マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~6人
  • 45分~60分
  • 8歳~
  • 2017年~

マイ・リトル・サイズ一斗さんのレビュー

564
名に参考にされています
2019年05月09日 17時38分

 実際にプレイしてみての率直なところと、サイズ/大鎌戦役との違い、良いところ悪いところを簡単にレビューしたいと思います。


プレイしてみて

 まず、コンポーネントが良い。愛らしいフィギュアが7種14個も入っていてこれだけでゲームが楽しくなる。ゲームボードもその分大きくてサイズ並み、プレイヤーマットはボール紙じゃなく特殊紙で耐久性がありそう。リンゴは立体じゃないけどかわいいし、宝石はブルーダイヤのよう。

 ゲームの目的が8種類の目標にまっさきに4つトロフフィーを置くこと、ただし友情->資源の順に数が同じだったら比べるので友情が大事と説明が簡単。目標もシンプルだけど達成するのにはひと手間かかるものばかりでゲームとして勝ち筋を模索する必要もある。

 一手番に6種類(前手番で行ったのはできないので5種類)から1つ選んで実行するだけなので見通しは良い。ただし当てが外れるランダム性があるままならなさはちょうどいい。

 担当する勇者の国ごとに明確な個性はないけど個性カードとパワーアップタイルでのプレイヤーマットのパワーアップで程々の個性が出る。

 プレイ時間もゲーム終了フラグがトロフィー4つ誰かが置いたらなので割と早く、うまく道筋が作れて運も味方してくれないと勝てない感じがリプレイ欲も出てくる程度でちょうどよい。


サイズとの違い

 基本骨子は同じだけどカードを引くとき以外はアブストラクト気味なサイズに比べて、資源のコントロールが出てくる量しかできないランダム性は詰将棋と違う自由度を与えてくれる。

 一手番1アクションなので若干重要度が高い。ランダム要素のある探索をいかに自分がやらないで済ませられるかは、自分で全部やらなきゃいけないサイズとは大きな違い。逆に戦争≒パイ投げという感じ。


良いところ

 最初に書いたとおり愛らしコンポーネント、短縮されたプレイ時間、プレイヤー同士の絡みが起きやすくなっているところが良い。

 反面、キャラクターが立っているのに個性はないところがなんかちょっともったいない。個性カードとは別に専用個性カードかプレイヤーマットが拡張で出てほしい。

3
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • 弥七
  • おもってぃ~Я
  • Nobuaki Katou
一斗さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 123興味あり
  • 157経験あり
  • 36お気に入り
  • 140持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力7
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見8
作品データ
タイトルマイ・リトル・サイズ
原題・英題表記My Little Scythe
参加人数1人~6人(45分~60分)
対象年齢8歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

一斗さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク