マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 30分前後
  • 10歳~
  • 2014年~

宝石の煌き稲妻老人、Nさん、Mさんのリプレイ日記(2017年9月3日)

518
名に読まれています
2017年09月19日 13時25分

 プレイ前に、版によりチップの重さが違う事が話題になりました。

持ってみると、なるほど違うなぁと。

手で持って実感出来るくらいですから、相当の違いですね。


さて、宝石の煌きですが、私はこの時が初プレイでした。

宝石というと鉱山でドワーフが掘ってきたり、宝石に魅入られてた者は悲惨な未来を迎えるとか

そんな印象しかありませんでしたが、はてさてどうなる事やら。


ルールを聞いてからプレイ開始。

ちなみにNさん もMさん も経験済み。

順番はNさん 、Mさん 、私稲妻老人 です。


ちなみに各プレイヤーの印象は以下の通りです。

(2人とも初対面でした)

Nさん :30代くらいの老獪な感じのプレイヤー。

Mさん :20代くらいの新進気鋭な感じのプレイヤー。


順番が後ろという事は相手の行動を確認してから行動出来る利点と、後手を取ってしまう欠点が

ある訳ですが、そもそも相手の行動を予見して邪魔をするなどという高尚な事は出来ないので

特に有利・不利は感じていませんでした。

ただ、ある程度まんべんなく集めて、それからまた考えればいいや程度の構想しかありませんでした。

2手、3手と打つうちに、何故か白の宝石が集まってきました。

という訳で作戦変更、まんべんなく取りつつ白をベースにしようという事にしました。

ここで一つ落とし穴が。

白がうまい事集まりすぎて、その行為に酔ってしまったのです。

あと2手くらいでフィニッシュかなーと思っていた矢先、 がカードを1枚予約しました。

  の得点が12点で予約したのが4点なので、つまり、残り2手という事になりました。

残り1手目、取れると思っていた人物をMさんに取られてこれが直撃弾になりました。

最後の1手は、もう消化試合でしたので、出来る事をやって試合終了。

結局 に逃げ切られてしまいました。


敗因は簡単で、酔って白を集め過ぎた1手を別の事に使っていれば展開が変わったかもしれない

という事です。


勝てはしませんでしたが、中々の良作だと思いました。

また機会がありましたらプレイしてみたいと思います。

勝敗プレイヤー名最終得点
稲妻老人10点
勝ち
Nさん16点
Mさん11点
0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!

参加者 3人
2017年09月03日

ゲスト
Nさん
ゲスト
Mさん
このリプレイ日記をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 418興味あり
  • 1784経験あり
  • 766お気に入り
  • 1243持ってる
プレイ感の評価
運・確率24
戦略・判断力74
交渉・立ち回り4
心理戦・ブラフ7
攻防・戦闘0
アート・外見34
作品データ
タイトル宝石の煌き
原題・英題表記Splendor
参加人数2人~4人(30分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2014年~
参考価格5,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

稲妻老人さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク