プエルトリコPuerto Rico

品物の生産、出荷、売却のバランスが大事な拡大再生産ゲーム!いかに島を発展させられるか?

プエルトリコ島が諸外国によって開拓・開発されていた時代。開拓者達によって征服されたプエルトリコ島への入植が始まります。そんな時代背景をもとに、島の発展や貿易を行って財産や名声を得る拡大再生産型ボードゲームです。合計した勝利点の一番多いプレーヤーが勝利します。

各プレーヤーは自分用の島ボードを所持しており、その上にプランテーションや建築物のタイルを配置していきます。そのタイルの上に入植者チップを配置することで、タイルの効力が得られます。

プレーヤーはあらかじめ用意されている役割カードの中から1枚を選択し、その内容を実行して自分の島ボードを発展させていきます。役割には「市長」や「船長」などいくつか用意されているので、あらかじめ内容を把握しておきましょう。
役割カードの内容は他のプレーヤーも順番に実行していくのですが、役割カードを選択した人にのみ「特権」が用意されています。この特権は、役割の内容に追加効果を与えます。そのため、特権を上手に利用して自分が役割を実行するのか、他プレーヤーに役割を実行させるのかを考える必要があります。

役割を行って金貨や商品を入手し、建築物を建てたり商品を出荷したりして勝利点を得ます。建築物を建てたことによる効果や商品を出荷するときの制約などのルールがありますので、何度かプレイしてみて実際にどのようにプレイしたらいいのかを掴むとよいでしょう。慣れてくると、どうすれば勝利点を獲得しやすくなるのか、他プレーヤーにあまり有利にならないように自分の島ボードを発展させていけるかが理解できるようになるでしょう。

このボードゲームを少し簡略化した「サンファン」というボードゲームもあります。そちらで慣れてからプエルトリコをプレイするというのも1つの手です。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ボドゲーマ運営事務局ボドゲーマ運営事務局
マイボードゲーム登録者
  • 154興味あり
  • 330経験あり
  • 103お気に入り
  • 214持ってる
プレイ感の評価
運・確率5
戦略・判断力13
交渉・立ち回り4
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルプエルトリコ
原題・英題表記Puerto Rico
参加人数2人~5人(90分~150分)
対象年齢12歳から
発売時期2002年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 5件

  • 204
    名に参考にされています
    投稿日:2017年11月17日 08時48分

    今でもその面白さは色褪せることを知らぬ、21世紀初頭のボドゲの革命児。ルールは一見複雑ですがやってみると直感的でわかりやすいので、2時間超えの重ゲーに初挑戦!という方に凄くオススメです。自分が選んだアクションを他のプレイヤーと一緒に行うため、この作品では”自分がやりたいアクション”ではなく”他プレイヤーよりも自分が得をするアクション”を選ぶ必要があります。その最善手を探すのがこの作品のキモであり1番面白い点です。各プレイヤーの個人ボードやアクションに乗っているお金、手番順をも加味しながら探さなければいけません。それでいてこれが最善手だ、と言い切れる場面はほとんどないため常に悩み続けますの...

    syun_044さんのレビューを読む
  • 208
    名に参考にされています
    投稿日:2017年10月23日 08時59分

    ボドゲ仲間にこのゲームが大好きな人がいるので定期的に遊ぶゲームの一つ。建築をするか、資材を獲得するか、それとも売却?ガツンと輸出?・・・と、毎回手番が回ってくるたびにどの行動が一番なのか頭を悩ませるゲームです。更に頭を悩ませる要因となるのは、どの行動も他のプレイヤーに効果が発生し、自分がやりたい行動なのに、他のプレイヤーに与えるメリットが大きかったりするもんだから、もー、ジレンマ半端ない。そんなこんなでプレイ時間は長くなりがちだけど。楽しいゲームです。まぁ、勝ったこと無いけどね(涙)

    ナベさん/らいとぱわーさんのレビューを読む
  • 197
    名に参考にされています
    投稿日:2017年09月28日 17時29分

    お気に入りで何百回とやったゲーム。それぐらい面白いゲームだと感じてます。もちろんこれからもプレイし続ける思います。建築、生産、出荷などなどルールは様々な要素があり、少々複雑です。またボードも若干地味であるため初めての方は面白さがわかるまで時間がかかるかもしれません。でも何度かプレイして、相手の先を、更にその先を読んでプレイすることができるようになると、きっとこのゲームの魅力に気づくと思います。ある程度プレイするばそのプレイスタイルに応じた勝ち筋パターンが見えてくるかもしれません。しかし、その場に応じての臨機応変さが求められそのパターン通りで毎回勝てるゲームではなく、本当に奥が深いです。初...

    ごみくずさんのレビューを読む
  • 132
    名に参考にされています
    投稿日:2016年11月24日 00時02分

    ・使うカードも覚えるルールも多く大変難しいように感じますが、2~3周やれば理解できます。生産して出荷して売って建物を買って更に効率を上げていく。生産には畑と工場と労働者が必要。「確かに現実でもそうだよな」と納得できる綺麗なシステムです。ルール難易度はカタン以上エルグランデ未満かな?とはいえ、ボドゲ初心者にいきなりコレはやめたほうが無難かも。・60分以上かかるゲームですが、カタンのように「資源がなにも入らなくて暇・・・」という事がないので、充実していて飽きさせません。とにかく濃密な時間が流れます。勝てば勿論ですが、自分の土地が発展して作物がジャンジャン入ってくる快感は負けても楽しい!と思え...

    tamuさんのレビューを読む
  • 163
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月14日 01時23分

    建物を建て、畑を拓いて物資を生産し、生産物を売却したり出荷したりして競い合う、そんなゲームです。生産は基本的に工場を建てなければ出来ませんが、工場を建てるにはお金が必要になります。物を売却すればお金になりますが、お金に換えてしまうと今度は勝利点が得られなくなるというジレンマ(建築でも得点は入りますが)。運の要素がほとんどなく、交渉も直接攻撃も存在しないため実力の違いがそのまま順位に現れるシビアさはあります。しかしそれだけに一位になった時の喜びもひとしお。システム的に覚えることと勝つために覚えた方が良いことが多いので、「今日初めてボードゲームをやります」という方にはあまり向かないかもしれま...

    大石さんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

  • 202
    名に参考にされています
    投稿日:2016年08月04日 23時38分

    役割を選ぶ際は、どれを選んだら自分が一番得できるかと同じくらいに、どれを選んだら周りが一番得できないかを考えることが重要になります。例えば自分が何の作物も持っていない状態でも、他のプレイヤーがコーヒーやタバコなどの高額で売却できる作物を持っている場合はあえて船長を選択して無理やり出荷させるというのも有効な手段となり得ます。自分にとっては一ミリの得にもなりませんが、本来商人で高く売りさばきたいコーヒー、タバコの生産者的にはかなり大きなマイナスになるためです。もちろん、自分が一番得できる役割を選ぶことが悪いというわけではありませんが、このゲームの場合はその選択が必ずしもベストにならないという...

    大石さんの戦略やコツを読む

ルール/インスト 1件

  • 141
    名に参考にされています
    投稿日:2016年08月05日 22時40分

    役割一覧☆マークは特権、※マークは補足「監督」入植者の配置されているプランテーションから作物を生産し獲得する。☆生産した任意の種類の作物を追加で一つ獲得する。※ストックに無い場合は獲得できない。「開拓者」場に出ている任意のプランテーションを一つ獲得し個人ボードに配置する。☆プランテーションの代わりに採石場を獲得してもいい。「建築家」必要なお金を銀行に支払って建物を獲得し個人ボードに配置する。☆建築の際、銀行に支払うお金が1金分安くなる。※入植者の配置されている採石場の数によって支払うお金が安くなる。「市長」入植船に乗っている入植者を一人ずつ順番に獲得し、個人ボード上の任意の場所に可能な限...

    大石さんのルール/インストを読む

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿