マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~8人
  • 60分~180分
  • 8歳~
  • 1933年~

モノポリーマクベス大佐@ボドゲブロガーさんのレビュー

175
名に参考にされています
2020年10月25日 19時00分

7つの問題点が気になるが、知名度は高い作品。不動産王を目指し、相手を破産させよう!


【ざっくり解説】

 言わずと知れたボードゲーム界の有名作。ダイスを振って出た目の土地を買うか、持ち主がいればレンタル料を支払います。8色ある色グループを1つ独占すれば、レンタル料を跳ね上げる家・ホテルを建てられます。

 これで独占したグループのホテルや家で攻撃力を上げて、レンタル料で他人を破産させることを目指すゲームです。最終的には1人の不動産王を決める。そういうゲームです。

 ゲームの肝として交渉がありますが、唯一にして最大の戦略要素です。ここをどう解釈するかで運ゲーか、名作かが分かれると言って過言ではない作品でしょう。


【長所】

 マネーリテラシー(お金の知識)が高まることです。借金・不動産の交渉、投資したお金を回収するという一連の流れです。特に我々日本人は、リスクを取るのが苦手です。本作と『アクワイア』は『キャッシュフロー101』よりも楽しく、マネーリテラシーを高められます(『キャッシュフロー』101は簡単すぎてつまらないです)。

 特に必要な時に借金をするセンスをゲームを通じて安全に学べるのは良い事です。利息も返さなければ発生しないので、借金要素は他のゲームに比べると緩めです。


【短所】

 残念ながら非常に多いです。多いので箇条書きで書きます。問題点は7つあります。


1.長時間ゲームなのに負け抜けで最強の1人が決まるまで続く(近年、短時間化ルール改善の傾向はあります)。

2.面倒な勝敗を左右するかわからないレベルの少額の金銭のやり取りが多発する。

3.序盤のゾロ目が単純に追加ターンなので、序盤のゾロ目に恵まれるとそれだけで有利。

4.所得税の総資産の10%を計算させる。デジタルな計算をさせる悪い意味であり得ないアナログっぷり。

5.移動に関してはプレイヤーはダイス運次第。全くの制御不能であること。

6.破産者を救済できる謎ルール。ゲームバランスの都合にしても、他に意識するべきところがたくさんある。

7.交渉は唯一の戦略要素にして、相場観など必要な前提知識が多い(知らないと勝負にならない)。


【戦略性について】

 このゲームのプレイヤーの唯一といっていい意思介入要素であり、本作を運ゲーにしないために導入されている要素です。しかし前提知識は多く、例えば「オレンジグループの2件目をあなたはいくらで譲りますか?」と言われて、全員の資金状況から速やかにざっくりでも弾き出せるレベルになるのは、相当難しいです。

 また自分の独占グループ前に他のプレイヤーが固まった時に思い切って借金をして、家を建てて攻撃力を上げるなどの決断なども戦略要素です。


【個人的な評価】

 今日非常に売れているし、知名度の高いゲームです。『ウノ』、『モノポリー』、『人生ゲーム』は一昔前なら3大ボードゲームとして知名度が高い作品です。認知度の高さは今日でも高い部類といえます。

 しかし現代のボードゲームの洗練度に比べると、とてもとても粗いところが目立ちます。中でも批判が多いと思うのが「長時間なのに負け抜け」というところでしょう。ドイツゲームではほぼあり得ないシステムです。

 ほぼ敗北確定なのに、負けが確定するまでダイスだけ振るような状況に陥ったら、ダラダラ続けるのとか正気の沙汰とは思えません。こうなったら潔く投了しましょう。


 推定プレイ回数は10回ほど。ボードゲーム最初期はよく遊びました。糸井重里監修のスーパーファミコン版『ザ・モノポリーゲーム2』で最後の部屋までほぼ負けずに行けました。このスーファミ版は最初の部屋から初心者殺しを決めてくるぐらいレベルの高いゲームです。自信のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょう?

 それほどやっていても運は強いと断言できます。序盤のゾロ目の強さと刑務所のキツさはどうにもなりません。序盤の刑務所3回食らったことがあります。こうなるとどうしようもありません。

 人狼ゲームと同じで問題点は多いが好きな人は好きで楽しめ続ける作品だと思います。自分には合いませんでした。

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • SeireiK
  • ハンズ
マクベス大佐@ボドゲブロガーさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 103興味あり
  • 1129経験あり
  • 143お気に入り
  • 637持ってる
プレイ感の評価
運・確率21
戦略・判断力14
交渉・立ち回り22
心理戦・ブラフ7
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルモノポリー
原題・英題表記Monopoly
参加人数2人~8人(60分~180分)
対象年齢8歳から
発売時期1933年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

マクベス大佐@ボドゲブロガーさんの投稿

会員の新しい投稿