マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

花火Hanabi

頼りは周りのヒントだけ!みんなで綺麗な花火を打ち上げる協力型ボードゲーム

花火はいわゆる協力型のボードゲームです。手持ちのカードを順番に出して、花火を完成させるのが目的になります。花火を完成させる方法も簡単!同じ色の花火を1から順番に場に出していけばいいだけ。

一見楽勝に見えるこのボードゲームですが、実は滅茶苦茶難しいのです。どうしてでしょう?その理由は・・・なんと自分のカードを見てはいけないからです!1人5枚ずつ手札のカードを配った後、このゲームではカードの柄がまわりに見えるように裏返しで持ちます。その状態で、順番にカードを出して行かなければなりません。

しかし、場に出せないカードを出してしまうとその時点で打ち上げ失敗・・・3回失敗してしまうとゲーム終了になってしまいます。当てずっぽうにカードを出すわけにもいかないので、自分の手番では相手にヒントを出すという選択肢も取る事ができます。実はこのヒントがこのゲームの最大のミソ。もちろん、なんでも教えて良いわけではありません。

相手の持っているカードの中の、特定の1つの色か数字の情報のみしか教えてはいけないのです。「2番目と3番目のカードが赤!」「5番目に持っているカードが1!」このようなヒントの出し方になります。そのヒントを聞いた上でカードを出したり、時には捨てたりして花火を作っていくのです。

ヒントも無制限に出せる訳ではありません。同梱されている青色のチップの数が、出せるヒントの数になります。できるだけ少ないヒントで花火を完成させるには、「相手が何故今このヒントを出したのか?」という裏の裏の裏までしっかり考えなければならないでしょう。色々上手くいかない事もきっとあると思いますが、そんな困難を乗り越えて打ち上げられた花火はとても綺麗に見えるはずです。是非お友達と、最高の花火を打ち上げてみて下さい!

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ボドゲーマ運営事務局ボドゲーマ運営事務局
マイボードゲーム登録者
  • 200興味あり
  • 1382経験あり
  • 246お気に入り
  • 858持ってる
プレイ感の評価
運・確率14
戦略・判断力21
交渉・立ち回り16
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見5
作品データ
タイトル花火
原題・英題表記Hanabi
参加人数2人~5人(25分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2010年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 17件

  • 114
    名に参考にされています
    投稿日:2019年08月02日 12時31分

    このゲームでビックリするのは日本の作品ではないということです。確かイタリア?ドイツ?優秀だと思うのは、プレイ人数の違いで変更が必要なのが、手札枚数だけなのでセットアップ(ゲームの準備)が楽です。あと、個人的な話ですが、今までの最高得点は2人プレイで24点です。同じ人と繰り返しプレイすると辿り着けるのかな?25点まであと一歩!私自身はポンコツなので、相方の運と勘に任せることになりますが。。。

    Camelooraさんの「花火」のレビュー
  • 157
    名に参考にされています
    投稿日:2019年07月31日 14時27分

    5色の花火(スペシャルを入れると6色)をうちあげよう!でも、打ち上げるには順序が必要。大前提として、自分の手札は、自分は一切みれません。周りを信用して皆で協力して5色の花火を一緒に打ち上げます。5色の花火はそれぞれカードに「1~5」の数字が記載されています。花火のあげかたは、必ず1から出して、最後に5の数がだされてドドンッと大花火が打ちあがります。細かいルールは省きますが、自分の手番でできることは3つ。①カードを出す②カードを捨てる③誰かのカードを見て、その人の持っているカードの数字か色を伝える。このとき、③を選択した時は誰かが持っている手札に対して行います。伝えられるのは、『数』か『色...

    ボドゲ好きのてんちゃんさんの「花火」のレビュー
  • 62
    名に参考にされています
    投稿日:2019年05月30日 15時01分

    某ボードゲーム専門店にてプレイして購入。運とチームワークのバランスが絶妙なゲームです。また、記憶力も結構必要なゲームです。妻と2人で何十回プレイしてようやくパーフェクトが出せました。ネックとなるのは、別途でカードを立てるためのものが必要なことです。(私は100円ショップで大きめのクリップを使用してます)

    デミーさんの「花火」のレビュー
  • 89
    名に参考にされています
    投稿日:2019年03月16日 08時21分

    自分の手札を知っているのは他プレイヤーだけ、他プレイヤーが教えてくれるわずかな情報から手札を推理する協力ゲーム。お酒とセットで遊ぶと情報がうろ覚えになって難易度が極端に上がります。ルールは簡単で初心者からベテランまでオススメできる軽ゲームです。

    モグラさんの「花火」のレビュー
  • 186
    名に参考にされています
    投稿日:2019年03月11日 22時43分

    このゲーム、正直難しい。真面目にやろうとするとガチなリソース配分と、カード運がかみ合わなければクリアできないため、初見プレイヤーがいる状況ではまず5色全ての花火が打ちあがることは稀である。しかし、そんなゲームを面白くしている要素が「ヒントを出す以外は会話をしてはいけない」これ。つまり、日本人が好きな空気を察する能力がフル稼働されるのである。たぶんこのタイミングでこのヒントくれたってことは、こうなんだろうなぁ・・・と手札を察して場に出す。正解すると、カード出した側もヒント出した側も、意図が伝わってニヤッとする。これが楽しい。実際、集まってボードゲームをやっているわけなので、完全に黙りこくる...

    めっさーさんの「花火」のレビュー
  • 221
    名に参考にされています
    投稿日:2018年11月12日 05時27分

    アソビCafeで、5人でプレイした感想です。世界の七不思議や東海道、パクパクなどをデザインした、アントワーヌ・ボウザによる協力ゲームで、プレイヤーは自分の手札が見れずにプレイしていき、5色の花火を上手に打ち上げるという内容です。このゲームは、2013年のドイツ年間ゲーム大賞(SDJ)を獲得している、唯一の小箱のカードゲームです。コンポーネントは、花火カードが赤、青、白、緑、黄の5色で、数字の1が各色3枚ずつ、2~4は各色2枚ずつ、5は各色1枚ずつの50枚と、間違ったカードを場に出した場合にもらう青チップ3つと、他のプレイヤーにヒントを与えるときに使う赤チップ8つです。ゲームは、各プレイヤ...

    Nobuaki Katouさんの「花火」のレビュー
  • 212
    名に参考にされています
    投稿日:2018年07月24日 15時17分

    七並べをみんなで完成させます、ただし自分の手札は見えなくて他の人のは見える、相談は禁止で相手が教えてくれるヒント(相手手札の数字or色の総枚数)だけを頼りに手札カードを出して順番通りに繋げていく、そんな感じのゲームです。自分の手札カードをどこに出して欲しくて、この場面であの人はこのヒントを言ったのだろうか、等を楽しむゲームかなと。流行りの言葉で言うと忖度ゲームです。ルールも簡単で絵柄も素敵です。花火が完成した時は盛り上がりました。しかしこのゲーム、空気読めない私はとても苦手でした。けれど一緒にやった人が面白かったのでまたやりたいと言っていたので、合う人に楽しめるゲームだと思います。

    トメさんの「花火」のレビュー
  • 201
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月22日 13時44分

    ・協力型ゲーム・戦術ゲーム・最適人数4人英語版と日本語版もあります。日本語版は正方形の可愛い感じで、柄も見た目キレイです。こんな感じで大きさや見た目が違う。ゲームの進行は、プレーヤーが手にもってやるよりは、カードスタンドを用意すると良いかと思います。こんな感じのカードスタンド、だいたい4個入りとかで売っていると思います。このゲームは最初に配られた4枚のカードを【自分では見れない】状況でゲームを進めていきます。他のプレーヤーのカードは見れるので、他の方に「ヒント」をもらいながら自分の持ち札を予想して、ゲームを進行していきます。こんな感じで、互いに向き合ってゲームを進行…同じ色の花火を「1か...

    おざかつ大魔王さんの「花火」のレビュー
  • 65
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月22日 13時44分

    ・協力型ゲーム・戦術ゲーム・最適人数4人英語版と日本語版もあります。日本語版は正方形の可愛い感じで、柄も見た目キレイです。こんな感じで大きさや見た目が違う。ゲームの進行は、プレーヤーが手にもってやるよりは、カードスタンドを用意すると良いかと思います。こんな感じのカードスタンド、だいたい4個入りとかで売っていると思います。このゲームは最初に配られた4枚のカードを【自分では見れない】状況でゲームを進めていきます。他のプレーヤーのカードは見れるので、他の方に「ヒント」をもらいながら自分の持ち札を予想して、ゲームを進行していきます。こんな感じで、互いに向き合ってゲームを進行…同じ色の花火を「1か...

    おざかつ大魔王さんの「花火」のレビュー
  • 20
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月21日 18時24分

    協力ゲーム。記憶力がカギに。そこそこ運もあるしいいゲーム。

    チェアさんの「花火」のレビュー
  • 173
    名に参考にされています
    投稿日:2018年03月18日 00時50分

    順番にカードを出し合い、1-5の数字×5色の、最大25枚のカードを場に並べる協力型のゲームです。簡単にいうと7並べのようなゲームですが、自分の手札を見ることが出来ないのが最大の特徴。代わりに、他のプレイヤーの手札は見えるので、それについてヒントを出すことが出来ます。(数字か色を教えてあげられます)他の人からヒントをもらいながら、出来るだけ多くのカードを出し、皆で協力して綺麗な花火を打ち上げましょう。ゲーム自体は取っつきやすいルールなのですが、最高得点となる「25枚のカードを全て揃える」ことは非常に難しく、運も絡んできます。本気で25枚出しきろうとすると、メモなど備忘録が必須。勿論25枚揃...

    Ellisさんの「花火」のレビュー
  • 145
    名に参考にされています
    投稿日:2017年03月31日 22時21分

    5色5発の花火を順に打ち上げる協力ゲームですが、限られた条件でしかヒントを出せないので、ヒント不足という状態が必ず生じてしまいます。そこでどう勇気を出して、または周囲の状況を読んで行動するかが、このゲームの醍醐味です。口調や視線など、言外ににじみ出てしまうヒントらしきものがあったとしても、それをゆるく許容するのか、厳しく禁止するのか、それもその場の人々に任されているのだと思います。他のプレイヤーがした決断を尊重することや、時には許すこと。勇気が出ないプレイヤーを(心の中で)励ますこと。また逆に「それは捨てないで」って(心の中で)止めること。時には念を送ったり?!祈ったりする気持ちになるこ...

    よかぜさんの「花火」のレビュー
  • 101
    名に参考にされています
    投稿日:2017年02月20日 22時40分

    ●空気読もうよゲー「空気を読む」のが好きな日本人にはぴったりなゲームかと・・・プレイヤー同士で協力してゲームを進めて行きます。自分の手札は全く分からず情報は相手に教えてもらうのみ!場が欲するカードを、「空気を読んで」出す。はじめのうちは早々うまく行きませんがやっていくとあ、このタイミングではこのカードを出すんだな・・・というのがうすうす分かってくるようになります。プレイ中はなかなかもやもやするゲームですw

    キマリさんの「花火」のレビュー
  • 128
    名に参考にされています
    投稿日:2016年06月10日 11時16分

    ボードゲームに興味を持ち始めたころ、初めてプレイした協力系ゲームでしたが「こんなゲームもあるんだ!」と感動したのをよく覚えています。みんなのヒントと自分の記憶力、一か八かでカードを出す度胸、多少の運も必要な……とっても良く出来たゲームです。思考力と判断力をフル回転して「失敗が許されない!」という重い空気で本気プレイも出来ますし、少しルールをゆるくして、クスクス笑いをこらえつつお互いの顔色をうかがいながらする…というのも良いんじゃないでしょうか?独特で一度はプレイしてみて欲しい協力系ゲームですね。

    翠さんの「花火」のレビュー
  • 52
    名に参考にされています
    投稿日:2016年05月18日 23時29分

    花火を協力しながら打ち上げるゲーム。自分の手札は見えない状態で、周りに何のカードがあるかをヒントをもらいながら進めていくゲームです。他の方のプレイヤーがなぜ、このタイミングで、このヒントなのか。。。。これを出したらこう。。。など、思慮深いゲームで、かつ協力ゲームなので、数少ない言葉の中でコミュニケーションを行う素晴らしいゲームです。大きな相談ができない中、どう伝えるか。タイミングと人を読む力が身につくゲームだと思います。

    きぬりすさんの「花火」のレビュー
  • 41
    名に参考にされています
    投稿日:2016年04月19日 20時32分

    夜空に綺麗な4色の花火を打ち上げればクリアという協力型ゲームです。赤青黄白の4色にはそれぞれ数字が描かれており1が三枚、2、3、4が2枚、5が一枚あります。プレイヤー自分の手札の見えない状態で他のプレイヤーにヒントをもらいながら4色全てを1から順番に間違えずに5まで出すことができればクリアとなるのです。しかしヒントを使うにも回数に制限がありしかも色と数字以外のヒントを与えてはいけないというルールがあります。3回間違えるとゲームオーバーになってしまうためやはり慎重に動かざるを得なくヒントも「今、なぜこのヒントが出されたのか」を察しながらカードを出していくとっても面白いゲームです。

    紙の城:亞猫【あにゃん】さんの「花火」のレビュー
  • 64
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月08日 09時58分

    相談が出来ない協力型のカードゲームです。インディアンポーカーのようにカードを持ち同じ色の花火を数字の低い順番に並べていく七並べと変わらないルールなのですが、自分の手札が見えないので想像以上に悪戦苦闘。相手が何故このヒントを出したのかをよく考え、このカードは出せるのか、出せないのか、要るのか、要らないのかを考えます。実際遊んでみると、無意識の内に表情に出てしまったりもしますがそれもまた一興。遊び相手と敵対しないゲームを探してる方にはお手軽でお勧めです。

    ままさんの「花火」のレビュー

リプレイ 1件

  • 205
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月12日 20時24分

    年末年始の恒例となりつつある家族麻雀でぼろ勝ちしてしまったので、場を和ませるために協力ゲームの花火を提案。父も誘おうと思ったがすでに舟を漕いでいたため四人でやることになった。概要手番が来たら5枚の手札の内1枚を場に出すか捨て札にする。あるいは他プレイヤーに情報を与える。周りの手札は見放題だが自分の手札は確認することが出来ない。このため情報を与えるアクションが重要になるのだが、このアクションには回数制限がある。5色×5枚=25枚のカードをそれぞれ順番通りに並べることが出来たら高得点。山札が尽きるか三回場に出すカードをミスったらゲーム終了。序盤面倒くさがりの兄がのたどたどしいインストを打ち切...

    大石さんの「花火」のリプレイ

戦略やコツ 3件

  • 188
    名に参考にされています
    投稿日:2019年05月07日 16時34分

    ヒントを言うときは当然1つのヒントで多くの情報を伝えられるほうが良いのですが、多すぎるヒント(不確定要素のあるカードが複数枚でてしまうような)は逆に誤った選択をするリスクが増えてしまいます。単発でも断定的なヒントがとても重要です。例)場のカード:赤1・白1ヒント:(3枚を)「2です」(赤・青・緑)その結果、赤以外をプレイしてしまいミスもあります。この場合は、他に赤がなければ(1枚を)「赤です」と伝えたほうが確実に進展します。もちろん最初から断定的なヒントになり得るカードは有ります。捨てられては困る「5」やプレイしてもミスにならない「1」は積極的に複数枚でヒントを言うと良いです。ただし、「...

    Camelooraさんの「花火」の戦略やコツ
  • 227
    名に参考にされています
    投稿日:2018年10月25日 14時21分

    情報の出し方と情報を貰った時の判断がこのゲームの勝利に近づく鍵となっています。まずは情報の出し方ですが、基本的に今すぐ出せるカードを教えてあげることが大切です。そしてヒントトークンにも限りがあるため一度のヒントで多くの情報を与えるように教えていかなければとてもヒントの枚数は足りません。捨てて欲しい場合はこれは捨てるものだと言うことがわかるように伝えると一番いいですが確定で捨てられると伝えられる場面は限られます。限られるので早めに一色を揃えてしまうか1を並べ終えるだけでも捨てられるカードが増えるため優先的に終わらせられそうなものを進めていく流れをプレイヤーで作ることが大事です。次にヒントを...

    さぶやはさんの「花火」の戦略やコツ
  • 323
    名に参考にされています
    投稿日:2017年05月16日 11時07分

    このゲームは協力ゲームです。自分のプレイも大事ですが、次の手番、その次の手番のプレイヤーがどのような行動を行うかを考えて、その上で自分のプレイを決定するのが大切です。例えばこのような。次の手番のプレイヤーが打ち上げるべき花火の情報を持っている、なので自分は次の次のプレイヤーに情報を与える。ヒントのチップがあと1個しかない、自分がヒントを出すと次のプレイヤーが困る、なので自分はずっと情報を貰っていない花火を捨てる。自分がこの花火を打ち上げることで、次手番プレイヤーの花火の情報が確定するので打ち上げる。

    異人館さんの「花火」の戦略やコツ

ルール/インスト 1件

  • 50
    名に参考にされています
    投稿日:2019年09月15日 09時42分

    2013年ドイツ年間ゲーム大賞受賞作。目を閉じても浮かんでくる花火大会の思い出があるでしょうか。そんな素敵な思い出とは違って、目を瞑ったまま打ち上げる危険な花火師のゲームです。プレイヤは自分の手札が見えない状態で、5色の花火を数字の小さい順に打ち上げなければなりません。頼りにできるのは仲間の花火師からのあいまいな情報だけ。3回間違えてしまったら花火大会は終了です。あなたも普通の花火大会では満足できなくなってしまった狂乱の花火師になってみませんか?(私の説明文とは逆にゲーム自体は作り込まれた協力ゲームです)ご興味がありましたら、下記ブログ記事へお立ち寄りください。ゲームの準備からプレイの流...

    PETさんの「花火」のルール/インスト

掲示板 1件

  • Itsukiさんの投稿
    カード枚数とサイズについて

    缶入りの日本語版について書きます。カードサイズは80mm×80mmです。「スワンパナシア・80x80カードスリーブ 」などのスリーブが最適です。カードは55枚入っています。

    0件のコメント222ページビュー1年以上前
    コンポーネント/カードスリーブ

会員の新しい投稿