マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
マイ・リトル・サイズ
  • マイ・リトル・サイズ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~6人
  • 45~60分
  • 8歳~
  • 2017年~

マイ・リトル・サイズ

残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
ベストセラーのボードゲーム『サイズ -大鎌戦役-』がカワイイ動物たちになっちゃった!?
  • ホビー・コウ(Hoby Chou)作
  • ウィーン・チョウ(Vienna Chou)作

 ポムの地は、どうぶつ七王国の中心にある赤リンゴと魔法の宝石の生産地です。そこでは、さまざまなどうぶつが平和に暮らしています。

 毎年、七王国はそれぞれ二人組の若い勇者をポムの地に送り込み、そこで収穫大競争を行わせています。最初にトロフィー4個を獲得した勇者が、ポムの新しい指導者となるのです。さあ、今年一年、聖地ポムを平和に治めるのはどの王国!?

 このゲームはファミリー向けの対戦ゲームです。各プレイヤーは2個の動物コマを動かし、ポムの地で冒険に乗り出します。そして8種類ある分野でトロフィーの獲得を目指し、最初にトロフィー4個を集めたプレイヤーが勝利者となります。各プレイヤーは順番に自分の手番を行い、移動・発見・製作の3分野のアクションの中からどれかひとつを選んで実行します。これらのアクションによって、友情レベル上げやパイ投げ用のパイの増加、アクションの効果増強、クエストの解決、呪文カードの獲得、宝石やリンゴの城への配達を行います。その間に、勇者同士のパイ投げ競争が発生するかもしれません!

レビュー 11件

1404
名が参考にしたレビュー
 by NekoMadam

『Scythe /大鎌戦役』メカニズムを一部取り入れて家族向けに落とし込んだ

競技型のボードゲームになります。


本作は8個あるトロフィーをいち早く4個手に入れた人が勝利となります。

リンゴと宝石をポム王国のエバーフリー城に配達したり、時に協力し時に対決したりします。


他者との対決要『パイファイト』は攻撃側が友情値を失うのでリスクはありますが

トロフィーの条件に含まれているため、ゲーム中に数回行われるのかな、と思います。


元の大鎌戦役の経験がない為、比較する事が出来ませんが

ミニチュアが14体入っており、デフォルメされたかっこかわいいキャラが魅力です。


日本語マニュアルは公式のストーンマイヤーゲームズのサイトに上がっております。

また、本作はソロプレイもあり専用の日本語マニュアルも公式に上がっております。

一部のクエストカードやタイルに英語がありますがどちらも難しい内容ではありません。


ミニチュアはペイントされてませんので自身で行いたい衝動にかられます。

これを機会にミニチュアペイントに目覚めれたらいいな~(願望

あ、あとリンゴと宝石トークンの出来がいいですよ。

全体的にほのぼのした雰囲気で気構えせずプレイできます。

なかなかショップ等で見かけないゲームですが本作との出会いがあればぜひやってみることをお勧めします。


参考までにミニチュア7種を未ペイントのものですが載せておきます。

2年弱前(2018年10月30日 21時58分)
続きを読む
閉じる
956
名が参考にしたレビュー
 by 一斗

 実際にプレイしてみての率直なところと、サイズ/大鎌戦役との違い、良いところ悪いところを簡単にレビューしたいと思います。


プレイしてみて

 まず、コンポーネントが良い。愛らしいフィギュアが7種14個も入っていてこれだけでゲームが楽しくなる。ゲームボードもその分大きくてサイズ並み、プレイヤーマットはボール紙じゃなく特殊紙で耐久性がありそう。リンゴは立体じゃないけどかわいいし、宝石はブルーダイヤのよう。

 ゲームの目的が8種類の目標にまっさきに4つトロフフィーを置くこと、ただし友情->資源の順に数が同じだったら比べるので友情が大事と説明が簡単。目標もシンプルだけど達成するのにはひと手間かかるものばかりでゲームとして勝ち筋を模索する必要もある。

 一手番に6種類(前手番で行ったのはできないので5種類)から1つ選んで実行するだけなので見通しは良い。ただし当てが外れるランダム性があるままならなさはちょうどいい。

 担当する勇者の国ごとに明確な個性はないけど個性カードとパワーアップタイルでのプレイヤーマットのパワーアップで程々の個性が出る。

 プレイ時間もゲーム終了フラグがトロフィー4つ誰かが置いたらなので割と早く、うまく道筋が作れて運も味方してくれないと勝てない感じがリプレイ欲も出てくる程度でちょうどよい。


サイズとの違い

 基本骨子は同じだけどカードを引くとき以外はアブストラクト気味なサイズに比べて、資源のコントロールが出てくる量しかできないランダム性は詰将棋と違う自由度を与えてくれる。

 一手番1アクションなので若干重要度が高い。ランダム要素のある探索をいかに自分がやらないで済ませられるかは、自分で全部やらなきゃいけないサイズとは大きな違い。逆に戦争≒パイ投げという感じ。


良いところ

 最初に書いたとおり愛らしコンポーネント、短縮されたプレイ時間、プレイヤー同士の絡みが起きやすくなっているところが良い。

 反面、キャラクターが立っているのに個性はないところがなんかちょっともったいない。個性カードとは別に専用個性カードかプレイヤーマットが拡張で出てほしい。

1年以上前(2019年05月09日 17時38分)
続きを読む
閉じる
805
名が参考にしたルール/インスト
 by あきT

間違いやすいルールをいくつか記載します

・パワーアップする時は、カードを3枚引き、1枚選びます。(残りは山の下に戻す)

・ベースキャンプに戻ったら、回復するのを忘れずに。

・移動のパワーアップで、ポータル間をノーコストでジャンプできる記載のがありますが、探索者ごとに手番中1回だけです。(本家サイトのFAQ参照)


・2歩進める時、クエストトークンを無視して通過できます。

1年以上前(2019年01月15日 18時57分)
続きを読む
閉じる
804
名が参考にしたレビュー
 by kanamatan

子供向けサイズ。ポム王国を舞台に各動物王国の勇者達がパイ片手に覇権を争う。

鉄と農業の名作がなんかスゴい方向に変化した。


3人戦、4人戦で遊んで感じた良い点と悪い点を挙げようと思う。


良い点

・コンポーネントが可愛い

  他の方も挙げている通りとかくフュギュアやイラストが可愛らしくて人目を引いてくれる。おかけでサイズよりも万人受けして立ちやすくなった印象。


・軽い

 ルールが簡略化されて短時間で終わるようになった。勝利条件は元ネタの星に当たるトロフィー4個取得に変更されて金額勝負ではなくなった。

 また、常時9〜12択あった手番の行動選択も2〜4択とだいぶ減って絞った行動が取りやすくなった。資源も4種類から2種類と半分に減っている。

 これらからインスト、プレイにかかる時間が減ってイラストと相まって遊びやすい作品に進化している。


・対戦ゲーだけども協力が必要不可欠なバランス

 今回はサイズの民心にあたる友情度が2未満だとトロフィーを獲得できないルールになっている。

 その友情度を稼ぐ方法が資源を配置する発見アクションで他のプレイヤーに資源をプレゼントすることがメインなため、余程のことがない限りはプレイヤー間で協力しあうことになる。

 そのため、子どもと遊んでも殺伐としにくいしハンデをそうととられずに与えることも出来る。


悪い点


 ・本家よりも1手番が重い

 勝利条件のトロフィーは1手番につき1つまでしか獲得できない。その上、選択肢が少ないので1手番のミスが簡単に命取りになってしまう。また、挽回もけっこう難しいので人によっては好みかもしれないけども子供向けと考えると逆転しやすい方がいいのではと個人的に感じた。


 ・少人数だと本家以上に微妙

  本家も3人以下だとインタラクションが減って内政しかやらない微妙なゲームになるが、こちらもその点は受け継いでいる。

  むしろ選択肢が少ない分つまらなさが悪化している。 

  裏を返せば4人以上だとマップの狭さから発見とパイ投げ合戦で本家以上にインタラクションが増えるので楽しく遊べる。

 ・キングメイカー問題がある

 発見での資源、クエスト渡し、パイ投げ合戦などキングメイクが可能な手段がある。


以上。


子供と楽しく遊んで未来のゲーマーの英才教育にはもってこいの1本である。


カジュアル層なら中量ゲームの初手としてオススメ出来る。


ゲーマーから見ると見た目に反して1手をしのぎ合うシビアなゲームとして楽しめる。

どのボリューム層でも楽しめる作品である。

1年以上前(2019年04月15日 17時49分)
続きを読む
閉じる
743
名が参考にしたレビュー
 by nico_bodo

『マイ・リトル・サイズ』は、人気ゲーム『サイズ-大鎌戦役-』を簡易化してファミリー向けにリメイクした作品。

もともとファンによってプリント&プレイ用で作られたゲームでしたが、それをベースに公式から販売される形になりました。

プレイヤーは、8種類のトロフィーのうち4つを集めることを目指します。2人の勇者駒をつかって資源を集めたりパイ投げ競争をしたりしてほかプレイヤーよりも先に4つの達成条件を満たすことを狙います。

『サイズ-大鎌戦役-』の基本メカニズムをそのままに、ギュッと濃縮したゲームになっています。


【ゲーム紹介】マイ・リトル・サイズ (My Little Scythe)
https://nicobodo.com/archives/my-little-scythe.html

1年以上前(2019年04月09日 00時24分)
続きを読む
閉じる
731
名が参考にしたレビュー
 by すあま

★7(個人的10段階評価)


大鎌戦役の簡易版! 「面白さ」と「足りなさ」が同居した良作ではあるものの……


名作:大鎌戦役の子供向けバージョンです。


まずなにより感銘を受けたのは、そのコンポーネントと収納スタイル! フィギュアなどが精巧なのは見たままですが、個人的にはボードや駒をしまう際の「よく設計されている感」が、これまでのどのボードゲームよりも群を抜いて素晴らしかったです。全てのコンポーネントに入れる場所があり、そして、見事に収まる。拡張のことまで考えてある。完璧です。


またゲーム部分も非常に明るく楽しい雰囲気でとてもいいです。一応戦争行為のあるゲームですが、攻撃によって何か多大な損害を相手にもたらせるわけでもない上、むしろ仕掛けた側にデメリットまで存在するため、そうほいほいと殴り合いまくる展開にもならず。

それでいて勝利のためには一度ぐらい戦争に勝っておきたいという部分もあり、非常に良いバランスです。


では何が気になるのかと言えば、偏に運要素の部分ですね。


特に、このゲームにおいて大事な産出物(素材)が、ダイスで決まる部分。


いえ、誤解無きよう言っておきますと、私自身ダイスで素材を産出するゲーム(カタン等)は好きなのです。ほどよい運要素がある方が、リプレイ性高いですしね。

ただ本作の場合は、そこの比重がちょっと運に傾きすぎに感じてしまいます。

産出状況によっては、サイコロを振った自分になんのメリットもないことがちょいちょいあります。

まぁこれ自体はカタン等にもある話なのですが、問題はその産出行為が「一手番を消費して」行われることにあるのかもしれません。


というのも、カタンのように「とりあえずサイコロは皆毎回振る」という産出ではなく、「移動」や「建築」といったその他の行動と同等の、一アクションとしての「産出」なんですね、これ。


一手「消費」するのに、見返りがないケースがある……というのは、勿論ギャンブルとしてはアリな話なんですが、戦略ゲームとしてはちょっと運の割合が大きすぎる気がします。


結果、やはり運が良い人が強くなる部分はどうしてもあり、そこを補う手段も殆どないことから、最終的に「実力で勝った/負けた」感が薄くなってしまうというか。


ただ、子供向けとしてはそれで大正解である気もするので、一概に批判点でもないのですが。ちょっと事前に勝手に求めていた程の「ワクワク感」はなかったかなという印象です。


ただ今後拡張が出るらしいので、そこには超期待していますし、そしてなによりこの「もやもや」があるからこそ、正直前より本家への恋慕が高まってきてもおります。そういう意味では超優秀な簡易版。


なので結論として、オススメは十分出来る作品ですが、「サイズの面白みを手軽に『完璧に』味わえる」では当然ないということは、念押ししておきたいところです。

1年以上前(2019年04月24日 17時50分)
続きを読む
閉じる
308
名が参考にしたレビュー
 by オグランド(Oguland)

ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!
マイ・リトル・サイズは、6種類のアクションを駆使して8種類の目標のうち4種類をいち早く達成することを目指す面白いボードゲームです!
少し難しいボードゲームへのステップアップに最適な作りになっています。立体フィギュアの駒やリンゴや宝石の駒など、とにかくコンポーネントがとてもかわいいです!
ゲーム慣れしている人にはテンポも悪く、物足りない印象を受けてしまうかと思います・・・


好き度(Like)
 ▶3pt.≪★★★≫
おすすめ度(Recommended)
 ▶3pt.≪★★★≫
子どもと度(With kids)
 ▶3pt.≪★★★≫


マイ・リトル・サイズの簡単なゲームの流れとルール解説はこちらをご覧ください!

7ヶ月前(2020年02月27日 08時41分)
続きを読む
閉じる
244
名が参考にしたレビュー
 by さんず

「サイズ大鎌戦役に興味があってインスト動画とか見たけど未プレイ」ユーザー目線でのレビューです


まず、ルールがわかりやすいです

ボドゲカフェでやりましたが、全くの未経験4人でもわりとすぐにプレイできるようになりました


8つあるトリガーのうち4つを満たすと勝利なのですが

8つがそれぞれ、アイテムを貯めるとか、決闘に勝つとか、単純でわかりやすいのが良いです


さらに、8つのうちの4つで勝ちなので、勝ち筋も複数ありますし、先行しているプレイヤーは他プレイヤーに狙われやすく、バランスもよいと思います


ガチガチに殴りあうゲームかといえば、殴りあうと”友情”というものがマイナスになって、勝ちから遠ざかりますし、逆に相手に利があるプレイをするとその”友情”があがるので、そこまでギスギスもしません

(8つのトリガーの中に友情ポイントを一定数上げる というものもあります)


また、ゲームテンポも良いです

自分の手番には、5つの選択肢のうちから一つ選ぶだけなので、

慣れれば次々と手番をまわすことができ、ダウンタイム短くテンポよく進んでいきます


ただ、今回は4人でやったので楽しめましたが、二人等の少人数でも似たように楽しいかは不明です

マップの広さは変わらないので、相手とのバトルも減り微妙な気もします

(4人以外は未プレイなので予想になります)


まとめ

はじめてでも、わりとすぐにプレイできる良中量級ゲー

プレイ感はさっくりで、時間の割に軽め(4人で40~1時間)


本物の大鎌戦役がしたくなったので買いました笑

2ヶ月前(2020年07月15日 22時20分)
続きを読む
閉じる
211
名が参考にしたレビュー
 by たぬきち

あの戦争ゲーム、SCYTHEのファンの方が考えたゲームです。

キャラクターはSCYTHEでお馴染みの皆さん…の、パートナーだった動物たちです。

SCYTHEのように陣取りやファクトリーを支配というギスギスしたものではなく、すごーーーーくマイルドかつ、ほっこりまったりできるゲームです。

資源はりんごとダイヤの2つだけ、遭遇もありますが野蛮なのは一切ありません。

一応戦争ゲームなので、戦うために使うのはパイ。そう、パイ投げです。

そして、敵に善い行いをするとボーナスが貰えたりします。

優しさって大事。

SCYTHEだけどSCYTHEじゃない、マイリトルサイズ。SCYTHEがお好きな人ならきっと好きになれると思います。

6ヶ月前(2020年03月20日 00時38分)
続きを読む
閉じる
181
名が参考にしたレビュー
 by プトシ

結局子供向けとかファンタジーとかリンゴ集めのパイ投げ競争とか、プレイする人間次第なんです。

大人がプレイすれば真面目にリンゴ配達しようとする人はカツアゲされるし、終盤になると友情の押し売りが横行するし、やからによるやからプレイでハイになれます。

いい感じに仲が荒んで仕上がってきたら、そのままサイズでケンカできます。

6ヶ月前(2020年03月22日 21時55分)
続きを読む
閉じる
69
名が参考にした戦略やコツ
 by オグランド(Oguland)

パワーアップカードを獲得するなら、ゲーム始まってすぐのタイミングがいいです。それによって、自分のアクションが強化されます。リンゴや宝石を運ぶのは、ゲームが始まって少したってから、みんなが発見アクションによってボード上にたくさんのリンゴや宝石が出てきてからがオススメです。

7ヶ月前(2020年02月27日 08時43分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 7,480(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 191興味あり
  • 310経験あり
  • 59お気に入り
  • 264持ってる

チェックした商品