マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~5人
  • 30分前後
  • 10歳~
  • 2017年~

ぱんぐりパークドラさんのレビュー

113
名に参考にされています
2017年11月18日 22時48分

『感覚を研ぎ澄ませ!音と記憶のフェアリー捜し』

ゲームマーケット2017秋にluck moviesより頒布予定の新作「ぱんぐりパーク」のテストプレイに参加させて頂いた際の情報です。


※テストプレイに参加させて頂いた時の情報なので、製品版とは若干異なる部分があるかと思いますがご了承下さい。


まず、各々にフェアリーカードを1枚配布し、自分に配られたフェアリーカードの内容を確認します。


自分の番が来たら、ダイスを投げ入れ、ダイスの止まった位置に対応するフェアリーの情報を、全員目を閉じて、掛け声と同時に手を指定回数叩き、他のプレイヤーに知らせます。


これを繰り返し、他のプレイヤーの持っているフェアリーの3つの数の情報をすべて言い当てることが出来れば、当てて貰ったプレイヤーと当てたプレイヤーの両方にポイントが入るというゲーム。


ゲームの特徴は

 ①目を閉じて、音を全員同時に立てるので、誰のフェアリーの情報なのか聞き分けるのが分かりにくい

 ②要素3つ全てを当てなければならないので、途中で記憶があやふやになる

という部分で、音と記憶のフェアリー捜しという訳です。


実際のプレイ感は上記2つの要素で、内容を聞く限りでは簡単そうなのに、実際にやると結構正解を導くまでに誤答が発生し、他の人の誤答情報から回答を奪おうと企むも、自分の注意していたプレイヤーの音情報と混同してしまうという部分が非常に面白く感じました。


また、アートワーク担当のアラレちゃんの命を吹き込んだフェアリーカード達が可愛く、各フェアリーカードにはモチーフがあるそうなので、そんな事をイメージするのも楽しいゲームとなっています。

可愛いフェアリー達を音と記憶を頼りに捜す「ぱんぐりパーク」は小学生程度のお子様も十分に遊べるシンプルなルールで盛り上がれるゲームとなっています。


ゲームマーケット2017秋にて、試遊卓も準備してある様なので、気になる方は2017年12月2日,3日にビックサイトへGOですね。


こちらのゲームはゲームマーケット2017秋にてA-025,026のLuck moviesで頒布予定となっております。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
ドラさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 3興味あり
  • 13経験あり
  • 0お気に入り
  • 8持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルぱんぐりパーク
原題・英題表記Panguri Park
参加人数3人~5人(30分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインイマイ
アートワークアラレちゃん
関連企業/団体らっくむーびー(Luck Movies)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

ドラさんの投稿

会員の新しい投稿