刑事が怪盗を捕まえるか、怪盗が逃げ切るか!1人の怪盗を追う刑事たちの協力プレイゲーム!

舞台はロンドン、市街地に潜む怪盗Xとそれを追う刑事たちが縦横無尽に駆け巡ります。
1人は怪盗Xとしてゲームボードに示されたゲームボード上のどこかに潜伏し、いろいろな乗り物を使って市内を移動していきます。他のプレーヤーは刑事として怪盗Xを追います。怪盗Xから示された移動手段などをヒントに、怪盗Xのいると思われる位置を考えて居場所を突き止めます。こうして逃げ切った場合は怪盗X側の勝ち、途中で刑事の誰かが怪盗Xを捕まえた場合は刑事側の勝ちとなります。

移動手段には、タクシーとバス、地下鉄があり、チケットを使用して移動します。刑事側が使ったチケットは怪盗X側に渡るので、怪盗X側が移動手段に困ることはあまりありません。逆に刑事側はチケットが有限のため、後半になるにつれ移動先が制限されていきます。また、怪盗X側には専用の船という移動手段もあります。

怪盗Xが移動した情報は基本的には開示されません。但し、24回のターンのうち5回だけ居場所を公開する必要があります。移動手段と居場所情報を頼りに、刑事側は怪盗Xを追い詰めていくことになります。

刑事が置いたコマの場所に怪盗Xがいる場合、逮捕となって刑事側プレーヤーが勝利します。24回のターンを凌ぎきって捕まらなかった場合は怪盗Xプレーヤーが勝利します。

居場所を突き止める推理力とヒントから導き出される心理戦が物をいう、1対多の対戦ゲームです。何人かで考えるのも良し、少人数で刑事コマを複数使ってプレイするのも良しなので、いろんな場面で楽しめます。移動した内容を怪盗Xが控えているので、捕まえられなかった場合はそこから反省点を挙げるのも良いと思います。歴史あるボードゲームで、東京など別の舞台を用意したエキスパンションもあるので、気に入った方は購入を検討してもよいと思います。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ボドゲーマ運営事務局ボドゲーマ運営事務局
  • 59興味あり
  • 385経験あり
  • 68お気に入り
  • 255持ってる
販売中の商品
プレイ感の評価
運・確率6
戦略・判断力14
交渉・立ち回り7
心理戦・ブラフ9
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルスコットランドヤード
原題・英題表記Scotland Yard
参加人数3人~6人(45分前後)
対象年齢10歳から
発売時期1983年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 5件

  • 138
    名に参考にされています
    投稿日:2017年08月17日 23時27分

    子供と一緒に犯人探しも出来るし、大人だけでガチの捜査線を敷くことも出来る幅が広いゲームです。捜査一課長と犯人をプレイする人によって、盛り上がり方が変わってしまいますが、力量が拮抗した時の捜査会議は非常に盛り上がる!デカを二手に分けて絞り込むもよし、広範囲から徐々にローラーをかけるもよし。あーでもない、こーでもない、ワチャワチャやるのが本当に楽しい。出来れば大人数でキャラになりきって捜査出来れば爆発力は凄まじい。我を通しすぎても冷めてしまうのでメンバーでゲームバランスが変わってしまうリスクはあるものの、子供に論理的思考を教えるキッカケであったり、お酒と一緒にデカを演じきるには非常に盛り上が...

    続きを読む
  • 107
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月09日 18時24分

    プレイヤー1人が怪盗となり他のプレイヤー全員から追いかけ回されるゲームです♪普段子供らと遊んでるので、自分が怪盗となれば入り口としてとてもやり易いです。小中学生とやる場合、ガチンコでやったら大人パワーでまぁ逃げ切れます(笑)ガチンコも嫌いではないですが、気付かれずに手加減しやすいゲームかと思います♪ 息子の友人達とプレイしたとき「むひょーっひょっひょっひょ!」と笑う怪盗の役作りをしたら大ウケでしたので宜しければどうぞ♪(笑)

    続きを読む
  • 102
    名に参考にされています
    投稿日:2016年08月25日 14時31分

    ロンドンを舞台に、ミスターXと5人の警察の間で行われる鬼ごっこゲームです。ミスターXは警察を翻弄しつつ、24時間捕まらなければミスターXの勝利、逆に時間内にミスターXを捕まえることができれば警察の勝利となります。.ゲーム的には、1ターンを1時間に見立て、24ターン、ミスターXが逃げ切れば勝利となります。ミスターXの所在地は分かりません。警察側が知る情報は基本的に何の交通手段で移動を行ったかという情報だけです。交通手段は「タクシー、バス、鉄道」の3種類があり、それぞれで移動できる距離が異なります。ただ、ミスターXはエンターテイナーであり、規定のターンに所在地を明かすことが義務付けられます。...

    続きを読む
  • 54
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月18日 13時02分

    1982年ドイツゲーム大賞受賞作です。犯人側(1人)と捜査官側(5人)に分かれての対決となります。捜査官側にはヒントを基に犯人の足取りを追うという地道な思考が求められます。また、捜査官側は5人まで参加可能なのですが、思考する人が2人くらいになり、その他の人は言われるがままの作業をするだけになってしまう場合があります。ただ、捜査官側も犯人側も勝利に向かってハラハラする展開を楽しめると思います。刑事側は全員の意見を尊重するとより楽しめるのかな。個人的には犯人側の方が楽しかったです。東京版も出ているのでやってみたいです。

    続きを読む
  • 49
    名に参考にされています
    投稿日:2016年02月28日 15時16分

    内容はボードゲーム版の鬼ごっこです。Mr.Xは刑事から逃げ切ったら勝ち、刑事チームはMr.Xは捕まえたら勝ち。移動手段はタクシー、地下鉄、バスと限らていますがどの交通機関を利用したかを公開しなければならず、また最初はMr.Xは何処にいるのか分かりませんが、5回に1回は必ず姿を現さなければなりません。刑事はこれらの情報を元に逃げた先を推理し、Mr.Xは交通機関の情報を隠したり、2回連続移動という特殊能力を駆使してゲームが終わるまで逃げ切ります。逃げる側と追う側、どちらもハラハラドキドキで楽しいです!

    続きを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

  • 104
    名に参考にされています
    投稿日:2017年09月19日 11時09分

    盗賊は基本、タクシーで逃げた方がよい電車やバスは場所が限られているので足跡から行動が読まれ、逮捕されます盗賊的スイートスポットは・タクシー1回で電車やボートに乗れる場所なぜならば二回移動で一気に移動できるから・タクシーでの逃げ道が多く入り組んでいる場所警察にしたらどちらに移動したか勘で当てなければならないため十分な包囲網を敷けていないと捕まえられないまた、盗賊としては時には警察側に向かって進み、包囲網をすり抜ける覚悟も必要特に居場所がバレた後はやつらは包囲網を狭めて囲ってきます警察の囲う動き、包囲網の方向性を読み、包囲網をすり抜け、秘密の電車などで反対側に逃げましょう警察としては移動手段...

    続きを読む

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿