マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 4人~8人
  • 30分~60分
  • 13歳~
  • 2005年~

シャドウハンターズぽっくりさんのレビュー

187
名に参考にされています
2016年05月23日 01時43分

良い評判をよく聞くのでちょっと気になってたボードゲームです。今日プレイする機会がありました。

◆所感

正体隠匿系は苦手意識が強い(言葉責め的なのが苦手…)のですが、これは「なにこれ!面白いジャマイカ」と思って楽しく連戦できました。この感じの隠匿系なら、結構好きになれそうだと思いました。

◆全体感は隠匿系

シャドウ、ハンターの敵対勢力2陣営と、どちらでもないニュートラルの陣営に振り分けられている、いわゆる正体隠匿系です。ヴァンパイアとかワーウルフとか、そっち系のテーマになっています。
基本的にみんな戦闘民族になっています。

◆議論より個人能力

他の隠匿系と比べて、ヒットポイント・装備・回復・自己強化あたりのシステムが際立っていて、情報収集も相手の陣営を探るための「おばばカード(質問カード)」を中心に利用します。

会話や行動から矛盾点を見つけたり仮説を建てていくというよりも、おばばで調べた情報(事実)をベースに仲間探し・敵探しをします。

また、自らの立場を明かす事でキャラクター強化・能力発動などもあり、僕のプレイした時は毎回半数以上の人が自ら公開していました。

なので、弁論・議論・論破・ブラフする要素はあまり無いように感じました。隠匿系が苦手な僕には凄く嬉しいシステムです。

そのため相手を殺しやすく・相手に殺されにくいように、装備や能力の活かし方を工夫していくことになります。

◆ニュートラルの存在

ニュートラルはかなりトリッキーな勝ち方になっていました。僕がプレイした時も、ずっとヘーコラしてたプレイヤーが3人目が瀕死になった途端に急に戦闘民族と化しました。

「3人目の死亡者を自分の攻撃で作ったら勝ち」みたいな役職だったのです。争わせるだけ争わせて、肝心な部分のトドメだけもっていくという何とも憎い感じで勝利を持っていかれました。

気持ち良さそうでした(笑)

ニュートラルの存在があるので、シャドウ対ハンターがシンプルに殴り合いえない、勢力の調整弁になっています。まあ隠匿系は大体そうかもしれませんが。

◆運要素もなかなか高い

攻撃はダイスによって0〜5ダメージが発生します。装備によって増減します。

段々と明らかになっていく陣営情報ですが、気づいた時には取り返しのつかない状態になってる、ということはあまり無さそうです。

運次第で強引な戦闘勝利を重ねて陣営勝利することもできそうなので、最後の最後まで勝負に勝てる可能性があり、楽しく粘れます(笑

--------

隠匿系が苦手な僕ですらまたやりたいなと思いました。人狼っぽいのが苦手な人にこそ遊んでみて欲しいと思いました。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
ぽっくりさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 107興味あり
  • 374経験あり
  • 130お気に入り
  • 156持ってる
プレイ感の評価
運・確率9
戦略・判断力9
交渉・立ち回り9
心理戦・ブラフ9
攻防・戦闘9
アート・外見7
作品データ
タイトルシャドウハンターズ
原題・英題表記Shadow Hunters
参加人数4人~8人(30分~60分)
対象年齢13歳から
発売時期2005年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

ぽっくりさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク