マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 30分~40分
  • 7歳~
  • 2012年~

街コロコージさんのレビュー

174
名に参考にされています
2018年11月02日 22時01分

街コロは運ゲーか戦略か?将又そのバランスが良くて面白いのか?というレビューが多くあげられてますが、私自身の所感としては、ダイスゲーって言うのが一番しっくりきます。

確かに建築する建物の選択やランドマークを建てるタイミング等は熟考に値する戦略であるし、たとえば何人かのプレイヤーがダイスの○の目を出すと4件目のランドマーク完成という時に、その目が出るかどうかは完全な運要素です。

でも、このゲームにおいてダイスの目はどの数値も重要であって、○が出たから失敗ということはありません。(1はかなり弱いですが)

毎ターンダイスをプレイして、ゲームの勝敗にダイスが大きく関わってくる、正にダイスゲー‼️

言い換えると、ワーカーをダイスに変えたワカプレみたいな気もする、、、

自分は、あまり運要素の大きいゲームは好きではなかったのですが、街コロに関してはとても気に入ってます。

日本のデザイナーの作品であること・ルールが簡単で子供やボドゲ初心者にオススメ出来る事・カード効果によるコンボがあること・そして、これが一番キモだと思うのですが、多少なりともボドゲのような勝負事が好きな人にとっては、拡大再生産の要素は少なからず快感があるものだと思います。

また、ダイスの目による一喜一憂で、意外と場が盛り上がります。

因みに、ダイス1個戦略があるようですが、自分がプレイした限りでは、この戦略で勝率は上がりませんでした。

ダイス自体に抵抗のある方もいるかと思いますが、街コロに関しては、買って損なし、面白いです‼️

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Nobuaki Katou
  • sokuri3510
コージさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 292興味あり
  • 1537経験あり
  • 356お気に入り
  • 1104持ってる
プレイ感の評価
運・確率44
戦略・判断力30
交渉・立ち回り4
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見19
作品データ
タイトル街コロ
原題・英題表記Machi Koro
参加人数2人~4人(30分~40分)
対象年齢7歳から
発売時期2012年~
参考価格3,600円
クレジット
ゲームデザイン菅沼 正夫(Masao Suganuma)
アートワーク未登録
関連企業/団体グランディング(Grounding)
拡張/関連元街コロ プラス(2012年)街コロ シャープ(2014年)+ 1作品
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

コージさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク