駆け引きをくぐり抜けて勝利を目指せ!手札だけでなく場札のマネジメントも重要なシンプルカードゲーム

アブルクセンは、場札を増やしつついち早く手札を減らしていくシンプルなカードゲームです。

アラカルト・カードゲーム賞2014 1位
オーストリアゲーム賞2014 大賞
国際ゲーマーズ賞2014 ノミネート
ドイツゲーム賞2014 エッセン金の羽根賞

プレイヤーは13枚の手札を持ち、スタートプレイヤーから順番に、好きな枚数の同じ数字のカードを手札から出していきます。出したカードは自分の場札となり、最初に全ての手札を出しきったプレイヤーが、そのラウンドの勝者となります。

ラウンドが終わったとき、自分の場札の枚数がそのラウンドでの点数となります。
しかし、点数を得られるのはラウンドの勝利プレイヤーのみ。負けたプレイヤーは、手札の枚数だけ減点されてしまいます。
そのため、各プレイヤーは、手札を増やすリスクをコントロールしながら勝利を目指さなければなりません。
プレイヤーの数だけラウンドを繰り返し、最終的に最も得点の多いプレイヤーがゲームの勝者となります。

また、プレイヤーは相手の場札を奪ったり、相手の手札に戻すこともできます。
場札を奪ったり奪われたり、手札を増やしたり増やされたりの駆け引きをくぐりぬけ、勝利を目指しましょう!

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. R@R@
  2. Arugha_SatoruArugha_Satoru
  • 47興味あり
  • 299経験あり
  • 72お気に入り
  • 252持ってる
販売中の商品
該当商品が見つかりませんでした
プレイ感の評価
運・確率5
戦略・判断力13
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘9
アート・外見0
作品データ
タイトルアブルクセン
原題・英題表記Linko! / Abluxxen
参加人数2人~5人(20分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2014年~
参考価格2,037円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 5件

  • 249
    名に参考にされています
    投稿日:2017年10月16日 23時01分

    これは本当によくできたゲームで、中毒性も高い。残念なのはこんなに面白いのに、イメージ写真では面白さが伝わりにくい所。初めはルールというか、ゲームのつぼが分かりにくいかと思う。初期手札が13枚。1枚だせば1点なので全部出せたらどの人も13点にしかならない。これを「スナッチ」と呼ばれる攻撃で、相手のカードを奪ってカードの母数を増やすことで高得点につなげていく。これを理解しないと早く上がったけど得点では負けましたなんてことがでてくる。大富豪に似ているといわれることが多いが、ただ早く手札を減らして上がればよいわけではない。かといってどんどんカードを奪っていると、誰かが上がった時に残り手札はマイナ...

    続きを読む
  • 137
    名に参考にされています
    投稿日:2017年07月14日 22時10分

    戦略性の高い、大富豪に似たカードゲームです。カードゲームなので勿論運の要素もあるのですが、それと同時に複数の選択肢、戦略性もあります。運の要素の強いカードゲームは沢山やったから、もう少し難しいものに挑戦したいという人や、普段は重ゲーばかりしてるから少しマイルドなゲームがしたいという人にオススメです。

    続きを読む
  • 125
    名に参考にされています
    投稿日:2016年09月13日 11時40分

    2人から5人集まったらじゃあこれやろうかって雰囲気になります。3人でやって面白いゲームをあまり持っていないので3人でやっても面白いアブルクセンは大変重宝します。カードを出した時の相手への攻撃は強制なので、攻撃もジレンマ、攻撃を受けた方も自分の好きなようにカードをチューンしていけるので攻撃を受けるのもまんざらじゃないというのが駆け引きを熱くします。攻撃の処理の仕方が少し複雑なので、インストの時に例を出して説明したり、プレイ中にも何回か繰り返し説明する必要があると思います。あと攻撃が終わった後の次の手番は誰だっけ?となることが多いので初めての方とプレイする時にはその辺を気をつけたらよいと思い...

    続きを読む
  • 64
    名に参考にされています
    投稿日:2016年04月25日 10時44分

    一度ルールを覚えれば何度でも熱い駆け引きが味わえる、トランプの大富豪やUNOに並ぶ傑作と言っても過言ではない。大量得点を取ろうと目論んでいたらさっさとゴールしてしまう人が居て天から地獄の大量減点!ならば次はと速攻をかけようとするも敵に塩を送り続ける日々!もうこんなのは嫌だ!嫌だ嫌だと言いながらもう一戦、届きそうで届かない勝利がとても悔しいのである。プレイスペースは遊ぶ人の前にカードを少しだけずらしながら重ねて置く場所と、中央場札を並べる空間があればどこだって遊べます。なので昔はUNOを持って行ったキャンプや修学旅行にもし行けるとしたらこれを持っていくと思います。

    続きを読む
  • 88
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月21日 08時34分

    取っつきづらいルールの壁を乗り越えれば、とても楽しく素晴らしいカードゲーム。基本的には大富豪。各々好きなカードをプレイ。場にプレイされているカードと同じ枚数かつ自分がプレイしたカードより低い数字の全てのプレイヤーに攻撃が発生(強制)。攻撃側は相手のカード(攻撃対象の)を引き取るか拒否するか、攻撃された側はプレイしたカードを引き取るか(攻撃側が引き取り拒否の場合のみ)山札からか場札(常に6枚オープンになっている)から補充。プレイ出来たカードが1点、残り手札が-1点。誰かの手札が無くなった時点でゲーム終了。とにかく良くできたルールだと思う。細かく攻撃して数字の小さいカードを集めて一気に出そう...

    続きを読む

リプレイ 1件

  • 43
    名に参考にされています
    投稿日:2017年10月17日 07時15分

    ルール説明ではピンときてなかった二人も、いざ遊び始めるとすんなり飲み込んでくれました。それどころかかなり気に入ってくれて、連続9回も遊ぶことに。手札を強化するマネジメントが面白いですね!傑作!

    続きを読む

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿