マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 60分前後
  • 14歳~
  • 2014年~

ダンジョンクエスト クラシックしのじゅんぴょんさんのレビュー

201名 が参考
5名 がナイス
約2ヶ月前

かつて発売された「ダンジョンクエスト」日本語版を改良し、戦闘ルールを単純化していくつかの修正を施した傑作ダンジョン探索型ゲーム。

各プレイヤーは特殊能力を備えた英雄となりドラゴンファイアダンジョンを探索します。道中宝物を漁り、異形のモンスターと戦いながらドラゴンロード・カラドラが存在するMAP中央にある宝物庫に辿り着き、より多くの略奪品を日没前に地上に持ち帰ったプレイヤーが勝利します。RPG風のテイストですがLEの概念はありません。略奪品の金額が多いプレイヤーが勝利しますが、必ずしもドラゴンが眠る宝物庫まで行って略奪品を入手して地上ヘ帰還しなくてもよく、ヤバイと思ったら途中で入手した略奪品だけ持って帰るといったチキンレース・メカニクスも採用されています。このダンジョン攻略は容易ではなく、足を踏み入れたら最後目的を達成しつつ生還出来る可能性は極めて低く、死亡率90%を誇る死の迷宮なのですから!


・プレイヤーの生命を脅かすモンスターや罠

手番順に117枚にも及よぶダンジョンタイルをランダムに引き、矢印が記載されている方(侵入口)を前に盤面に配置していきます。引いたタイルにダンジョンマーカーがあればダンジョンカードを1枚引き効果を処理し、タイルが配置されている場所へ移動したり、たいまつアイコンのある場所なら探索カードを1枚引いてその場所を調査出来ます。探索を1回実行すると探索済みとなり探索トークンを配置して探索はもう出来ません。(特殊能力を持つ英雄は除く)

なので手番で出来る事はダンジョンタイルを1枚引いて配置する、移動する、探索する、カタコンベヘ移動する(階段マークのあるタイルや探索で発見されるなどで、更に地下2階に潜れます)だけで、やる事は非常にシンプルですが、恐ろしいトラップやモンスターが待ち受けています。

ダンジョンタイルがランダムに引かれるので迷宮が宝物庫に続いて配置出来るのは極稀で行き止まりになったり、落ちたら即死する底なし穴、180度回転する部屋、暗黒の部屋に、クモの巣の部屋、橋のある部屋等まだまだありますが、行く手を阻む仕掛けが随所に散りばめられていて、常に生命の危険を体感させてくれます。そしてダンジョンと言えばモンスターとの遭遇です。戦うのか逃げるのか、倒しても宝箱は落としません(笑)モンスターとの戦闘やブービトラップで傷ついた体力を回復するのに入手した薬を飲んで絶命する事もしばしばあり、このゲームに必要な要素はまさに運!です。その日の強運の持ち主だけが生きて太陽を拝めると言う、いかにも大味なアメゲーと言ったプレイ感で人を選ぶゲームかと思いますが、個人的にはよく死ぬし高難易度ではありますが、いつか達成感を味わえるのかと希望を持ちながらプレイ出来る事と、他のプレイヤーの不幸をニヤニヤしながら拝見して大笑いしたりと中々楽しいゲームです。ちなみに仲の良い友達同士や家族と遊んだ方がいいです(笑)☆ソロプレイも可能で、夜な夜なダンジョンに潜るソロプレイヤーも存在している模様。

戦略要素はトラップカード、ダンジョンタイルを引いた時の判定でダイスロールをして失敗した時に修正値として使用出来る判定トークンの使用のみです。判定トークンは判定に失敗した時に1個貰えて、「これはヤバイ!」という時に貯めていた判定トークンを使用して危機を回避するのが、正しい使用法の様です。使用しても修正値に届かなければ死あるのみですけどね(汗)

無事宝物庫に辿りついても、ドラゴンが目覚めれば火炎で大ダメージを受けるし、制限時間内にダンジョン脱出出来なければ、入口が締まりドラゴンの怒りに触れ全員死亡、カタコンベを彷徨い朽ち果てたりと死亡率90%は伊達ではありません。ここまで死ぬと逆に清々しさすら感じます。


総括

生きて脱出出来たのが、1回だけでそれもダンジョン入口周辺で小銭を入手して脱出した時だけです。ちゃんと宝物庫で略奪品を入手して脱出出来る日は来るのだろうか?(汗)難易度の高さやテイストはパソコンゲームやコンシューマゲーム「ウィザードリィ」に類似していると言えなくもないです。その系統が好きな方なら、楽しめるんじゃないでしょうか。只、発売が2014年で数が少なく入手は難しいです。人気商品の宿命ですね。アークライトさんから発売されていました。

それでは鬼畜ダンジョンヘようこそ…

この投稿に5名がナイス!しました
ナイス!
pikrin3
カナ リキテル
りばたん
きむにぃ
ryuuseikick
仙人
しのじゅんぴょん
しのじゅんぴょん
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 114興味あり
  • 227経験あり
  • 54お気に入り
  • 242持ってる
プレイ感の評価
運・確率15
戦略・判断力6
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘1
アート・外見6
作品データ
タイトルダンジョンクエスト クラシック
原題・英題表記DungeonQuest Revised Edition
参加人数1人~4人(60分前後)
対象年齢14歳から
発売時期2014年~
参考価格6,500円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

しのじゅんぴょんさんの投稿

会員の新しい投稿