マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 20分前後
  • 10歳~
  • 2014年~

アブルクセンYYYKKKさんのレビュー

613
名に参考にされています
2017年11月20日 00時04分

ものすごく面白いという噂を聞いていましたが、プレイしてみると確かにこれは面白い!

(最初のとっつきはやや悪いとはいえ)シンプルなシステムで、熱い駆け引きが味わえるよいゲームです。そして、かなりの深みがある!
定番ゲームと言われるゲームのゲーム性ってほんとにすごい、と思わせてくれます。

まず、どんなゲームか簡単に紹介をした後に、システムとゲーム性の考察をしてみます。

謎のきつねらしきキャラと、数字の描かれたカードの構成はつぎのようになっています。

  • 1-13までの数字
  • 同じ数字は8枚
  • ワイルドカードXが5枚

そして,ゲームは次のようにすすめていきます。

  1. 初期手札をランダムに13枚配る
  2. 山札から6枚をオープンする(この6枚は常に補充される)
  3. ひとりひとり順番に自分の手札から、自分の前の場にカードを場札】として出していく。出せるカードは,同じ数字のカードの組み合わせ(1枚もOK)
  4. 誰かが、手札を出しきったら,1ラウンド終了
  5. 上がった人は【場札】の枚数を点数に、残りの人は【手札】の枚数を減点にする。
  6. 人数分ラウンドをまわして、合計点の多い人が勝ち


簡単!

特に3と4が、トランプの大富豪と似ていると言われる所以だと思います。
が、本ゲームのプレイ感は大富豪とはまったく異なります。もちろんルールはこれだけではないのですが、他のレビュー記事でも、ルールの詳細は説明されていますし、なによりシンプルなルールですので、詳細に入るのは、避けます。

ポイントは、最終的な勝利点が自分が出すことができた場札】の枚数ですが、上がれなかった場合手札】の枚数が減点となることです。つまり手札】と場札】の管理が非常に重要なゲームです。

では、このゲームの面白さ、というか醍醐味について考察してみましょう。

僕としては、このゲームの面白さは、

  • すべてのアクションと選択に、メリットとデメリット双方がはっきりと張り付いていること
  • 同じ選択でも、情況によってメリットとデメリットの重みが変動すること

の2点に集約されるのではないか、と考えています。

ちょっと分かりにくいと思うので、表にしてみました

アクション
選択
メリット
デメリット
場札を出す
強い場札を出す
場札構築
攻撃されにくい場札が増える
(勝利に直結する最強アクション)
ない

弱い場札を出す
場札構築
不要な札を相手に攻撃させ、交換できる可能性が生まれる
(手札を回転させる重要アクション)
攻撃されやすい弱い場札が出てしまう
攻撃を行う
相手の場札を奪う
相手の場札を減らせる
自分の手札を強くすることができる
自分の手札が増えてしまう
相手に手札を強化できる可能性を与えてしまう
相手の場札を奪わない
自分の手札は増えない
相手の場札を減らすことができる
相手に手札を強化できる可能性を与えてしまう
攻撃を受ける
受けた自分の場札を手札に戻す
場札と手札を組み合わせて、さらに強い手札を作れる可能性がある
(弱い場札と関連)
自分の場札が減り,手札が増えてしまう
受けた自分の場札を捨てる
オープンな6枚と山札から手札を強化できる可能性がある
(弱い場札と関連)
自分の場札が減り,手札が増えてしまう

依然分かりにくいかもしれませんが、基本的には、すべてのアクションと選択が、自分か他プレイヤーの場札と【手札】にメリットとデメリットを与えているのがわかると思います。さらに、このそれぞれのメリットとデメリットの強弱が、

  • 自分の現在の【手札】場札
  • オープンされて見えている6枚の山札
  • ゲームの段階(だいたい前半は【手札】構築、後半は場札構築。もちろん重なります)
  • 他のプレイヤーの状況
  • 今まで出たカード

によって変動していきます。
この変動をとらえて,メリットの高い最適なアクションを的確に行い、良い【手札】を構築し、トップをうまく叩き、自分の場札】を構築し周囲より早く上がる。あるいは、上がれない場合は失点をできるだけ防ぐ。

簡単なルール、短時間のプレイ時間の中に、これだけの戦略と攻防がつまったゲームです。
すばらしいです

5
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • カツオ🐟
  • 駒A
  • mutsuki0083
  • YON
  • Nobuaki Katou
アブルクセン(日本語版)
アブルクセン(日本語版)の通販
数々のゲーム賞に輝く名作カードゲーム!手札をなくすだけのカンタンなお仕事です!
残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 1,980(税込)
YYYKKKさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 127興味あり
  • 796経験あり
  • 176お気に入り
  • 585持ってる
プレイ感の評価
運・確率11
戦略・判断力20
交渉・立ち回り5
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘14
アート・外見0
作品データ
タイトルアブルクセン
原題・英題表記Linko! / Abluxxen
参加人数2人~5人(20分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2014年~
参考価格2,037円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

YYYKKKさんの投稿

会員の新しい投稿