マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 30分前後
  • 12歳~
  • 2017年~

ペーパーテイルズbtailさんの戦略やコツ

192
名に参考にされています
2019年08月17日 12時45分

【収納方法の紹介】

できるだけ準備・片づけを楽にするために私が実践している収納方法を紹介します。ただし、以下のようなデメリットもあるため、採用の際はご自分の判断でお願いいたします。

  • 元から付いている内箱を取り去る必要がある。
  • メインボードを箱の底にしまうので、メインボードが取り出しにくくなる。


拡張「禁域への門」も一緒に収納していますが、拡張なしの場合の収納にも参考になるかと思います。
※カード類はスリーブに入れていない状態です。


プレイヤーエイドカードと建物カードはセリアの45枚用トレーディングカードケースへ。あらかじめ各プレイヤー分を取り分けているので、このケースをプレイヤーに配るだけで準備ができちゃいます。ケースにだいぶ余裕があるので他のもっと小さいケースへの収納を考えてもいいかも。


ソロモード用のカード(プレイヤーエイド、ネクロポリスカード、リッチキングカード)も一つにまとめてセリアの45枚用トレーディングカードケースへ。


プレイを通じてやりとりするコイン類(金貨カウンター、経年カウンター、50勝利点トークン)をまとめてキャン★ドゥで購入した「シェルビー仕切ケース スモール」に収納。 いわゆる銀行ですね。それにしてもホントこのケース使いやすいです。


一方で、プレイ開始時にセットするもの(勝利点マーカー、ラウンドマーカー、建物タイル)をまとめてセリアで購入した仕切りケース(セパレートボックスSSサイズ)に。 


ユニットカードは一般的なデッキケースに収納。深さがペーパーテイルズ本体の箱と同じぐらいなので、ちょうどよく収納できます。


メインボードはこんな感じで箱の底へ。ちょうど収納できるんですが、内箱が入ってた時に比べるとやっぱり少し取り出しにくいですねえ。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
btailさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 111興味あり
  • 419経験あり
  • 90お気に入り
  • 245持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力9
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘7
アート・外見7
作品データ
タイトルペーパーテイルズ
原題・英題表記Paper Tales
参加人数2人~5人(30分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

btailさんの投稿

会員の新しい投稿