マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~5人
  • 20分~30分
  • 9歳~
  • 2017年~
106
名に参考にされています
2018年09月19日 10時33分

 村の人生や脱出:ザ・ゲームなどを手がけたブラント夫妻による、名作スコットランドヤードのカードゲーム化作品です。

 すべての刑事が脱落するか山札が尽きるまでにプレイヤーの中に潜むミスターXをあぶり出して白日のもとにさらけ出すのが目的です。もちろんミスターXはそれまで逃げ通すことが目的になります。

 どこにいるのかを探るのではなく誰がミスターXなのかを探る正体隠匿ゲームになっていて、チケットによる移動はチケットによるアクションに変わっています。
 正体がバレたあとも刑事たちとミスターXの攻防は続き、ミスターXは更に強力なアクションが行えるようになります。
 ゲームの展開は早く、正体がバレた後の攻防はかなりスリリングなものになります。そして時にまたミスターXは正体を闇の中に溶け込ませてしまうのです。

 題材の消化が素晴らしくまとまっていて、スコットランドヤードらしさを感じることができます。どちらの陣営もいろいろな戦略が考えられますが、正体が割れずに疑心暗鬼なうちは捜査で手札を確認に行くのが優先になるでしょう。正体がバレればどんどん手札を抜かれるので4枚引きや、まだまだ早い段階ならまた隠れてしまうのもいいかもしれません。
 不思議と2,3戦したくなる手軽さと面白さがあるので良作なカードゲームだと思います。

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • きむにぃ
  • まつなが
一斗さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 23興味あり
  • 107経験あり
  • 16お気に入り
  • 59持ってる
メカニクス
プレイ感の評価
運・確率4
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルスコットランドヤード カードゲーム
原題・英題表記Scotland Yard: Das Kartenspiel
参加人数3人~5人(20分~30分)
対象年齢9歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

一斗さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク