マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~6人
  • 90分前後
  • 12歳~
  • 1962年~

アクワイアマクベス大佐@Digブログさんのレビュー

494名
5名
0
4年弱前

株式投資の楽しさを集約したザ・資本主義ゲーム。お金を稼ぐ楽しさを教えてくれるゲーム


【ざっくり解説】

 シド・サクソンの代表作。ホテルチェーンの株式投資をテーマにしたゲームで、株価の値動きで稼ぐトレードゲームというよりも、ホテルチェーンの吸収合併で出る株主へのボーナスを狙うゲームといった色が強いです。

 そのため吸収合併されそうなホテルチェーンの株を持ち、合併後の大企業の株へ株式交換していくみたいな形で富を増やしていくことを目的とするといった感じが強いです。「目指せ億万長者」を地で行くゲーム。


【長所】

 お金を稼ぐ楽しみですね。とにかく吸収合併で出るボーナスがドカンと入るので、ゲームのお金なのにも関わらず、不思議と嬉しくなってしまいます。

 また投資の先見性みたいなものが問われる要素もあります。いかに吸収合併されそうなホテルの株を押さえておくか、大きなホテルチェーンの株に交換していくのかなど、先見性を問われる要素が投資らしさを強調しています。

 思わずプレイしていてアゴの下に手を置いて、考え込んでいる自分を発見するでしょう(笑)。真面目な投資家気分を味わえます。


【短所】

 吸収合併時のボーナスがデカすぎること。これにありつけないとかなり「詰みに近い状況」に陥ります。巡りや予想が噛み合わず、ボーナスにありつけないと株式を買うお金に困り、資金差は開くばかりです。

 株式の枚数差が手番順でどうしても埋まらない時は、結構理不尽だなと思います。もう少し後手番のプレイヤーに救済があっても良いのでは?とか思ってしまいます。


【個人的な評価】

 株式取引ゲームとしては上位に入る作品だと思います。様々なエディションがあり、どのエディションを所有しているかでプレイヤーの年代や好みがわかるのって個人的に結構好きだったりします。

 今は紙製タイルの版が主流ですが、木製タイルの3M版プラスチックタイルのハズブロー版なんかも人気があり、ハズブロー版は未だにプレミア価格で取引されていますね。いつかは所有したいです。


 ゲームとしては紙幣のやり取りが少し煩雑だなと思いところがありますが、たまに遊ぶ分なら良いかなと思います。シャハトの『ムガル』と合わせ株ゲームの代表作級のゲームなのは間違いないでしょう。ゲーマーなら一度は遊んでおきたい作品なのではないかと思います。

この投稿に5名がナイス!しました
ナイス!
おとん
はいいろ熊
うるふ@恵我之荘ゲームクラブ
PET
Bluebear
マクベス大佐@Digブログ
マクベス大佐@Digブログ
シェアする
  • 494興味あり
  • 1088経験あり
  • 284お気に入り
  • 597持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

マクベス大佐@Digブログさんの投稿

会員の新しい投稿