マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 60分~90分
  • 13歳~
  • 2018年~

ルートmaroさんのレビュー

759名 が参考
0名 がナイス
11ヶ月前

可愛らしい見かけと異なり、序盤から陣取りが繰り広げられる。

担当する種族により全く異なるプレイ感が楽しめる。

マルコポーロなどは強烈なバリアブルプレイヤーパワーでボードゲーム界を震撼させたが、このルートに至っては種族ごとに実行できるアクションが違い、初期配置のパワーバランスまで異なるという驚天のシステムが採られている。そして内容はかなりウォーゲームライクな味付けである。

ベースゲームでは4種類の種族が使用可能。拡大再生産の得意な猫、カードプロットによる規制が厳しい鷲、ゲリラ的なデッキ構築のネズミ、単身でアイテムやカードを駆使して立ち回るタヌキ。

まるで宮崎賢治の、注文の多い料理店ばりの動物たちの特徴付けには驚いてしまうが、やはり種族により扱い易さ、難易度にばらつきがでてしまうのは仕方の無いところか。

本質的にはユニットを増やし、移動させてエリア内のユニットの多寡を競うゲームである。判定にはダイスを使用することもある。

ウォーゲームライクと述べたが、プレイを開始すればユーロゲームの陣取りの範疇に収まる作品であり、リソースやアイテムの獲得などもあって肩肘張らずに楽しめる。ただ、狭めのマップと相まってインタラクションはバリバリなので、プレイヤーは選ぶだろう。

構造上、ルーリングが複雑なのもなかなか難しいところ。プレイ前にマニュアルを読み込んでおくことが求められる。

2020年夏には拡張の発売と共に待望の再販も行われ、多くのプレイヤーが関心を持っていると思うが、ゲーマー向けの範疇の作品であることは申し添えておく。同系統のゲームでは、スモールワールド、主計将校などのほうがよほどプレイアビリティは高い。

それはさておき、いずれにせよエンターテインメント性の高いエリアマジョリティの1つの形として高く評価されるべき作品には間違いない。

評価8/10  重さ7/10

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
maro
maro
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 597興味あり
  • 587経験あり
  • 213お気に入り
  • 545持ってる
プレイ感の評価
運・確率8
戦略・判断力26
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘22
アート・外見26
作品データ
タイトルルート
原題・英題表記Root
参加人数2人~4人(60分~90分)
対象年齢13歳から
発売時期2018年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

maroさんの投稿

会員の新しい投稿