マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 20分前後
  • 10歳~
  • 2014年~

アブルクセンGOさんのレビュー

681
名に参考にされています
2017年10月16日 23時01分

これは本当によくできたゲームで、中毒性も高い。

残念なのはこんなに面白いのに、イメージ写真では面白さが伝わりにくい所。

初めはルールというか、ゲームのつぼが分かりにくいかと思う。
初期手札が13枚。1枚だせば1点なので全部出せたらどの人も13点にしかならない。
これを「スナッチ」と呼ばれる攻撃で、相手のカードを奪ってカードの母数を増やすことで高得点につなげていく。

これを理解しないと早く上がったけど得点では負けましたなんてことがでてくる。大富豪に似ているといわれることが多いが、ただ早く手札を減らして上がればよいわけではない。

かといってどんどんカードを奪っていると、誰かが上がった時に残り手札はマイナス点となって大泣きを見る。
中盤以降の、カードを増やすところから減らすところへ切り替える駆け引きがこのゲームの面白さや深さを生んでいる所なのだと思う。
ホント最終盤での、

A(…実は、13の4枚出し、8の6枚出しのあと2手であがっちゃうよー)からの

B「はい7枚。あがり」

A「まじかー!…(マイナス10点抱え)」

みたいな天国と地獄展開は、絶対に「もう1回!」となること間違いない。

4
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • 越智 俊英
  • すあま
  • YON
  • Nobuaki Katou
アブルクセン(日本語版)
アブルクセン(日本語版)の通販
数々のゲーム賞に輝く名作カードゲーム!手札をなくすだけのカンタンなお仕事です!
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 1,980(税込)
GOさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 164興味あり
  • 1009経験あり
  • 221お気に入り
  • 724持ってる
プレイ感の評価
運・確率17
戦略・判断力27
交渉・立ち回り5
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘19
アート・外見0
作品データ
タイトルアブルクセン
原題・英題表記Linko! / Abluxxen
参加人数2人~5人(20分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2014年~
参考価格2,037円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

GOさんの投稿

会員の新しい投稿