マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 45分~210分
  • 14歳~
  • 2015年~

デッド・オブ・ウィンターItsukiさんのレビュー

449
名に参考にされています
2018年03月28日 12時43分

ゾンビパニック好きにとって垂涎のボードゲーム。それが「デッド・オブ・ウインター」です。

ゾンビがはびこる終末世界で文字通り「最後の砦」に身を寄せ合い、それぞれが持っている密命を果たすことが目的です。


ゾンビコマは残念ながらフィギュアではなく厚紙ですが、次々に湧いてくると厚紙でも迫力があります。


手番の行動としてはダイスを振って、それに応じたアクションを取るだけなのでそこまで複雑ではないです。

自分の密命を達成するまで「最後の砦」で起こるゾンビの襲撃や食糧問題を解決していくという具合です。

生存者が死亡すると「士気」が下がり、0になるとゲームオーバーです。生存者同士で協力してなるべく死人がでないようにしなければなりません。


しかし、生存者は全員が味方というわけではなく、「裏切り者」がいる可能性があります。

これが面白い点です。

「こいつ怪しいな」と思ったら生存者投票で「追放」することもできます。

「追放」されても脱落ではありません。追放者としての新たな密命が与えられます。


このゲームでスリリングなところは移動する際にゾンビに噛まれたかどうかの判定がある点です。映画でもおなじみのシチュエーションですね。もちろん下手したら即死します。なので、移動するだけでも入念な計画が必要になってきます。


生存者にもそれぞれ個別能力があるのでそれをいかに有効活用するかというところも面白い点です。


ほかの要素としては、手番プレイ中にその右隣の人が引く「交差点カード」というものがあります。

これは条件が満たされたときに発生するトラブルです。

どんな行動をしたらトラブルが発生するのかは引いた人以外分かりませんので、なかなかドキドキします。


こいういった感じで疑心暗鬼の中、生存者同士で協力して自分の密命を達成した者が勝利!というゲームです。


文章で面白さを100%伝えることはなかなか難しいですが、ゾンビパニックものが好きならぜひ一度プレイしてみることをおすすめします!

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
Itsukiさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 321興味あり
  • 606経験あり
  • 163お気に入り
  • 450持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率24
戦略・判断力29
交渉・立ち回り18
心理戦・ブラフ5
攻防・戦闘19
アート・外見15
作品データ
タイトルデッド・オブ・ウィンター
原題・英題表記Dead of Winter: A Crossroads Game
参加人数2人~5人(45分~210分)
対象年齢14歳から
発売時期2015年~
参考価格6,400円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Itsukiさんの投稿

会員の新しい投稿