マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~8人
  • 10分~45分
  • 12歳~
  • 2014年~

タンクハンター:第2版稲妻老人さんのレビュー

134
名に参考にされています
2018年04月19日 07時52分

このゲームは、戦車戦のバトルロイヤルを楽しむゲームです。

以下、視点を昔のタンクハンター、タンクバスターをプレイした事のある人の目線で語ります。

これらのゲームを未プレイの方は純粋に戦車戦を楽しんで下さい。


昔のタンクハンター、タンクバスターと異なり、ユニット(戦車、砲兵、歩兵)は

配布ではなくドラフトで取得する事になりました。

この為、全員の部隊が何となく分かっている事になります。


索敵に関してもルールが変更になっています。

各ユニットが持っている索敵値以下の目が出ると、その数だけ索敵が可能になりました。

これはダイナミックな変更ですね。

なので、強力なユニットだけがいても、索敵が出来ないと全く攻撃出来ない事になりかねません。

索敵能力の高いユニットは貴重です。


戦闘に関しては基本的に同じです。

戦車同士は徹甲弾で撃ち合いますし、歩兵は戦車に対して肉薄攻撃をします。

他も同様です。


そしてプレイしてみた感想なのですが、あくまでも個人的な感想なのですが、


 「爽快感がない」


という気がしました。

無い物ねだりなのかもしれませんし、後発の続編を入れればまた違った印象になるのかもしれませんが、タンクハンター第2版に関してはこれしか遊んでいませんので何とも言えません。


ゲームとしては良くまとまっていると思いますし、ドラフトをする事で各プレイヤー間の戦力の均衡が図れていると思います。

でも、圧倒的戦力の前に為す術もなく破壊されていく滅びの美学みたいなものがありませんでした。

年寄りの単なるノスタルジーかもしれませんが。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
稲妻老人さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 7興味あり
  • 25経験あり
  • 1お気に入り
  • 41持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルタンクハンター:第2版
原題・英題表記TANK HUNTER: 2nd Edition
参加人数2人~8人(10分~45分)
対象年齢12歳から
発売時期2014年~
参考価格3,000円
クレジット
ゲームデザイン吉澤淳郎
アートワークM.WOLVERINE
関連企業/団体アークライト(Arclight)ホビージャパン(Hobby Japan)
拡張/関連元タンクハンター(TANK HUNTER)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

稲妻老人さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク