• 2人~4人
  • 60分前後
  • 8歳~
  • 2007年~

テーベ / テーベの東21_ruifanさんのレビュー

103
名に参考にされています
投稿日:2017年08月24日 10時04分

考古学者体験ができます!

袋の中からお宝を引いてきて、当たった、外れたはそれだけで楽しいです。

さらに調査にどのくらい時間をかけるかで引くタイルの数が変化するのですが、各自の専用時計で分かりやすくみせてくれているところも好感です。

すでに荒らされている近場を狙うか、遠くまで行くか、その他にも事前準備や発掘した成果を学会で発表して得点獲得など分かりやすく作られているので重ゲーにならずボードゲーム初心者にもすんなり本格的なゲーム体験を提供できるのでは?


袋から当たりを引けるかは もちろん運の要素がつよいですが、確率を計算しながら時間管理するなど十分なゲーム性を担保していると思います!オススメです。

  • 28興味あり
  • 134経験あり
  • 33お気に入り
  • 99持ってる
プレイ感の評価
運・確率5
戦略・判断力5
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルテーベ / テーベの東
原題・英題表記Thebes
参加人数2人~4人(60分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2007年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

テーベ / テーベの東のレビュー

  • 68
    名に参考にされています
    投稿日:2017年06月11日 16時20分

    くじ引きゲーム。世界を回って遺跡に関する知識を集めて、遺跡発掘を行うゲームです。ルールはファミリーゲームの中でも簡単な部類です。基本的に、都市まで移動して場に出ているカードを取るか、遺跡まで移動して発掘(くじ引きするか)だけです。発掘する遺跡に対応した知識カードが豊富だと遺跡を発掘(くじ引き)できる回数が増えます。各遺跡の当たりチットはどんどん引かれてプレーヤーの手元に渡るのに、外れチットは常に遺跡に戻されます。そのためゲーム後半に行くに従ってハズレが増えて「発掘され尽くした遺跡」になっていきます。どこの遺跡にどのくらい突っ込むのか。そのあたりの戦略が勝負の分かれ目です。引いたもの勝ち、...

    続きを読む
  • 70
    名に参考にされています
    投稿日:2017年05月26日 00時26分

    遺跡発掘をテーマをしたゲーム。コンポーネントはなかなか豪華。タイルを入れるしっかりした専用袋が5つに、ちょっとしたギミックのある歯車。タイル・カード・木の駒。また、ゲームには関係ないけど遺跡の豆知識が書かれた紙もある。遺跡を発掘する学者になって名声(=勝利点)を得ることが目的。ゲーム内容もテーマに合っている。遺跡タイルを袋から多く引く(発掘)には、それまでに得た知識カードや協力者カードが必要。ゲーム開始からいきなり遺跡に行って発掘もできるが、準備がないと何も引けない。で、準備をするためにはいろんな場所に行ってカードを入手する。しかし、移動をするのにもカードを入手するのにも「時間」がかかる...

    続きを読む

21_ruifanさんのレビュー