マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
枯山水
  • 枯山水当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 75分前後
  • 10歳~
  • 2013年~

枯山水 / Stone Garden の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
目指すは庭の美しさ。お坊さんとして徳を積む本格派国産ボードゲーム
  • 山田 空太(Koota Yamada)作

 ニューゲームズオーダーとテンデイズゲームズが共催した公募のゲームコンテスト「東京ドイツゲーム賞」の第一回大賞受賞作です。日本の作者、イラストレーター、メーカーによる、「和製ユーロボードゲーム」となっています。

 プレイヤーは「枯山水」(水を配さず、砂や石、苔で山水を表現する庭園様式)の庭師となり、自分のボード上に、より優雅な枯山水庭園を作ることを目指します。手番には、砂紋が描かれたタイルを引き、模様が繋がるように置いていきます。この際、他のプレイヤーにタイルを譲ったり、また他の人が置こうとしているタイルを強奪したりといった駆け引きが生じます。タイルを譲るとプレイヤーの「徳ポイント」が上がり、逆に強奪すると徳が下がります。徳ポイントが貯まれば、様々な形をした「石」を獲得でき、これを自らの庭に設置することで石組を造れます。砂と石を用いて庭園を造っていき、全員の枯山水が完成したら、ルールに従って庭園の出来栄えを点数化します。「渦」などの様々な砂地の模様、「蓬莱山」「三尊石」の石組など、砂と石を用いて特定の形を作れれば、より良い庭園となります。逆に砂紋の乱れは減点の対象です。最も高得点の庭園を造ったプレイヤーが勝者となります。

枯山水に26件の書き込みがあります

425
名に参考にされています
2017年01月24日 21時59分

枯山水は水を使わずに水を表現し、ひいては世界観や宇宙観まで表現する非常に抽象的な美術です。有名な龍安寺の石庭は、どの角度から見ても石がひとつ隠れる・・・これは、「世界は不完全なものだ」という思想を表しているのです。




---枯山水---

ルールを覚えるのに必要な時間:20分
1ゲームの時間:60-90分
評価:☆☆☆☆ (☆5で満点)



発売されたのは2014年のゲームマーケットで、「おおー、なんかコンポーネントが豪華だなぁ。個人ボードがラベンスバーガーっぽいなぁ」「価格は強気だなぁ」ぐらいに思っていたのですが、年が明けてから(2015年初頭)話題が爆発。ボードゲームの常であっという間に品薄。手に入りづらい状況に。火付け役はTwitterかな?

ルール自体は素直なタイル配置ゲームなので、若干得点計算がややこしいものの、ゲームが初めての方にも薦めやすい。軽ゲーばかりを薦めるのも問題があるので、「大人も楽しめる趣味」をアピールするのにちょうど良い。(誰かボードゲーム経験者が混じった方が良いぐらいのルール分量ではある)

-----------------------------



セットアップは、ラベンスバーガーっぽい個人ボードとポーンの形をした禅僧駒を全員が持つ。正方形の砂紋タイルは混ぜて裏返し、メインボードに積んでおく。ひときわ目を惹く庭石は、プレイ人数に応じた数をボードに配置。



それから各自の目標となる名庭園カードを1枚ずつ配る。これは他の人には見せない。

また、ゲーム中一回だけ特殊能力を発動できる、作庭家カードも1枚ずつ配る。これでセットアップ終了。

-------------------------



自分の手番は前半と後半に別れており、連続して行う。

【前半】

砂紋タイルを引き、「配置」「譲渡」「保管」「破棄」のいずれかを実行する。

a) 配置 自分の個人ボードにタイルを配置する。ボードは3×5で15枚までタイルを配置できるが、最初は左上か左下におき、禅僧駒(ポーン)をその上に載せておく。2枚め以降のタイルは配置済みのタイルに隣接するようにして置く。※保管しておいたタイルがある場合、そのタイルも同時に配置できる。

b) 譲渡 うまく砂紋がつながらないタイルは、他の人に譲渡することが出来る。交渉成立したら、メインボード上に書いてある徳ポイントを2つ得る。

c) 廃棄 引いたタイルを捨て札にする。ただし徳ポイントを失うので、徳が0のプレイヤーはこの行動が取れない。



d) 保管 個人ボード上にはタイルを1枚保管して置ける。すでに保管場所が埋まっている場合は、先にそのタイルを配置するか破棄するかしなくてはいけない。

※手番のプレイヤー以外は、手番プレイヤーが引いたタイルを「強奪」出来る。この場合拒否は出来ない。強奪したプレイヤーは徳を2点失うので、いっその事「譲渡」してしまえば手番プレイヤーは徳を2点得るし、受け取ったプレイヤーは徳を失わない。win-winになる。

-------------------------



【後半】

タイルをどうにかしたあとは、「座禅」「禅僧駒の移動」「石の獲得と設置」「作庭家カードを使用」と、こちらも4つの選択肢がある。

a) 座禅 座禅を組むと徳ポイントを1点獲得できる。徳の上限は6点なので、それ以上は獲得できない。



b) 禅僧駒の移動 自分の庭においてある禅僧駒を、上下左右に移動できる。まだタイルを置いていないところには移動できない。

庭石は禅僧駒のあるタイルか、その縦列にしか置けないという制限があるので、置きたい位置に予め移動しておく必要がある。



c) 石の獲得と設置 メインボードにある石を獲得して、自分の庭に配置。自分の徳以上のコストがかかる石は獲得できない。また、徳ポイントは石の獲得後、かならず0になる。

例外として、徳ポイントが最大の【6】で有った場合、禅僧駒の位置にかかわらず庭石を置ける。

※庭石は縦横に隣接させて置けないという制限(コケが両方のタイルに書いてある場合は隣接できる)があるので、このルールには従う。

d) 作庭家カードの使用 ゲーム中一回だけカードの特殊効果を発動できる。

-------------------------------


ルールはこれだけで、全員が15枚のタイルを設置したらゲーム終了。ややこしい最終得点計算に移る。この得点計算だけでルールブックをまるまる2ページ割くほどなので、詳しくは公開ルールブック参照。

基本的には砂紋が美しくつながっていて、石が桂馬飛びや斜めに連続していたり、仏様に見立てるように3つの石を連続して置いていたりすると高得点。

あと、最初に名庭園カードが配られているので、これを達成しているとボーナス点。

-----------------------------

最後の得点計算を覚えきれないので、じっくりルール解説するかどうかはメンバーによりますが、とりあえずつながるように置く、石は名庭園カードを目標に、という始め方でもいいと思います。特に最近の話題作なので、これがボードゲーム初体験、という方には。

ルール的には非常に手堅いユーロゲームで、突出した部分も悪い部分も無い、という感じ。箱庭系タイル配置ゲームを、「枯山水」という純和風テーマで出来るというのが最大の魅力ではないでしょうか。

「強奪」という攻撃アクションは、実際のプレイではあまり起こらないので万人が楽しめます。多人数ソロプレイをしているという感覚が若干あるものの、直接攻撃要素が強いゲームは人を選ぶのです。

女性プレイヤーにやや多く見受けられるのですが、【遠慮して人を攻撃できないので、ゲームのルールを最大限利用できない】という方も問題なく遊べます。

軽ゲーでは満足できないので、本格的なボードゲームに手を出したい!という方の最初の一作となるのに相応しい国産ゲームです。

続きを読む
閉じる
331
名に参考にされています
2017年09月27日 12時32分

最近ボードゲームを始めた友人からのリクエストで久しぶりに枯山水を引っ張り出してきてプレイ。

アクションの説明自体はそれほど難しくなかったのですが、得点の加点方法が多いので、そこの説明に時間がかかり、インスト自体は30分ほどかかりました。

4人プレイでゲーム開始。
今まで相方との2名プレイしかしたことが無かったので、ちょっと楽しみ。
二人だと欲しいタイルが中々でないし、出たとしてもお互い欲しいので強奪する事になるので緊張感の高いゲームになりやすいです。ですが4人だとめくられるタイルの数も多くなり、欲しいタイルも強奪では無く譲渡して貰う事で相手も徳を積みやすくなりました。
結果、欲しい石も比較的手に入りやすく、今までで一番庭らしい庭になりました。

続きを読む
閉じる
262
名に参考にされています
2018年09月25日 22時31分

初めての方へ。

箱を開けたらまず中身を写真に収めるのをオススメします。

中にはクリアケースに石が並んで入っているのですが、クリアケース・石ともに番号が振られているわけではないので、写真等がないと仕舞うときにパズルをやる羽目になります・・・(笑)


「庭の美しさを競う」という一見して対象年齢が高そうなゲームですが、とにかく得点が高くなるようにタイル・石を配置していけば勝手に美しくなるように出来ているので、中学生くらいなら充分理解して楽しく遊べると思います。特に砂紋タイルを破綻なく全部置けたときの快感! 是非目指してほしいです(7点しかもらえないけどw)


人にタイルをあげると徳が上がるので、要らないタイルはどんどん人にあげましょう。こうしてタイルをやり取りしてると、「皆で一緒に綺麗な庭を造っていこう」という奇妙な連帯感が。協力ゲームでもないのにね。

続きを読む
閉じる
238
名に参考にされています
2016年12月08日 12時13分

時期を逃してしまいできてなかった枯山水。

ディアシュピールで枯山水曜日!と銘打ってやっとできた。


ひいたカードは、「大仙院」と「賢庭」。

「大仙院」は隣あっている石があるため苔必須。右下に石を置く必要があるからなかなか置けず、その代わり点が14点と高い。

「賢庭」は置いた石を置き換えられる能力。
インスト時に苔以外に石を置くと隣に置けないっていうのを聞き逃していたため最初に砂のところに石を置いてしまい、半分絶望のところをこの置き換え能力でなんとか退避。


最終的にできた庭!!私の庭!!!!

苔が一部途切れちゃったのが残念。カウンティングができてなくて、絶対当てはまらないように置いてしまった。。

見た目的には苔多目だから緑が映えるように、白めの石を選択!!

庭の条件は満たして、一番下の列に船の形を配置。あとは桂馬置きも。
この庭の場合、左上に小さい縦の石を置ければボーナスがあったから、それの愛称がいいかも。あとは斜め3つのやつかな。

波の模様が、全部普通のまっすぐかと思いきや以外と種類があって、左右対称ボーナスは難易度高めの印象。

4人とも達成できず。

最終的にこんな感じの点数で終わり!

座禅で得られるポイントをきちんと計画して使うのが大事かなーと思った。

ルールは意外とシンプルだから、またやってもいいかも。

続きを読む
閉じる
223
名に参考にされています
2017年06月19日 00時58分

パッケージに描かれた激渋お爺ちゃんが特徴的。見た目通り純和風テイストで癒されるゲーム。

大量得点を得るためには、波紋の矛盾を無くし多くの石を配置する必要があるのですが、その両方に『徳ポイント』が必要となる。そしてこの『徳ポイント』をどのタイミングでどうやって貯めるかが悩ましい。

誰かが庭を完成させた時点でパネルの廃棄が出来なくなるので、一気に残りの手番が少なくなるし、矛盾を許容しなければいけなくなるのでスピードも重要となる。

そのため、周りの進捗を見つつ確実にポイントを稼ぎに行く必要がある。


その分、思い通りに美しい庭が出来たときの喜びは大きい。

そして、得点集計が終わると必ず各自の庭に品評会がスタートする。(感想会みたいな)

『ここだけ矛盾が残ってしまった』『渦が繋がりすぎてミステリーサークルみたいに…』

それぞれ個性や思い入れが強く反映されるので、自主的に始まる品評会もこのゲームの醍醐味ですね。

続きを読む
閉じる
217
名に参考にされています
2018年03月21日 04時07分

正に「枯山水」を作るゲームです。

一応ルールがあるものの、個人的には枯山水のミニチュアとして飾るのもアリなぐらいコンポーネントが凝ってます。

初心者でも覚えやすいルールではありますが、砂紋や苔を駆使したコンボ等は、ボードゲーム慣れしていない人にはつらいかもしれません。

石の裏にマークが記載されていますが、イマイチ種類の把握と配置をする際の徳消費値が覚えられず何度もルールブックで確認する必要があったので、次作があるならその辺の改善を希望します。

続きを読む
閉じる
204
名に参考にされています
2018年04月20日 00時31分

まだ2回しかプレイしていませんが、血眼(ちまなこ)になって競い合うようなゲームではなく、ゆったり時には協力するような形でゲームを進めつつ、最終的には完成した枯山水の素晴らしさをポイント換算して楽しむゲームです。


完成させた枯山水はどうしても写真で撮影してInstagramなどのSNSに投稿する流れになるでしょうね(笑)

女性も…いや、女性の方がこのゲームははまるかもしれません。

一つの作品を作り上げていくような感覚で、コミュニケーションを大切にしながら、完成した枯山水は、なんだかとても誇らしげな作品を作った気分にしてくれます。

また、枯山水がどうだったら素敵なのか?ポイントで分かるので、ゲームを通じてリアルな枯山水を見に行きたくなると思いますよ。

(少なくとも私は枯山水巡りをしたくなりました(笑))

続きを読む
閉じる
185
名に参考にされています
2017年06月25日 11時39分

パッケージ自体にすごく力が入っているのでそれだけでも面白いのですが

プレイの感覚としては求められる庭の形が庭園カードで提示されるので、そのための徳、そのための交渉になるわけですが

私が思う隠れた魅力はプレイ後のかたずけ

透明なパッケージに使った石を収めていくのですが、その窪みが似たり寄ったりでわかりにくい

そのためなにかパズルをしているような感覚が味わえます

そこまでのパッケージと思って買うと若干高めの価格設定もありなのかなと

まぁ実際お金のかかったパッケージですので、手元に置いて損はないと思います。

続きを読む
閉じる
176
名に参考にされています
2017年05月16日 12時02分

何度か知人同士でプレイしました。最初パッケージを見た時は、とっつきにくそうな装丁だなと思いましたが、実際にやって見ると、ルールもそこまで複雑では無く、初見から楽しむ事が出来ました。自分自身ボードゲームに慣れている訳では無く、ルールを読み解くのに必死になり、結果楽しむ事が出来なかったりするので、とてもありがたかったです。また回数をこなしても、同じ庭が出来上がる事は無く、大きなミステリーサークルが出来たり、苔が一切ない庭というより駐車場のような物が出来上がったりと、以外と何度やっても楽しめます。購入するには少し勇気のいる値段なので、お近くにボドゲカフェ等があるなら、そちらで試してみてもいいかも知れません。

続きを読む
閉じる
176
名に参考にされています
2018年07月30日 12時43分


ボードゲームの中でも屈指の「わびさび」感。

昼ならお抹茶、夜なら日本酒でも頂きながらまったり味わいたい見た目…

ですが、実際のこのゲームはパネルの文様の組み合わせや石を集めるための徳集めのタイミングなど駆け引きも多く意外とまったりとも行かないところはあります。

続きを読む
閉じる
174
名に参考にされています
2018年06月29日 20時52分

とにかく渋い!プレイ中ここまで静寂感を思わせ(実際はそうでもない)、一回また一回と徳をつみ(煩悩だけですw) 己の理想の庭を造成していく。

そう、理想の庭を造成するためには、【強奪】するのです。とにかく、溜まった徳は強奪し理想郷を造成するために積み立てられていくのです。

おっと、ちょっと殺伐そしてきましたが、繰り返しプレイしいると、おのずと気づくはずです。そう、徳がずっと溜まったままだと。。。

なぜ、こんなにも徳を積んでいるのに、理想の庭が出来ないのでしょうか?とても簡単なことです、欲しいタイルを誰かが引いたら、そく宣言するのです。「それは、私のタイルだ。」と、

プレイ時間75分とありますが、実際終わると何とも言えない達成感と、どこからともなく(なんの知識ない)評論家がでてきて、品評会が行われます。

決して、何度も連続して遊ぶゲームではないですが、ふとした時に集まってなんども遊びたくなる渋いゲームでございます。

続きを読む
閉じる
164
名に参考にされています
2018年04月18日 12時54分


慣れないうちは、名庭園カードに合わせた石の配置を目指しながら砂の模様をできるだけ途切れさせないようにするのが大事です。円はどのサイズで得点を目指すかを事前に考えておくことが大切です。

続きを読む
閉じる
160
名に参考にされています
2018年12月20日 13時17分

座禅を組んで、徳を積んで、相手の庭を奪い取れ!!!!!


プレイヤーは庭師(ガーデナー)となり、過去の偉人の力を借りつつ、自分だけの「さいきょうのにほんていえん」を作り上げよう!

Point1:タイルを引いて並べていくことで加算される芸術点を競え!美しさが勝負の鍵だ!

Point2:徳を積むことで相手のタイルを奪ったり、石を購入することができる!

Point3:偉人のパワーを借りろ!必殺技の偉人カードでライバルを出し抜け!


庭園を統べる王(ロード・オブ・ガーデナー)は誰だ!?



そんなアンバランスな世界観とシステムを持つのがこのゲームの魅力であります。

タイルプレイスメントのお約束として、ゲーム終了時のタイルが美しいという特徴がありますが、

このゲームはその特徴が一番顕著に見えます。

侘び寂びを自分なりに上手く盤面で表現できれば勝者になれます。


美的感覚と展開先読みが楽しい、初見のインパクトと話題性抜群の逸品。

もうすでにパッケージの時点で面白いのが卑怯ですねw


ちなみに箱開封したら写真撮っておかないと絶対後片付けできないので、

必ず撮影しておきましょう。

しないと追加コンテンツのパズルゲームが始まります。

続きを読む
閉じる
158
名に参考にされています
2016年04月18日 14時28分

綺麗な枯山水庭園を造る為に、時には徳を捨てでも相手のタイルを奪う!順番に庭を形造る砂紋タイルを引き、砂紋が繋がるように自分の庭に配置していく箱庭ゲーム。良い砂紋が来た!と喜んでいると相手に強奪されてしまう事も暫し。砂紋が繋がり、きれいに石が
配置できるとにんまりしてしまいます。このゲームの味噌は気に入らない砂紋タイルが来た場合、配置せずに破棄してもたいしたペナルティにならない事。なのでカルカソンヌ等に比べて自分の思い描いているタイル配置が比較的しやすいところでは無いでしょうか。

続きを読む
閉じる
150
名に参考にされています
2017年05月18日 09時02分

一度、上中下段すべて左右対称にしたことがあります。

でもこれでは勝てませんでした。

このボーナス点は苦労の割に得点が低いです。

続きを読む
閉じる
146
名に参考にされています
2016年04月14日 16時40分

新装版発売前の意見です。
新装版については中身を見たことがないため、下記が当てはまらない可能性があります。

一時期ネットでものすごく話題になり、今も希少品としてプレミア価格で取引されている作品です。

特徴は何といっても、石膏で作られた庭石です。
これらは1つ1つが手塗りで色を付けられているそうで、眺めれば眺めるほどによくできた作品です。

ゲームで使用するポイントとして「徳」があるのですが、引いてきた砂紋タイルを他人に譲渡すると上がったり、他人からタイルを奪うと下がったりします。
ゲーム終盤に差し掛かると、自分の作った枯山水に愛着がわき愛おしくなります。
また気が付くと勝ち負けを気にせず全員が美しい枯山水を目指して協力するようになり、プレイヤーの「徳」も高まっていく気がします(笑)

生産が追い付いておらず、希少品のため入手がかなり難しいのが残念ですが、まさに日本らしい、日本人の日本人による日本人の為のゲームといえるのではないでしょうか。

続きを読む
閉じる
125
名に参考にされています
2016年12月04日 14時41分

 まだ、数回しかプレイしていないのですが、綺麗な庭園を造って芸術点を競う、日本の「わび」「さび」の文化を反映したお上品なゲームですね。プレイしていると思わず綺麗な庭造りに夢中になってしまいます。プレイヤー同士で「いやー、○○さんの庭は素晴らしいお庭ですなあ・・・ふぉっふぉっふぉ。」「いえいえ、△△さんの庭こそ奥ゆかしくて味わい深い。これぞ和の文化とも言うべきお庭ですぞ?・・・ふぉっふぉっふぉ。」などとRPしながらやると更に世界観に入り込めそうです。個人的には、戦略や駆け引きを楽しむよりは世界観を楽しむゲームかと思います。

続きを読む
閉じる
122
名に参考にされています
2017年06月03日 20時01分

タイルや石といったパーツを組み合わせて、いかに美しい石庭を作れるかを競うゲームです。

あっという間にゲームが終わるので、アレもコレもと欲張らないことがコツのような気がします(タイルが埋まらなかったり、ガラが繋がらないとマイナス点になる)。

また、過剰に石を置けば良いということもなく、適切に配置する必要があります。

ここらへん、ワビサビの世界を上手く表せているのではないでしょうか。


また、このゲームの良いところは、勝ち負けだけでなく、完成された庭を眺めて自己満足に浸れるところかもしれません。

たとえ点数が低くても、自分で作った庭を眺めるのは楽しいです。


コンポーネントは物理的に少々重いですが、雰囲気がある良いゲームです。

続きを読む
閉じる
97
名に参考にされています
2018年10月29日 17時00分

「枯山水」インスト原稿

<0.準備>

ルールP2に書かれている通りに設置してください。なお、各自1枚ずつ配布した「名庭園カード」「作庭家カード」は他の人に見せないよう気を付けてください。

<1.ゲームの概要>

皆さんは「禅僧」です。目の前にあるボードが皆さんの庭になります。今からみんなで「枯山水」の庭園を造っていきましょう。枯山水とは、水を使わずに砂紋で水の流れを表現した、海外でも評価の高い日本庭園です。各自、自分の手番になったら「砂紋タイル」と「石」を配置して、誰よりも美しい枯山水の庭園を造ってください。

<2.ゲームの終了条件・勝利条件>

「砂紋タイル」は原則手番ごとに1枚、3×5=15枚配置できます。また、「石」は手番中に後で説明する「徳」ポイントを消費することにより配置できます。砂紋タイルを15枚、すべて配置した時点で庭は完成です。その後も石を置くことはできますが、全員の庭が完成したらそこで作庭は終了、得点計算に入ります。手元にある「早見表」をご覧ください。そこに書かれている通りに得点計算を行い、もっとも得点が高かった人が、一番美しい庭を造った人、このゲームの勝者になります。

<3.手番中にできること>

ここからは手元の早見表を見ながらお聞きください。

手番になったら手順1、手順2の順に行動します。手順1と2の順序を入れ替えることはできません。

3-1.手順1

まず、砂紋タイルを1枚引きます。その後、このタイルをどうするかについて、「置く」「あげる」「捨てる」「一時保管する」の4つの中から1つだけ選択します。今から具体的に説明しますね。

①「配置」

引いたタイルをボードに並べます。1枚目は必ず左上隅か左下隅に置いてください。あと、自分の禅僧コマは1枚目のタイルの上に置いてください。2枚目以降は前に置いたタイルに縦または横が接するように置きます。離して置いてはいけません。

②「譲渡」

引いたタイルを人にあげ、徳を2ポイントもらいます。タイルをもらった人はすぐに自分のボードに配置してください。いらないタイルを処分できて徳ももらえる素晴らしい手なんですが、受け取るかどうかは相手が決めることですので、もらい手がいなければ譲渡できません。なお、徳の最大値は6です。徳が5のときに譲渡しても7にはなりません。

③「破棄」

徳を1ポイント消費して引いたタイルをそのまま捨てます。捨てたタイルはゲームから除外です。徳が0のときには破棄はできません。

④「保管」

引いたタイルを仮置き場に一旦ストックします。保管したタイルは、今後の自分の手番で配置することができます。その際は引いてきたタイルと保管してあったタイル、2枚配置してもOKです。ただし、ここ(仮置き場)には1枚しか置けません。別のタイルを保管したいときは、まず仮置き場のタイルを配置してからにしてください。仮置き場のタイルは破棄できません。

※割り込み行動「強奪」

なお、他の人が引いたタイルがどうしても欲しい!というときは、徳を2ポイント消費して引いたタイルを無理やり奪うことができます。これを強奪と呼びます。強奪は「手番プレイヤーがタイルを庭に置くとき」にのみ行えます。人にあげたタイル、破棄されたタイルは奪えません。また、仮置き場に置かれたタイルも奪えませんが、仮置き場からボードに配置するタイミングでなら強奪が可能です。もちろん、徳が2以上ないときは強奪ができません。

3-2.手順2

手順2では以下の4つの行動のうち、1つだけ選択できます。

「徳を1ポイント上げる」「1マス移動する」「石を配置する」「カードを使う」の4つです。これも今から具体的に説明します。

①「座禅」

座禅を組んで徳を高めます。1ポイント徳が上昇します。

②「禅僧コマの移動」

縦横1タイル分だけ禅僧コマを移動できます。タイルがないところに移動はできません。

③「石の獲得と配置」

持っている徳ポイントを消費して石を庭に置きます。石はたいへん重たいので、石を置いたら疲れ果てて徳が0になります(笑)。最初にどれだけあっても0です。また、石置き場にある石ならどれでも配置できるんですが、大きい石ほど力が要ります。詳しくはここ(中央ボード)に書いてあります。また、石の種類はマークで示されており、石の裏側にも書いてあります。

なお、このマークがさきほど配った「名庭園カード」にも書いてありますね。対応する石をカードに書いてある通りに配置すれば、右上にかいてある得点がもらえます。カードに書かれている場所以外に他の石があっても大丈夫です。また、☆印が書いてある人がいると思いますが、そこにはどんな石を置いてもOKだという意味です。

石を置く位置についてですが、禅僧が置くという設定ですので、禅僧コマがある列と同じ縦列にしか置けません。禅僧コマがいるタイルに石を置いた場合には、禅僧は特別に1マス移動できます。邪魔ですんで(笑)。なお、徳が最大値の6ポイントまで高まっているときは庭のどこにでも配置が可能です。念力でも使うんでしょうかね(笑)

石は「枯山水」にとって大きな得点源・・・もとい美しさの鍵となるものですが、2つほど配置のルールを伝えておきます。

まず、「舟石」は一人1個しか使用できません。舟石はプレイヤー数より1個少ないので、だれか1人は舟石ボーナスを獲得できないということになります。

次に、原則、石を隣接させて置くことはできません。ただし、苔付きのタイル上の石同士なら隣接させることができます。枯山水庭園は苔があるところが陸地ですから、山は陸地に築きなさい、ということですね(笑)。

④「作庭家カードの使用」

先ほど配布した人物カード、これは歴史上著名な作庭家、要はその道のプロです。プロは素人には使えないインチキな(笑)技を各自持っており、その力をゲーム中1回だけ借りることができます。詳しくはこちらをご覧ください(作庭家一覧を見せて説明。作庭家カードは非公開情報で、わからないことがあってもゲーム中に質問ができません。ここで9人全員の能力を詳しく説明し、質疑応答を受けたほうが良いと思います)。どれも強力ですが、必殺技ゆえ使用は1回だけです。タイミングを見計らって効果的に使ってください。

3-3.まとめ

手番でできることは以上です。自分の手番が回ってきたら、タイルを一枚ひいて、置くか あげるか 捨てるか 保管するか 選び、それが終わったら、座禅するか 移動するか 石を置くか 必殺技 です。

<4.ゲームの終了>

最初にも伝えましたが、全員が15枚のタイルを埋めたら終了です。これについて2つ補足をします。

①誰かがタイルを15枚置き終わったら、その後他のプレイヤーはタイルの破棄・譲渡・強奪ができなくなります。つまり、引いたタイルの吟味ができなくなるということです。保管は引き続き可能です。

②タイルを置き終わったプレイヤーの手番は手順1を飛ばし、手順2だけ行ってください。つまり、タイルを置き終わっても、他の全員がタイルを置き終わるまでは座禅や石の配置で得点を伸ばすことができます。

<5.質疑応答>

続きを読む
閉じる
94
名に参考にされています
2018年04月02日 00時27分

タイル配置ゲームです。

自分のボードに綺麗に出来上がった枯山水を見るのが理想ですが、中々そうはいきません。

タイル配置のボーナス、石を置く場所等を頭に叩き込んでプレイしましょう。

千利休等のキャラクターカード達がもう少し使いやすければ、と思いました。

コンポーネントが非常に綺麗であり、それだけでも買う価値は充分あります。

続きを読む
閉じる
89
名に参考にされています
2017年12月08日 12時12分

6/10

見た目で惹かれるゲーム。

ただ、プレイ時間とルールの多さに初心者にはそれなりにハードルが高いので、プレイには注意が必要。

続きを読む
閉じる
87
名に参考にされています
2017年01月30日 15時28分

庭園に配置する石がしっかりしているので、それだけでも雰囲気が出ます。

続きを読む
閉じる
80
名に参考にされています
2016年04月14日 12時47分

一時期ツイッターで話題になっていた枯山水を遊びました!
矛盾しないようにタイルを配置していって、渦巻き模様がキレイに完成した時とか、貯まった徳で欲しい石を配置出来た時にちょっとした達成感が得られて嬉しい♡
おじいちゃんカードの使いどころも結構大事だなーと思います!
箱庭系のゲームが好きな人に特にオススメ!!

続きを読む
閉じる
39
名に参考にされています
2018年04月11日 12時20分


石庭を製作するゲーム。手持ちのカードに目標とする庭が描かれているのでとりあえずそれを目指して進めます。石の置き方や地面の柄など、得点要素がいろいろありますが、慣れないうちはそこまで気が回りません。

続きを読む
閉じる
35
名に参考にされています
2018年05月26日 14時08分

2017年05月28日 

JELLYJELLYCAFE池袋店でプレイ。

石がめちゃくちゃ豪華。

続きを読む
閉じる
20
名に参考にされています
2019年01月11日 12時17分

アートワークもコンポーネントも大好き。

点数に関係ないのに石の向きや位置にこだわってしまいがち。

得点計算が複数ですが、庭園の美観は複数なもの。そこがまた良い。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 8,640(税込)日本語マニュアル付き
  • 578興味あり
  • 1163経験あり
  • 265お気に入り
  • 506持ってる

チェックした商品