マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
ダンジョンクエスト クラシック
  • ダンジョンクエスト クラシック当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~4人
  • 60分前後
  • 14歳~
  • 2014年~

ダンジョンクエスト クラシック / DungeonQuest Revised Edition の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
伝説のダンジョン探索ゲームが、大幅リニューアル! 生存率10%のダンジョンに挑め!
  • ヤコブ・ボンズ(Jakob Bonds)作

 『ダンジョンクエスト クラシック』は、かつて発売された『ダンジョンクエスト』の戦闘ルールをプレイアブルなものとし、その他いくつかのルールについて修正を施したゲームです。

 プレイヤーは特殊な能力を持つ英雄の一人を操り、魔法の力と無謀ともいえる勇気を携えてダンジョンに挑みます! 目的は、ドラゴンの眠るダンジョン中心部に存在する莫大な財宝の略奪です! "生きて"ダンジョンを脱出し、価値ある「略奪品」をもっとも多く持ち帰ったプレイヤーの勝利です。

 ダンジョンはプレイの度にランダムで生成され、生死のかかった判断を常にプレイヤーたちに迫ります。

 先の見えない探索のドキドキ感と、スピーディに展開するモンスターとの戦闘は、何度も挑戦したくなる魅力でいっぱいです!

ダンジョンクエスト クラシックに6件の書き込みがあります

393
名に参考にされているレビュー
2017年09月11日 22時59分

あらゆる手段で殺しにくる理不尽が楽しい、バカゲーの一種

何度かプレイした印象は、「死にゲー」というよりは「打ち切り漫画ゲー」と言うべきかと。

序盤早々に落とし穴で死ぬ。途中遭遇(?)したストーカーに毎ターンRollされて突然殺される。財宝ゲットしたのに、なかなか出口にたどり着けず死ぬ。とにかく死ぬ。

生還することや、他プレイヤーを出し抜いて勝者になる、と言う目的ではなく、「自分含めた全プレイヤーの死にっぷりを笑い飛ばす」が正しい楽しみ方と思います。


ダンジョンゲームとしての根幹的な楽しさはキチンと押さえている

これだけだと、イロモノゲームのような印象を与えてしまうかも知れませんが、ダンジョン捜索ゲームとしての根幹はキチンと押さえている印象です。

未踏のタイルを埋めたり、都度起こるイベントを処理したり、と毎ターン楽しめると共に、「ハァ?」と言わざるを得ない超展開が笑えます。

ランダム性も非常に高く、毎回飽きが来ません。


3、4人でワイワイ遊ぶのに最適

このゲーム、基本的にはカード&ダイス運に、ほぼ依存しているため、戦略性は殆どないです。が、それだけにイライラも不満もなく、ゲラゲラ盛り上がりながら遊べます。ソロでも遊べますが、さすがにそれはイライラするかも。。。

他の正統派ファンタジーとは一味違った、激辛なテイストを楽しんでください!



続きを読む
閉じる
332
名に参考にされているレビュー
2016年06月01日 19時27分

知人宅で4人プレイ!プレイヤー達はダンジョンに潜る勇者となり、様々なトラブルに見舞われながら財宝を集めていきます。プレイヤー同士の戦闘はありません。

全体的な所感は「不思議なダンジョン」系を遊ぶ感触に近いと思いました。危機管理、確率整理をしながら進めるあの感じ。あと割と簡単にプレイヤーが死亡するボードゲームです。パソコンゲームのDiabloっぽい感じもします。

ただ、「うお!いきなりヒットポイントが半分になった!やばい!しぬしぬしぬ!…あっ。死んだ。ふぅ…。」こんな感じで呆気無く終了させられる、ハイエンドユーザー向けの仕様です。死んだら本当にそこで終わりです。ジュースでも飲みながらゲームが終わるのを眺めることになります。もしかしたら、Xboxとかのダークソウルが好きな人も好きになれるかもしれません。

とまぁ、そんなハード仕様のなか、なんとか死亡しないように切り抜けながら財宝を集めます。他のプレイヤーよりも多く財宝を集めるために、ダンジョンの奥深くにある、ドラゴンが眠る財宝部屋を目指します。1ターンで1人1マスごと進んでいきます。

画像にあるように、隣のマスに移動すると初めて部屋の内容が確定します。誰も踏み入れたことのない場所は、部屋がまだ無い状態です。プレイするたびにマップが変わる・発生イベントも変わるあたり、飽きにくい「不思議なダンジョン」シリーズを彷彿させるシステムです。

部屋を調べたり、階段をくだってみたりすると、ちょっとした財宝や回復アイテムを拾えたり、たまにモンスターが現れたりもします。これを繰り返しながら財宝ザックザクのドラゴン部屋を目指していきます。

ドラゴンの部屋まで辿り着いたプレイヤーは、本当に財宝取り放題です。取りすぎてもはや勇者というか盗賊の気分です。ただし財宝を回収しようとすると、たまにドラゴンが目を覚まします。ドラゴンの目を覚ましてしまった勇者には悲劇が訪れます。誰がドラゴンの炎を浴びるのか!?ドキドキのチキンレースです。

ちなみに合計ターン数があり、最後は財宝を最初の入口までもって帰らなければいけません。欲張りすぎてダンジョンの中で朽ち果ててしまわないようにしましょう。

続きを読む
閉じる
295
名に参考にされているレビュー
2017年01月28日 06時29分

死亡率90%の超鬼畜ダンジョン探索ゲームです。

ドラゴンが眠るダンジョンに潜り、どれだけ多くの財宝を持ち帰れるかを競います。。。が、罠やモンスターがてんこ盛りで、場合によってはダンジョン入った瞬間に死ぬ事も少なくありません。

死んだらゲームが終わるまで、他プレイヤーが悲惨な目に合う様を、ニヤニヤしながら眺めましょう。

もしかしたら、そっちがこのゲームの本来の目的なんじゃないかな?

このゲームが大好きな人達は、たぶん「すんなりクリア出来ると何か物足りない」と感じるはず。

「ゲームを効率良くクリアしたい」って方には100%向きません。

頭使おうがやり込もうが熟練者だろうが、死ぬ時はあっという間に死にます。

友達がモンスターにボコボコにされたのを、ゲラゲラ笑いながら落とし穴に落ちたり、財宝部屋にたどり着いて一発目でドラゴンのブレスでやられたり、山盛りの財宝を手に入れて、後一歩のところでダンジョンの出入り口が閉じてしまって出られなかったり。

難易度高めだからこそのドラマがプレイの度に、プレイヤーの数だけ起こるのが非常痛快で楽しいです。

頭使う必要が無いけどバカほど盛り上がります。

続きを読む
閉じる
292
名に参考にされているレビュー
2017年04月11日 23時19分

ドラゴンが眠るダンジョンに潜り、お宝を手に入れて無事に脱出することを競うこのゲーム。脱出してお宝の点数を競う要素はあるものの、とにかくプレイヤーが死にます。


プレイヤーの技量が問われる局面は驚くほど少なく、ダンジョンタイルのドロー及びカードドロー、そしてダイスロールによって局面が展開されてゆきます。カードによるイベントやダンジョンタイルの効果が凶悪な場面も多々あり、順調に進んでいたにも関わらずそれらのイベントからダイスロール1回であっさり死亡なんてことも平気でありますが、それだけあっさり死ぬ展開が多いがため、お宝を手に入れて脱出したときの感動はたまらないものがあります。ただ、それでも、「いかにして死んでしまったか」を楽しむ方向性も十分ありだな、と思いました。「あと一歩で脱出できる際にダイスロールで6だけは出しちゃいけない局面で6が出て死亡」という事が起きつつもそれが楽しめるゲームなんですよね、これ。


ソロでも遊べるルールはありますが、ぜひ複数人で遊び、死に様やダンジョン踏破の感動を分かち合ってほしいな、と思うゲームです。多少1プレイに時間はかかりますが、繰り返し遊びたくなる中毒性がありますよ。

続きを読む
閉じる
245
名に参考にされているレビュー
2016年09月26日 07時09分

これぞアメ(リカ)ゲー!ってな感じの魅力満載のゲームです。
種類がやけに多いカード類!
やたら飛び抜けた性能ばかり出てくる罠の数々!
ゲームを破綻させるためにあるとしか思えないルールの数々!
・・・いや、褒め言葉ですよ?w

ゲームとしては、タイルをめくり、道をつなぎながら、
ドラゴンのいるフロアまでたどり着き、お宝を持って脱出する。
ただそれだけ。
ん?なんかシンプルな内容だな?

では、このゲームの特徴は何なのか。
一言で申しましょう。

「脱出率10%以下」

・・・そうなんです。4人用のゲームなのに、誰一人脱出できないとかもありうる飛び抜けたゲーム性w
罠も凶悪だし、モンスターも強いし、通路は複雑だし、本当に凶悪な難易度。
なので、何を楽しむかと言えば

どうやって死に至ったかを楽しむ

ゲームなんですなw なんだそれw
しかし、振り切った難易度だからこそ起きる予測不能な現象の数々は
本当に面白いです。
「ややこしそう」「ゲームとして成立してしなさそう」とか言わず、
是非一度お試しいただきたい!

・・・ちなみに「クラシック」が付かない
初代のバージョンも昔あったのですが、
そちらは上記の凶悪なゲーム性に加え、
モンスターとの戦闘システムに、トレーディングカードゲームの要素を取り入れ、
ダメージのストックや、割り込み攻撃などを採用した
非常にアグレッシブなゲーム性で。。。
ややこしすぎて誰も遊べなかったのはご愛嬌w

なのでみなさんは
普通にクラシック買ってくださいね?w

続きを読む
閉じる
217
名に参考にされているレビュー
2018年01月24日 23時39分

個人的に好きな、とても素敵なゲームです♪

プレイヤーは6人いる勇者の中から一人をプレイキャラクターとして選び、ドラゴンの眠る迷宮に潜って、できるだけ価値のある財宝をたくさん持ち帰るのが目的というボードゲームです。

勇者たちは探索に向いたものや戦闘に役立つものなど、其々に得意な分野と特殊能力を持ち、更にランダムで「ルーン」という名の特別な力を持っています。

罠は、ダイスを振って筋力や敏捷度など勇者が持つ能力値以下であれば回避できます。たとえ失敗したとしてもその度にボーナスポイントを取得でき、それを使えば不得意な分野の能力値でもいずれは何とかすることが出来ます。また、迷宮内で取得したアイテムによって回避する事も出来ます。

モンスターとの戦闘は、専用のカードを使ってジャンケンの様なルールで戦います。モンスター役を行うのは、他のプレイヤーです(笑

先の文章を読むと、とてもヒロイックで華々しい冒険を行えるゲームに思えるかもしれませんが、ドラゴンの迷宮に潜っていられる時間はドラゴンが完全に目覚めるまでの少ない間で、部屋や扉には凶悪な罠やモンスターだらけ! 財宝のある宝物部屋にたどり着いても、気まぐれでドラゴンが目を開ければ手に入れた財宝ごと勇者もまさに灰燼にされたりします。

実際に遊んでみて無事に迷宮から脱出できる確率は体感的に3割未満、人によってはそれ以下と語ったりします(汗

しかし、だからこそ、このゲームは面白いのです!

勇者に財宝を持たせ出入り口まで帰るという目的はもちろん大切で目指すべきところですが、たとえその道のりで勇者が死んでしまったとしても、死にざまが非常に楽しく盛り上がります♪

剣と魔法の世界が好き、さらに過酷な冒険が好きな方はとても面白く遊べると思います。ぜひ遊んでみてください♪

それでは、お互いに楽しく素晴らしいゲームライフを!

続きを読む
閉じる
  • ¥ 7,020(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
会員のマイボードゲーム情報
  • 69興味あり
  • 145経験あり
  • 28お気に入り
  • 168持ってる

チェックした商品