マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~10人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2019年~

イト大吉さんさんのレビュー

146名 が参考
2名 がナイス
10日前

★家族で遊ぶために購入したゲームシリーズ。

国産のパーティー系のゲームはあまりやらないんですが、イトはけっこう活躍しています!

これはザ・マインドを参考にしているんですかね?両方のゲームとも低い数字からカードを順に出していくのは同じですが、ザ・マインドは黙って出す、イトはおしゃべりしながら出します。真に逆転の発想!

ゲーム自体はシンプルで、1~100までの数字があってランダムに一枚ずつ配られます。絶対に自分の手札の数字を見られてはいけません!

それから低い数字を持っている人から順番に出していって、順番どおりに出せたらクリアです。例えば5出して、20出して、56とかです。8出して、40出して、24を出したらアウトです!順番どおりではないので。

そのとき大事なのが、自分の数字を相手に伝えてはいけない!お題の内容で数字の大きさを表現しなければいけません。

以上のルールを守りながら、みんなで相談して一番低い数字を持っているであろう人から順に、カードを場にオープンで出していきます。

このゲームでおもしろいと感じたポイントは、人との価値観のズレを感じる事ができることです。お題が『こわいもの』だとすると、高い数字が怖いものであり、低い数字が怖くないものになります。例えば70という数字は、100中の70の怖さになります。70をゴキブリと答える人もいれば、墓場、お母さん、ゴリラ、爆弾、ヌートリア、焼き魚の顔など、人によってぜんぜん違うんです。

そして微妙な数字を表すときに、ただのゴキブリではなくて沖縄にいそうなデカいゴキブリとか、めっちゃ怒ってるゴリラ、という言い方をしたりします。

うまくカードを出せたら、おー!となりますし、失敗したらしたで、なんでやねん!と盛り上がります!

人数の幅も、なんなら10人くらいでプレイしても大丈夫そうです。お正月には活躍するんじゃないでしょうか。

同じメンバーと連続してやり過ぎるとあきるので、たまにやるといいですね。これやってると、家族内でも価値観が違ったりするので面白いです!

ちなみにイトのカードを使って、ザ・マインドをプレイする事もできました。お得。


この投稿に2名がナイス!しました
ナイス!
ヨージロー
maro
大賢者
大吉さん
大吉さん
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 270興味あり
  • 1488経験あり
  • 411お気に入り
  • 1040持ってる
プレイ感の評価
運・確率18
戦略・判断力18
交渉・立ち回り14
心理戦・ブラフ16
攻防・戦闘0
アート・外見7
作品データ
タイトルイト
原題・英題表記ito
参加人数2人~10人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2019年~
参考価格2,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

大吉さんさんの投稿

会員の新しい投稿