マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 60分~120分
  • 15歳~
  • 2017年~

アナクロニーGOさんのレビュー

468
名に参考にされています
2018年10月02日 20時16分

 荒廃して人の住めない未来の地球を舞台に、特殊スーツを着て野外活動していきながら世界の主導権を競う(勝利点を集める)ゲーム。

 基本的な流れは普通のワーカープレイスメントで、そこにエグゾスーツとワープ、小惑星激突による味付けがされている感じ。その分ややこしくなっているが、しかしその部分こそが終末の世界観漂う本作ならではの特徴ともいえる。

 本ゲームの特徴的な部分としては、以下のような点があげられる。

1)エグゾスーツ

 地球は荒廃しているので、屋外作業のアクションは特殊スーツに乗り込んで行うことになる。

 このラウンドで何体使用するか事前に計画が必要。(拡張のフィギュアがたまりません)


(2)ワープ技術

 資源やワーカーを未来から借りたり、過去に返したり。ただの借金と違うのは、ワープ技術を使って借りたものを過去に返すことで勝利点が加算されること。そのため、積極的に借りて返す方がよい。

 しかし、デメリットもあって、借りたまま放置することは時空の乱れを生み、蓄積すると不利な事が起きる。
           

3)ワーカーの疲労

 荒廃した未来で労働は過酷な作業だ。働いた後のワーカーは疲労状態になり、再び使えるようになるには、水を支払って、休養させる必要がある。無理をさせて再び働かせることも可能だが、勝利点が減ったり、ワーカーが死んだりするデメリットが発生する。


(4)小惑星落下

 全7ラウンドの4ラウンド終了後、小惑星が落下。エグゾスーツの充電や屋外アクションに制限がかかりゲームの終わりを予感させる。

 また、「退避アクション」という必要条件クリアによる勝利点大量獲得のアクションが1回のみ行える。



 感想としては、資源を貯めて建設をしたらどれも勝利点につながるし、各プレイヤーに用意された小惑星落下後の「退避」条件やゲーム終了後の勝利点ボーナスは事前に示されているので、初回プレイ時に何をしていいかはわからなくてもそれなりに行動方針の見通しはたちやすい。いろいろできる事があるので、何をしたらいいか分からないけど、何かそれなりにやっているとゲームが終わるという事もありうる。

 それでもだ、声を大にして言いたいのは何といってもエグゾスーツフィギュア(別売り)にワーカーを載せて活動させるというこの没入感。確かにプレイ時間は長めだし1回目はよく分からないまま終わってしまうかもしれないし、もやっとした感じがあるかもしれないが、この世界観に魅入られたら2回目に挑戦してほしい。

加えて言うと、アクション効果が全て視覚化されていて、シンボルの意味を理解すると非常に分かりやすい親切設計だ。

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Koniromann_A
  • まつなが
GOさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 121興味あり
  • 131経験あり
  • 50お気に入り
  • 104持ってる

GOさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク