マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

大きさ比べFox's Party / Fuchs & fertig

各自に12枚のカードが配られます。

表は見ちゃダメですよー。

それを山札にして自分の前に置きます。


カードには7種類の動物のどれか1つの絵が描かれています。


で、余ったカードから場に1枚カードを表にして出します。


ルールは簡単。

自分の番になると、自分の山札の1番上のカードをめくるのですが、

それが場のカードの動物より大きいか、小さいか、同じかをまず宣言。

みごと当たっていれば、自分の番をさらに続けられますが、

好きなとこでやめていいです。


当たったまま終われば、場に出したカードはそのまま重ねて

次の人の番になりますが、

もしハズれば、今の自分の番で当たっていたカードは全部、

自分の山札の底に戻され、そこで自分の番が終わります。


自分の12枚のカードを早くなくした人の勝ち。


これって運ゲーじゃん

そーです。途中までは運ゲーです。

しかし、自分の当てれなかったカードは自分の山に戻されるので

途中から記憶力ゲームになります。


つまり当てて、自分の山札の数を減らそうが

ことごとくハズしていこうが、12枚の山札を一巡すれば

自分の山札になんのカードが、どんな順番で重なっているかが

わかるのです。


記憶力が良ければ、後半、自分の番で

次々当てまくれる怒涛のラッシュができます。

これが決まれば、メチャ気持ちいいです。

そして、相手が決めれば、おお!と素直に称賛できます。


そーでなくても、いいところで止めて

自分の山札を徐々に減らしていけば、

あれ、確か、さっきクマでハズしたけど、

まだクマ出てへんやん。とーゆうことは、

この残ったカードはクマやな。

とゆーこともできます。


あるいは、7種類しか動物がいないので、

例えば、アリより小さい動物はいないし、クマより大きい動物もおらず、

そーいった動物なら、同じか、小さいまたは大きいと二択になり

運がよければ、全て運任せで勝つこともありえます。


手札の並び順もあるので、記憶力勝負だけになってないのが良いです。


6歳からですが、5歳からでもでき、

うちの息子は家族3人プレイで何回か勝ってました。


ちょっとだけ暇なとき、あるいは寝る前なんかに、

サクッとやるにはもってこいなのですが、

単純なので、ガッツリ感はないかな。


ちなみに、

全てのカードに7種類の大きさ表が載っているので

小さい子でも瞬時に大きさを判断できる点は素晴らしいです。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:レモネード
マイボードゲーム登録者
  • 5興味あり
  • 39経験あり
  • 3お気に入り
  • 37持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見1
作品データ
タイトル大きさ比べ
原題・英題表記Fox's Party / Fuchs & fertig
参加人数2人~5人(10分前後)
対象年齢6歳から
発売時期2011年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 54
    名に参考にされています
    投稿日:2018年05月20日 22時52分

    小4と、2人でプレイした感想です。ベルンハルト・ヴェーバーがデザインした、動物の体の大きさを比べて山札を早く無くしたプレイヤーが勝利する、2人〜5人用のカードゲームです。カードに使われている動物は、体が小さい方から、アリ、カタツムリ、カエル、ハリネズミ、狐、鹿、熊の7種類です。カードは、アリと熊は8枚ずつで、残りは各9枚の計61枚です。このカードを、各プレイヤーに12枚配り、裏向きで各プレイヤーの山札とします。プレイヤーは、自分の山札をいち早く無くせば勝利します。スタートプレイヤーは、最近動物園に行ったことがあるプレイヤーで決めます。そして、スタートプレイヤーは、まず自分の山札を1枚表に...

    Nobuaki Katouさんのレビューを読む
  • 66
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月20日 23時48分

    各自に12枚のカードが配られます。表は見ちゃダメですよー。それを山札にして自分の前に置きます。カードには7種類の動物のどれか1つの絵が描かれています。で、余ったカードから場に1枚カードを表にして出します。ルールは簡単。自分の番になると、自分の山札の1番上のカードをめくるのですが、それが場のカードの動物より大きいか、小さいか、同じかをまず宣言。みごと当たっていれば、自分の番をさらに続けられますが、好きなとこでやめていいです。当たったまま終われば、場に出したカードはそのまま重ねて次の人の番になりますが、もしハズれば、今の自分の番で当たっていたカードは全部、自分の山札の底に戻され、そこで自分の...

    レモネードさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク