マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~8人
  • 60分~80分
  • 10歳~
  • 2012年~

成敗Ellisさんのレビュー

136
名に参考にされています
2018年04月14日 22時29分

強力な能力とステータスを持った悪人を成敗するため、協力して戦うゲームです。

悪人はプレイヤーと同じ数設定されており、基本的には全ての悪人に勝利することで、ゲームクリアとなります。


悪人との戦いはスピード・攻撃力・体力の3つのパラメータで競います。敵も味方も、色々なカードの効果を付与することで、パラメータを上げる事が出来ます。

敵には予め決められた枚数のカードが裏向きでセットされており、最後の決戦のタイミングでカードが全て表になり、パラメータが判明します。

自分のターンにカードを消費することで、相手の裏向きのカードを確認することが出来るので、予め情報を得て、相手の弱点を付けるようなパラメータに成長させていきましょう。


ただし、各プレイヤーには制限時間があり、パラメータを上げたり、敵の情報を確認したりすると、この制限時間を消費していきます。

情報を得る事に専念しすぎると、強化の時間がなくなってしまうため、上手くバランスを取る事が非常に重要です。

協力型のゲームですので、他のプレイヤーにカードを見てもらい、教わった情報でパラメータを上げていく、と役割を分担する事が攻略のポイントとなります。


ルールとしては以上になります。

私も何度もプレイしていますが、このゲーム、クリアするのが非常に難しいです。恐らく私の経験上、勝率は10%にも満たないかも。

プレイヤー全員がそれぞれ別の悪人を倒さないといけないため、情報収集に専念していたキャラクターが強化出来ないと、1人でも負けてしまった時点でクリア失敗となってしまいます。


また、基本的に敵の情報を全て見る時間はないので、最終的には「見えなかったカードが、強いカードじゃありませんように」と神頼みになってしまう瞬間も。


プレイ感としても比較的重く、労力を使うので「負けてももう一回!」という空気にはなり辛いと思います。

基本的には負けを繰り返して、運が良ければ勝つ、というバランスになっていると思うので、“マゾゲー”が好きな方は、プレイしてみても良いかと思います。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
Ellisさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 31興味あり
  • 189経験あり
  • 29お気に入り
  • 141持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力3
交渉・立ち回り4
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル成敗
原題・英題表記Say Bye to the Villains
参加人数3人~8人(60分~80分)
対象年齢10歳から
発売時期2012年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインカナイセイジ(Seiji Kanai)
アートワーク未登録
関連企業/団体カナイ製作所(Kanai Factory)
拡張/関連元新・成敗(2016年)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Ellisさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク