マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ザ・ゲーム:フェイス・トゥ・フェイスThe Game: Face to Face

★9(個人的10段階評価)


ゲーム中常に「しんどい」、二人用対戦小箱ゲームの新たな傑作! 


名作協力カードゲーム「ザ・ゲーム」の二人対戦版です。

要は派生作、続編の一つなのですが個人的には元の協力ゲーム版より気に入っています。ルールが実に洗練されていて、より悩ましくなっている印象。


基本的なルールはザ・ゲームシリーズのそれそのもの。各自に用意された1~60の範囲内(2~59のセット)カードを、いち早く全部出し切った方の勝ち。


出し方も単純。自分の目の前の「昇順に出せる場」「降順に出せる場」の二箇所のうち、どちらかに手札を重ねていくだけ。

当然数字が大幅に飛んでしまうと辛くなりますが、きっちり「10」違うカードならば巻き戻し(回復)が可能であり、その辺も上手く利用して……とはいえ運成分も多分に孕みつつ、カードを出していきます。


元はそれを協力体制でやっていくゲームであり、手軽である分、なんだかんだ毎回意外と達成出来てしまう程度の難易度のゲームだったわけですが(拡張入れると難しくなりますが)。


今作はなんと言っても対戦形式。どちらかは負けるよう出来ているわけで、前作より遙かに「苦しい」プレイ感となっております。でもその「苦しい」は決してマイナス方面の評価ではなく、ゲームとしては悩ましく楽しいということにも直結しており。


ちなみに二人用の特徴として、相手に施しをすると自分にも恩恵があるというシステムが組み込まれており、そこで擬似的な協力プレイ感もありつつも、結局はやはり自分のメリットしか考えていないという、意地悪かつ最高な「協力」の味付けがなされています。


確かに苦しくて戦略的で意地の悪い対戦ゲームですが、だからこそどこか可笑しく、また手軽さも相まって負けても「もう一戦!」とすぐなるゲームですので、二人対戦モノとしては是非オススメです!


傑作!

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:すあま
マイボードゲーム登録者
  • 47興味あり
  • 166経験あり
  • 22お気に入り
  • 99持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルザ・ゲーム:フェイス・トゥ・フェイス
原題・英題表記The Game: Face to Face
参加人数2人用(20分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 4件

  • 180
    名に参考にされています
    投稿日:2019年01月20日 21時32分

    昇順降順にカードを出して自分の山札を先に無くしたもん勝ちのゲームです嫁と3戦程続けて対戦しました最初の方は「ザ・ゲーム」のクセが抜け切らないのか、恐る恐る出していく感じでしたが、勝利条件が「全部のカードを出し切ったほうが勝ち」なので慣れてきた頃には「いかに手札の6枚を出し切るか」の勝負でした手札は6枚迄なのですが、自分の陣地だけカードを出しても2枚までしか補充できません相手の陣地にカードを出す事によって相手には手助けになりますが、自分は6枚迄手札を補充することが出来ますお互いこれが分かるようになってからのめりこむようになりました「ザ・ゲーム」だけど「ザ・ゲーム」じゃない、そんな感じでした...

    hiroさんの「ザ・ゲーム:フェイス・トゥ・フェイス」のレビュー
  • 268
    名に参考にされています
    投稿日:2019年01月16日 18時22分

    ★9(個人的10段階評価)ゲーム中常に「しんどい」、二人用対戦小箱ゲームの新たな傑作!名作協力カードゲーム「ザ・ゲーム」の二人対戦版です。要は派生作、続編の一つなのですが個人的には元の協力ゲーム版より気に入っています。ルールが実に洗練されていて、より悩ましくなっている印象。基本的なルールはザ・ゲームシリーズのそれそのもの。各自に用意された1~60の範囲内(2~59のセット)カードを、いち早く全部出し切った方の勝ち。出し方も単純。自分の目の前の「昇順に出せる場」「降順に出せる場」の二箇所のうち、どちらかに手札を重ねていくだけ。当然数字が大幅に飛んでしまうと辛くなりますが、きっちり「10」違...

    すあまさんの「ザ・ゲーム:フェイス・トゥ・フェイス」のレビュー
  • 252
    名に参考にされています
    投稿日:2018年03月22日 08時52分

    7/10ザ・ゲームが対決2人用ゲームとして生まれ変わった斬新なゲーム。見た目はそんなに変わらないように見えるが、1〜60の数字が2色ずつになっており、出す場所も自分と相手でそれぞれ2箇所ある。ルールはシンプルで、互いにどちらかの色のデッキを持って、先に減らした方の勝ち。他のルールは基本的にはザ・ゲームと同じ。というと、前作と似ているただのソロゲーに見えるのだが、手番に1枚だけ相手の場に出してもよく、このルールが秀逸。なんと、相手のところに出すときだけ、数字のルールが逆になるのだ。つまり、相手を助けるかたちになる。じゃあ、出したら相手が得するだけじゃんと思いきや、そうではない。このフェイス...

    白州さんの「ザ・ゲーム:フェイス・トゥ・フェイス」のレビュー
  • 248
    名に参考にされています
    投稿日:2018年03月21日 11時33分

    ☆9この洗面器ゲームな感じ、すごく気持ちいい!『ザ・ゲーム』の2人用対戦ゲームです。『ザ・ゲーム』といえば数字カードを全て場に出し尽くせばゲームに勝利する。という、5人までの簡単な協力カードゲームです。ルールは簡単でありながらも、具体的な数字で相談ができなくて手番に2枚以上カードを出さないといけないというルールに、多くのプレイヤーが苦しみギリギリで勝利する快感が気持ちのいい良いゲームです。それが、2人用対戦ゲームって面白いのか?wwwと、完全に舐めていたのですがかなりの良作でびっくりしました。ここからは『ザ・ゲーム』を遊んだことある方が読んでいることを前提にレビューします。基本的なゲーム...

    82BG@19秋GM(土日)出展さんの「ザ・ゲーム:フェイス・トゥ・フェイス」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 2件

掲示板 1件

  • Itsukiさんの投稿
    カードサイズと枚数について

    カードサイズは91mm×59mmです。「CAC-SL35、同SL36 ユーロサイズ」などのスリーブが最適です。カードは120枚入っています。

    0件のコメント13ページビュー1年以上前
    コンポーネント/カードスリーブ

会員の新しい投稿