マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~6人
  • 15分~30分
  • 6歳~
  • 2012年~

赤ずきんは眠らないコージさんのレビュー

156
名に参考にされています
2018年11月15日 21時36分

レビューを見る限り凄く高評価のゲームですが、自分には合わない、、、

この掲示板自体が色々な方に当該ゲームを知ってもらおうと言う趣旨だと思うし、あまり否定的なレビューは書かないつもりなのですが、このゲームだけはいただけない。

自分自身が、ブラフ・心理系ゲームが好みではないので、このゲームが面白くないと言うのはあくまで私の主観で、これに対して奥深く面白いと言う方の意見も否定はしません。

何が面白くないのかと言うと、このゲーム、どんなに奥深くても心理戦要素があろうとも、出来るアクションは、2択/どっちかしか選べない/50%の確率

のゲームなんです。

その2択の中に深い心理戦があると言う意見もあると思いますが、どんなに深く考え相手に心理的揺さぶりをかけても、最終的には出来る事は2種類だけなんです。

そして決定的に自分が面白くないと思うのは、自分が狼以外のターンの時に、トラップを選択する事になんらリスクが無い事です。

確かにゲームに勝つ為には「おやすみなさい」を選択する必要もあるかもしれませんが、極論を言うと、参加者全員がずっとトラップを選択した場合に永遠にゲームが終わりません。これはゲームとして成り立っていないのではないでしょうか?

私自身が、熟考する重ゲーが好きで偏見に満ちたレビューだとは重々承知のうえで、結局、やる事は2つの内の1つだけと言うのは、ゲームとしてあまりにも面白くないと感じ、ここにネガティブなレビューを記します。


あ、でもアートワークはとても可愛いらしくてイイかも、、、

3
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • さりょー
  • レモネード
  • moonwing-moth
コージさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 216興味あり
  • 967経験あり
  • 135お気に入り
  • 606持ってる
プレイ感の評価
運・確率12
戦略・判断力12
交渉・立ち回り9
心理戦・ブラフ23
攻防・戦闘2
アート・外見9
作品データ
タイトル赤ずきんは眠らない
原題・英題表記Eat Me If You Can!
参加人数3人~6人(15分~30分)
対象年齢6歳から
発売時期2012年~
参考価格2,160円
クレジット
ゲームデザイン佐藤 純一(Junichi Sato)
アートワーク152°
関連企業/団体アークライト(Arclight)Junias
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

コージさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク