マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~6人
  • 15分前後
  • 9歳~
  • 2012年~

クーかぽらるさんのレビュー

184名
4名
10ヶ月前
0

1ターン後にバカを見るのは俺か敵か

酒の席で行われるブラフゲームほどタチの悪いものはないだろう。なんだって笑えてしまう上に、それより面白いものはないのだから。もしもそんな機会があって、ポケットに収まる小ささで、それでいて嘘を平然とついても殴り合わない人選ならばクーが何よりのオススメだ。

まず、このゲームの特徴として名高いのは、いつでも嘘がつける部分だろう。むしろ、嘘を大匙、真実を小匙入れるのが礼儀と言っても過言はない。

何故なら、役職の描かれた手札がたった二枚あるばかりなのだ。嘘の役職を語ってコインを掠め取ったりしなくてはまったくもってやっていられない。無論、それを見抜かれることもあるが、そのカウンターにさえ嘘をついてもいい始末。"テストプレイなんてしてないよ"を彷彿とさせるようなバランスの狂ったゲームに、寝落ちするまで酒と爆笑が途切れることはないだろう。

そう言えば、ラブレターに程近いゲーム性とも言われているが、私はそうは思わない。こっちのメインは推理よりも嘘。推理なんて敗北感を一層強く塗り固めるだけのスパイスなのだから。必要なのは何よりも度胸と断言する。

反面、戦略を求めるならば多少は物足りなさがあるだろう。あまり言いたくはないが、結局のところこのゲームが一番盛り上がるのは、スカルやゴキブリポーカーでも見られる"馬鹿を見た"という部分なのだ。

ともかく、このレビューを参考にした誰かが、どこかで殴り合いに発展しないことだけを切に祈っておくとしよう。

この投稿に4名がナイス!しました
ナイス!
店長
らいむ
18toya
ひろや
クー
クーの通販
バレなきゃOK!イタリアの都市国家家長となってハッタリと戦略の駆け引きを楽しもう
1~2営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 1,540(税込)
大賢者
かぽらる
かぽらる
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 241興味あり
  • 1525経験あり
  • 256お気に入り
  • 833持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

かぽらるさんの投稿

会員の新しい投稿