マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人用
  • 30分前後
  • 12歳~
  • 2015年~

コーヒー・ロースターだいすけさんのレビュー

313
名に参考にされています
2020年01月02日 15時23分

コーヒーの焙煎士となり、理想の一杯を目指すバッグビルディング

 欧州エディション日本語版のパッケージ


(欧州エディションもこちらでいいか不明ですが、暫定でこちらに投稿しておきます)


かなり昔からソロ用のボードゲームとして話題になっていたものの、ソロプレイを始めたころにはもう絶版で入手困難になっていたところ、欧州版が発売になって逆輸入されたバージョンを入手。

ボードデザインはポップだったオリジナルに比べて大人向けのオシャレな感じに。個人的には新版のほうが好みかな。システムやデータ周りはほぼ同じとのことで、プレイフィールは同様のはず。

 

システムはバッグビルディングで、毎ターン焙煎度に応じた枚数のチップを袋から引き、引いた豆チップの焙煎を進めて袋に戻す、というもの。焙煎を終了するとテイスティングとなり、カップ型のボードにバッグから10枚チップを引いて並べ、数字の合計が最終的な焙煎度となる。

テイスティングで理想の数値に近づけるには、バッグの中身の把握が必須で、カウンティングが重要となる。ある程度の指標はボード上部の合計焙煎進行表で記録できるが、何が何枚あるのかを覚えていられればより有利にゲームを進められるだろう。


他にもフレーバーチップは最後の焙煎度に加えてフレーバーボーナスとなるほか、焙煎中に特殊能力を使用して豆の焙煎度を操作したり、ペナルティとなる不良豆や煙チップを除去したりできるので、残り枚数と相談して効果的に使用する必要もあり、悩ましい要素となっている。

 

以前趣味でコーヒー豆の焙煎に挑戦したこともあり、「そうそう、こういう感じ」というのが良く出ていて、お題カードの裏のコーヒー解説も合わせて、個人的によりテーマを楽しむことができた。

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • んむんむ
  • アロ
だいすけさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 129興味あり
  • 95経験あり
  • 34お気に入り
  • 119持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率5
戦略・判断力7
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見7
作品データ
タイトルコーヒー・ロースター
原題・英題表記Coffee Roaster
参加人数1人用(30分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2015年~
参考価格4,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

だいすけさんの投稿

会員の新しい投稿