろくや(Sugorokuya)

ナンジャモンジャ・シロの戦略やコツ

  • 116
    名に参考にされています
    投稿日:2017年02月10日 08時41分

    秘技、カンニング!どーしてもこのゲームで勝てない…という人は試してみましょう。小学生の頃、国語の小テストの時こんな経験はありませんか?「教室のどこかにこの漢字書いてないかな〜?」とこれをお手本に、自分が名付ける妖精の「色」と自分の視界にある「その色のモノ」を紐付けます。そーすると、自分が付けた妖精の名前が出てこない場合は周りを見渡せば一目瞭然です!※他の人にこの作戦がバレてしまうと、相手も有利にしてしまいますので、バレないようにカンニングしましょう!

    続きを読む

会員の新しい投稿