マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~7人
  • 20分~40分

列強の興亡稲妻老人さんのレビュー

106名 が参考
0名 がナイス
2ヶ月前

このゲームは第二次世界大戦期の覇権を争うゲームです。

領地には点数が記載されており、その合計点数が高い人が勝者となります。

「じゃあ、点数の高い領地だけを狙えばいいのでは?」

と考えがちになりますが、そうは問屋が卸さないのです。

自分の領地と繋がっていない領地は攻撃が出来ないのです。

そう、領地もカードで表現されていて、その領地には繋がっている領地が記載されています。

領地はこんな感じになっています。

例えば自分の最初の領地が日本だったとします。

そして運良くフランスが中立国(誰の領地でもない国)だったとします。

でも悲しいかな、日本とフランスは遠いので、途中の領地を地道に奪取するしかありません。

ここがこのゲームの最初のジレンマとなります。

次に問題となるのが部隊移動の問題です。

海上を経由して領地を攻める場合には、航空機あるいは艦船の参加が必須となります。

また陸上を経由して領地を攻める場合には、艦船が使用出来ません。

この事が2つ目のジレンマとなります。

例えば島国である日本では、飛行機または艦船が必須となります。

もし手札に陸戦兵器しかなかったら。。。艦船か飛行機が来るのを信じて待ちましょう。

最後に、戦闘を行った場合、戦闘に参加した全ての兵器は基本的には全て捨てられます。

ただし、戦闘に勝利して、なおかつ使用した兵器の生産国を領地として保持している場合には、

その兵器を手札として戻す事が出来ます。

戦闘は勝っても負けても、戦力が大きく低下する博打なのです。

そして運悪く全ての領地を失ってしまったあなたに朗報です。

あなたは革命家となり、いきなり何処かの領地を襲う事が出来ます。

なんと便利な事でしょう。

そして侵攻方向も勝手に決められます。

ですから勝利に邁進しているプレイヤーがいても油断はならないのです。

それでも生産国のほとんどを抑えられてしまうと厳しいのは確かです。

そういう時は「イベント」に頼りましょう。

何とかなるかもしれません。

そして1度低下した戦力を補強している間に、ハイエナがあちらこちらから襲いかかってくる事でしょう。


あまり今時なゲームではありませんが、たまにはこういうガチの殴り合いのゲームも一興かと思います。


この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
稲妻老人
稲妻老人
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 4興味あり
  • 6経験あり
  • 4お気に入り
  • 6持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力2
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘2
アート・外見1
作品データ
タイトル列強の興亡
原題・英題表記REKKYOU NO KOUBOU
参加人数2人~7人(20分~40分)
対象年齢未登録
発売時期未登録
参考価格2,160円
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワーク上田 信(Shin Ueda)
関連企業/団体トムボーイ(TOMBOY)東栄紙器印刷株式会社
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

稲妻老人さんの投稿

会員の新しい投稿