マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 60分前後
  • 13歳~
  • 2006年~

郵便馬車どじょうさんのルール/インスト

110
名に参考にされています
2019年03月20日 22時20分

目的:郵便網を確立して、勝利点を稼ぐ。


ボードにヨーロッパの地図が描かれており、そこに様々な都市がある。

また、都市は9つのエリアに分かれている。

カードを使ってゲームを行うが、カードは各都市の名前が書かれたものが1つの都市につき3枚ずつある。


勝利点の獲得方法

・郵便馬車の強化

・エリアの制覇

・長い郵便網の確立

・終了トリガーを引く

▽失点:建てられなかった郵便局の数だけ失点。


プレイヤーが手番にできることは以下のこと。

1フェイズ.カードを1枚引く(必須)

2フェイズ.カードを1枚プレイする(必須)

3フェイズ.郵便網を確定する(任意)

というアクションを数字の順に行い、次のプレイヤーの手番に移る。

全プレイヤーが手番を終了するまでが1つのラウンド。


以下、詳しい説明

1.カードを1枚引く

場に6枚の都市カードが見えている。それとは別に山札が裏向きになっている。

場のカードか山札のいずれかを選んで引く。

場のカードは引かれると、即時山札から補充され常に6枚となる。

☆任意で、もう1枚追加で引くことができる(計2枚)

☆任意で、カードを引く前に場のカードをすべて捨札にし、新たに山札から場にカードを出す。

※ 山札がなくなると、捨札をリシャッフルして補充する。


2.カードを1枚プレイする(絶対に1枚はプレイしなくてはならないことに注意)

手札のカードを1枚自分の前に置く。自分の前にカードが置かれていないのであれば好きなカードが置ける。

何かカードがあれば、横一直線になるようにその左端か右端に並べて置く。


カードを置くのには条件が2つある。

① その並びに既に置かれたカードは置けない。(過去に置いたかどうか、他人が置いたかどうかは問わない)

② 隣り合ったカードに書かれた都市同士が道で繋がっていなければならない。

つまり、都市カードが一本道で繋がるようにカードをプレイしていくわけだ。

両端にしかカードを置けず、同じ都市が使えないため分岐や引き返しができないことになる。


☆任意で、もう1枚追加でプレイすることができる(計2枚)


3.郵便網を確定する

自分の前に置かれたカードを清算して、そのカードに見合ったもの行動を取る。

まず、郵便網の確定には最低でも3つの都市カードを置いていなければならない。

置かれたカードが2枚以下の場合はこのアクションは強制パスになり、

置かれたカードが3枚以上の場合はアクションを行うかどうか選択できる。


郵便網が確定したら以下のことができる。

a.郵便局を置く

 郵便網に組み込まれた都市カードのどこかに郵便局を置く。

 置き方は2パターン。①各エリアに1つずつ。②1つのエリア全部。

 もちろん、自分が置いた都市カード以外には置けない。(追記あり)

b.エリアボーナス獲得

 郵便局を置いたときに、タイルに描かれた色のエリアすべてに郵便局が

 置かれたら最も勝利点の高いタイルを獲得する。

c.郵便網ボーナス獲得

 置かれたカードの枚数に応じて、ボーナスタイルが獲得できる。最低5枚。

d.馬車の強化

 置かれたカードの枚数に応じて、馬車の強化ができる。

 最初は3枚以上。次が4枚以上。続いて5枚、6枚、最後は7枚。

 ただし、1段階ずつしか進化できない。段階を飛ばして一気に進化!は不可能。

 ☆(必要枚数ー2)枚でも進化可能


これらが済んで、自分の前に置かれたカードをすべて捨札にする。

手札が3枚を超える場合は、越えた分を捨札にする。(郵便網確定後の手札は最大3枚)


お気づきだろうが、☆のマークがついたやつは1手番内にいずれか1つだけ使用可能である。

→ カードを2枚引く/場のカードの入れ替え/プレイ枚数2枚/馬車が簡単に進化

これらのどれかをラウンドに1回だけできる。それぞれ異なるフェイズでの使用となるので注意。

また、手番の初めに手札が0枚だった場合は「カードを2枚引く」しか選択できない。


終了トリガーは、すべての郵便局を配置する or 馬車を最終段階まで進化する。

誰かが上記の条件を満たしたラウンドの最後まで行い、勝利点が最も高いプレイヤーが勝ち。

同点の場合は終了トリガーを引いたプレイヤーから時計回りに手番の早い順。


(追記:郵便局の置き方)

都市カードはエリアごとに色が異なる。

自分がプレイした都市カードを見て、同色すべてを選ぶか各色1枚ずつを選び、

その都市に郵便局を配置する、と考えると良い。

エリアがABCあって

A1 A2 B C という郵便網を確立したとしよう。

その際、A1 B C / A2 B C / A1 A2 の3パターンの配置が考えられる。

(もちろん、Bだけ・Cだけもできるが、郵便局を配置するデメリットがないためできるだけ置いた方がいい)


また一度自分が置いた都市にもう1つ郵便局を置くことはできない。他人が置いたところは好きに置ける。

置くことができないだけで、選べないわけではない。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Nobuaki Katou
どじょうさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 92興味あり
  • 225経験あり
  • 27お気に入り
  • 149持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力9
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘1
アート・外見4
作品データ
タイトル郵便馬車
原題・英題表記Thurn and Taxis
参加人数2人~4人(60分前後)
対象年齢13歳から
発売時期2006年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

どじょうさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク