マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~7人
  • 20分~40分
  • 8歳~
  • 2012年~

斬 サムライソードBluebearさんのレビュー

168
名に参考にされています
2019年05月10日 19時17分

7人までで気軽に回せる作品でありながら、しっかりゲームやった感がある貴重な一品でした。

もともとは、保安官とならず者のグループ同士が争う『BANG!』という西部劇をテーマにした作品を、日本の時代劇にアレンジしたもので、その際にルール的に脱落者が出ないような工夫が盛り込まれました。

最初にランダムに役割が配られ「将軍」「侍」「忍者」「浪人」に分かれます。

将軍だけは公開され、あとは互いの行動から正体を推理しながら暗闘を繰り広げるわけですね。

将軍と侍は同じ陣営で、忍者グループがそれに敵対することになります。互いの正体は将軍を除いて最後まで公開されないので、互いに相手の行動を見ながら武器カードによる攻撃や、イベントカードによる効果を与えてゆくのが基本的なプレイスタイルです。

特にこの手のゲームの中でも面白いと思ったのは、ライフをすべて失って死んでも、次のターンにはすぐさま復活するので(跡継ぎ?影武者?)、死んだら脱落して暇になることがなく安心して攻撃ができる点です。

ただし、相手を倒すと、持っている『名誉点』を1枚奪われてしまい、誰かの名誉点が無くなったら終了。

陣営ごとの名誉点の合計で勝敗が決まります。

…ということは、勘の良い人ならもうお分かりのように、仲間同士で倒しあっても、同じ陣営内での名誉点の移動なので、勝敗に大きく影響しません。なので間違って味方を攻撃してしまうことを過度に警戒する必要がないのです。

さらに言うなら、弱ってきたキャラクターが出てきたら、むざむざ敵にとどめを刺されるくらいならいっそ味方が倒してしまったほうがいいじゃないですか。

でも、…そうなんですよ(笑)最後まで互いの陣営が分からないので、攻撃してくるから本当に敵なの?今とどめを刺したアイツは本当は味方なのか?攻撃してこないからと言って敵じゃない?(単に武器カードが無いだけとか?)このへんで疑心暗鬼になりワイワイ言いながらプレイが進む、この感覚好きですねぇ~。

「よしこの手裏剣で1ダメージね♪」

「うおっ、やばいやばい!『捌き』無いんだぞ!死んでしまうじゃないか!やっぱりお前が忍者か!」

「だって武器カードしか来ないんだもん(笑)ちょっとくらい大丈夫でしょ❤」

「でもさっきから将軍様には攻撃しないよね。さては侍だろ?」

「こら待て~い!味方を攻撃してどうすんだ!」

「いやあ~さっき攻撃されたもん。ただのお返しよ。将軍様は攻撃しないもん♪」

「いやいや〇〇ちゃんがこういう行動を取るときは絶対に怪しいし…。」

「キャ~ッ!なんで疑うのよ~!」

「いや日頃の行いでしょ(笑)」

「でもさ…お前『捌き』持ってないんだよな…」

「えっ??(汗)」

と言う感じで、やいのやいのと進みます。

7人でやっても1時間かからないくらいで、とてもやりごたえがありました。(結局連続で3ゲームやっちゃいました)

正体隠匿系バトルがお好きならぜひお勧めします!

【補足】

ちなみに正体キャラクターには「信長」「家康」「小次郎」「半蔵」「弁慶」「牛若」「巴午前」などがあり、それぞれ簡単な特殊能力を持っています。

…が、そんな事より、時代関係や設定がめちゃくちゃです!(笑)

半蔵将軍を狙う信長・牛若の忍者軍団に、隙をうかがう家康浪人とか、トンデモ設定になりますので、この辺を笑って許せることが必須条件になりますのでご注意下さい。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
Bluebearさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 40興味あり
  • 150経験あり
  • 18お気に入り
  • 145持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力6
交渉・立ち回り4
心理戦・ブラフ3
攻防・戦闘3
アート・外見0
作品データ
タイトル斬 サムライソード
原題・英題表記ZAN! Samurai Sword
参加人数3人~7人(20分~40分)
対象年齢8歳から
発売時期2012年~
参考価格2,700円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Bluebearさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク