マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 45分前後
  • 8歳~
  • 2013年~

パンデミック:新たなる試練しのじゅんぴょんさんのレビュー

185名 が参考
0名 がナイス
約1ヶ月前

各プレイヤー達は生命を奪う危険性のある4種類の病原体に立ち向かう高度な技術を持った医療チー厶の一員となり世界中に蔓延しつつあるウイルス感染の拡大を食い止め、4種類の治療薬全てを完成させれば勝利する協力型ゲームの金字塔。2009年ドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされたが、同じくノミネートされていたドミニオンが賞を受賞した為本作は受賞ならずと言う不運にも見舞われています。ボードゲーマーなら知らない人は居ないと思われるゲームですが、新たにボードゲームを始めたと言う方も増えて来ていますので、改めて本作の魅力を再確認してみたいと思います。

プレイヤーが選ぶ各役割(ジョブ)は7種類有ります。感染者の治療に有効な衛生兵、機動力抜群な通信指令員、イベントカードを1度だけ再利用可能な危機管理員、調査基地設置に便利な作戦エキスパート、ウイルスを近隣都市に寄せ付けない検疫官、治療薬の発見に有利な科学者、知識の共有が楽になる研究員等、アクションを行うのに優位になる特殊能力を各自持っています。

手番4アクション実行。グリッド移動(他直行便、チャーター便、シャトル便の移動有り)感染者の治療、知識の共有、調査基地設置、治療薬の発見アクションを駆使し、各世界都市を周りながら、感染者を治療しつつ4色(赤靑黒黄色)のウイルスと同じ色の都市カード(プレイヤーカード)を5枚を集めて調査基地で治療薬の発見アクションを実行すればその色の治療薬を開発出来る流れですが、まず手札上限がカード7枚まででハンドマネージメントが厳しく、知識の共有で仲間とプレイヤーカードのやり取りをするにも、お互いにそのカードの都市にいなければならず、その間にも感染者がどんどん増えつづけ、難易度決定時に投入するエピデミックカードで1都市に感染者が一気に増えたりするので、そう甘くはありません。アクション数が限られる中、仲間や自分のジョブの特殊能力を有効活用したり、お助けカードでもあるイベントカードを使用したりと、熟考しなければ勝利は難しいです。

エピデミックカード

手番終了後、プレイヤーカードを2枚引き、このカードが何処かのタイミングで必ず出ますが、このゲームのババとも言えるカードがエピデミックカードです。このカードを引くと感染カードの1番下を引き記載されている都市にウイルスコマ3個配置しなければなりません。ここからがこのゲームの恐ろしい所で、そのカードと捨札場にある感染カードをシャッフルして感染カードの山札の上に置かなければならず、手番終了後感染率マーカーが示す(エピデミックカードを引く度に上昇していく)数の感染カードを引くので、先程山札に戻した同じ感染カードが引かれ、同じ都市にどんどんウイルスコマが置かれて行くという悪循環に陥ります。感染者の治療アクションを実行してても手に負えなくなるケースもありかなり悩ましい。尚、エピデミックカードの枚数で難易度変更出来ます。4枚で入門レベル、5枚で通常レベル、6枚で英雄レベルで、自分はまだ通常レベルをクリア出来ていない状況です(苦笑)

アウトブレイクの恐怖

同じ都市にウイルスコマは3個までしか配置出来ず4個目が置かれる状況になったら、感染爆発が発生します。アウトブレイクが起きた近隣都市にウイルスコマ1個づつ置かなければなりません。更に近隣都市にも既にウイルスコマが3個あれば、そこでもアウトブレイクが発生し更に…という恐怖の流れがアウトブレイクの連鎖。よくある敗北パターンです。難しい!  

ちなみに、一度アウトブレイクが起きた都市に同一の感染カード公開中にアウトブレイクがまた跳ね返ってくるような事はありません

敗北条件

アウトブレイクマーカーがアウトブレイク表のドクロまで進む

ウイルスコマを配置しなければならない時に既に枯渇している

手番終了後、プレイヤーカードを2枚引く時に山札が足りなくなった時(時間切れ)

戦略と運のバランスが絶妙で、人を不思議と惹きつける魅力を持つ協力型ゲームの傑作と言い切っても良いゲームだと思いますので、未プレイの方は現在入手しやすい状況ですので、手を出してみて下さい。去年の今頃は何処も品切れで、プレミア価格で入手困難でしたが、ホビージャパンが現在定期的にが生産しているようです。

あなたは人類を救えるだろうか?

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
大賢者
しのじゅんぴょん
しのじゅんぴょん
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 891興味あり
  • 3261経験あり
  • 1168お気に入り
  • 2496持ってる
プレイ感の評価
運・確率77
戦略・判断力120
交渉・立ち回り79
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見21
作品データ
タイトルパンデミック:新たなる試練
原題・英題表記Pandemic: A New Challenge
参加人数2人~4人(45分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2013年~
参考価格4,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

しのじゅんぴょんさんの投稿

会員の新しい投稿