マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~5人
  • 40分~70分
  • 10歳~
  • 2019年~

ウイングスパンwaterさんのレビュー

151
名に参考にされています
2020年11月20日 17時51分

【バリアントルール導入】

ウイングスパンを何度か遊んでいると、同じようなプレイしかできず、なかなか点数にも張り合いがないような感じがあったので、以下のようなバリアントルールを導入しました。

①初期手札ドラフト:山札から5枚引いた後、1枚を手元に選んで残し左隣のプレイヤーに伏せて渡します。
②初期餌トークンの自由化と追加:好きな餌トークンを5個を獲得する。その後、初期手札で廃棄する鳥カードの枚数だけ、好きな餌トークンを獲得する。
③カラス系カードの除外:ゲームバランスを崩してしまうカラス系の鳥カードをすべて取り除く。
④ラウンド開始時に鳥カードのドラフトを行う:2~4ラウンドの開始時、プレイヤーは4枚のカードを山札から引き、ドラフトを行う。その後、鳥カードを獲得する場合は、獲得した鳥カードの枚数分だけ、好きな餌トークンまたは、タマゴを廃棄する。

【感想】

ある程度プレイ経験のある4人で行いました。

初期手札のドラフトを導入したことで、駆け引きが生まれ、他のプレイヤーに渡したくないカードを取ったり、強いカードが1人のプレイヤーに集中することを防げたのも大きかったです。

初期餌トークンは好きなものを自由にしましたことで、序盤の鳥カードの配置にストレスがなくなりました。ただし、自由にしすぎたことで序盤から高いコストのカードの乱立が起こったので、低コストの鳥カードがあまり人気でなくなってしまいました。初期餌トークンは、基本5種に追加する形がいいかもしれません。

また、ラウンド毎のドラフトを導入したこで、鳥カードの獲得にアクションを消費する機会が減り、より鳥カードを展開できるようになったので、よりプレイに戦略性が生まれたように思います。ラウンド開始時の鳥カードの獲得にタマゴと餌の廃棄を取り入れたことも駆け引きに幅を持たせたように感じました。

【まとめ】

通常のルールで刺激が少なくなってしまった愛鳥家のみなさんも、初心者プレイヤーもウイングスパンを楽しむ一助になればと思います。

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • winterkoninkske
  • 手動人形
waterさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 723興味あり
  • 1454経験あり
  • 627お気に入り
  • 1145持ってる
プレイ感の評価
運・確率65
戦略・判断力62
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見73
作品データ
タイトルウイングスパン
原題・英題表記Wingspan
参加人数1人~5人(40分~70分)
対象年齢10歳から
発売時期2019年~
参考価格6,500円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

waterさんの投稿

会員の新しい投稿