マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ミ=ゴの脳みそハント!MI-GO's BRAIN HUNT!

クトゥルフ神話の有名クリーチャー「ミ=ゴ」になって、優秀な人間の脳のサンプルを銀色の円筒形の筒に集めるのだ!

クトゥルフ神話というものをご存じでしょうか?1920年代に怪奇小説家のH.P.ラヴクラフトが書いた小説の中に出てくる怪物や設定を他の作家が二次使用した結果、膨大な数の怪物が名を連ねる事になりました。それが「クトゥルフ神話生物」と呼ばれるようになりました。

その中でもユゴス星(冥王星)に棲むミ=ゴは非常に変わった神話生物です。彼らは各個体の保存(人間で言う所の生死)はあまり気にしません。種として決めた目的に邁進するだけです。今回の彼らの目的は、ある重要な儀式をユゴスで行う為に、人間の協力者が必要な事が判明しました。しかしながら人間は宇宙空間の旅行には耐えられません。ミ=ゴたちは宇宙空間での飛行が可能です。

ですから何とか人間を生きたままユゴスへと連れて帰りたいと彼らは思いました。その結果、彼らは銀色の円筒形の筒を作成しました。この筒の中に人間の脳を入れると、視覚、聴覚、会話能力を維持したままにする事が出来ます。しかも宇宙空間でも耐えられるようになっています。彼らの科学技術、脳をうまく切り取る外科手術能力は尋常ではありません。

これで人間の脳を運ぶのに支障がなくなったミ=ゴたちは地球へとやってきました。そして、3つの街で様々な脳を集める事に専念し始めたのでした。

何の障害もなく作業が進行するはずでしたが、脳を収集し始めると様々な問題が発生しました。一部の人間たちが脳の収集作業に気付き始め、邪魔をしてきたのです。あまりに長い時間、同じ街に留まると、人間たち(彼ら自身は探索者と呼んでいるらしい)に邪魔をされる事があります。

また、運が悪いとアーミテッジ教授やランドルフ・カーターといった小説の中での有名人に邪魔をされ、これまで一生懸命に集めた、まだ銀色の円筒形の筒に入れてない脳もまとめて駄目にされる事もあります。さらにはニャルラトテップにイタズラされたり、活動を人間に見付かって新聞報道されて活動がしづらくなったりと色々と余計な障害が出てきてしまいます。

それでも種としての使命として、人間の脳みそを集めて下さい。そして十分に脳を集めたならばユゴスへと戻ってきて下さい。

ゲーム内容はグロい感じですが、カードの絵柄はユーモアのある綺麗な絵柄となっています。また、クトゥルフ神話を全くご存じない方でも、十二分に遊べます。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. 稲妻老人稲妻老人
マイボードゲーム登録者
  • 13興味あり
  • 42経験あり
  • 4お気に入り
  • 25持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトルミ=ゴの脳みそハント!
原題・英題表記MI-GO's BRAIN HUNT!
参加人数2人~5人(10分~20分)
対象年齢8歳から
発売時期2012年~
参考価格2,538円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 3件

  • 173
    名に参考にされています
    投稿日:2018年01月26日 18時26分

    設定こそちょっとグロい感じですが非常にコミカルでワイワイ遊べ、クトゥルフ神話TRPGを遊んだりしてる方に関しては別の意味でも色々と面白いと思います♪プレイヤーは、クトゥルフ神話に登場する遠い星から地球へ飛来した神話生物「ミ=ゴ」となって、地球に作った前哨基地のある地域で人間の脳みそを集めて独自科学による脳缶(脳みそ保管器)に収納するのが目的のゲームです。クトゥルフ神話とは、コズミックホラーと呼ばれるジャンルの小説の始祖であるH・P・ラヴクラフトや、それに感銘を受けた作家たちによって作られた恐怖の世界観です。遊び方としては、山札を三つ作り、プレイヤーは順番でそれのいずれかを任意の枚数だけめ...

    しぃのさんのレビューを読む
  • 100
    名に参考にされています
    投稿日:2017年06月29日 10時29分

    各プレイヤーはミ=ゴになって、同じ頭の良さの脳みそを3つ揃えた3セットの脳みそを集める事が出来れば勝ちです。これだけですと「なんじゃそりゃ?」という感じなのでもう少し説明します。ミ=ゴは甲殻類にデッカい羽が付いていて、頭の部分は触手だか脳みそみたいなものが付いている不思議なクトゥルフ神話生物です。もっとも生物といっても呼吸はしていませんし、宇宙空間も普通に飛行出来ます。むしろ大気圏内の方が動きがぎこちなかったりします。腕か足か分からない節足が何組かあり、それを器用に使いこなします。しかもテクノロジーが人間よりもずっと進んでいるので、色々なアイテムも用意出来ます。なので「人間を狩る事」など...

    稲妻老人さんのレビューを読む
  • 93
    名に参考にされています
    投稿日:2016年12月23日 23時35分

    『ミ=ゴの脳みそハント!』は、クトゥルフ神話で登場する異星人、ミ=ゴとなって町を襲い脳みそを集めるチキンレース型のカードゲームです。通常のゲームでは倒すべき敵だったりするキャラになって、街を襲うというコンセプトが面白いゲームとなっています。『ミ=ゴの脳みそハント!』の特徴はコンセプトですね。街を襲うというゲームの流れで、山札をめくり、「腐っているなぁ」「いい脳みそがない」などという言葉が自然と飛び交う面白いプレイ状況になります。問題点は特に思いつかないですが、コンセプトにあう合わないというのはあるかと思います。【まとめ】やることはグロいですが、イラストがポップなのでネタとしても楽しみやす...

    鉄狼(てつろー)さんのレビューを読む

リプレイ 1件

  • 91
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月22日 02時14分

    4月21日に家族とプレイ。家族と遊ぶ際はハウスルールとして「脳みその脳缶セット回数に制限無し」「全ての山札が無くなったら終了」「セットできた全ての脳みそINT数値の合計数が多いプレイヤー勝利」を使っている。1戦目は、序盤から家族が確実に脳みそを脳缶に入れ、大差で敗北。事ある毎に探索者カードを引いてしまい上手い具合にならなかった。2戦目は、とにかく探索者の邪魔が酷く、序盤はお互いに何も揃わず。後に私の方に運が向き、大差で勝利。まぁ「ネクロノミコン」で攻め立てたりしたんですけどね(笑何にしても、レジェンド探索者たちは本当に鬱陶しい。ランドルフ・カーターなど、めっちゃ嫌いになりそうw(画像は1...

    しぃのさんのリプレイを読む

戦略やコツ 1件

  • 63
    名に参考にされています
    投稿日:2017年07月03日 19時27分

    108枚のカードの内、探索者カード、レジェンドカードや29枚あります。約3割は引いてはいけないカードになります。全ての山札に均等に引いてはいけないカードがある場合、最初に引いていいカードが来る確率は2/3、約7割です。2枚連続で引いた場合は4/9、約5割です。3枚連続で引いた場合は8/27、約3割です。4枚連続で引いた場合は16/81、約2割となります。そして5枚連続で引いた場合は32/243、約1割となります。これと、今までの引かれたカードの状況も鑑みて、カードを引くか、止めるかの参考にしてみて下さい。ちなみに、セット数で圧倒的に負けている状況ならばドンドンカードを引くのもアリです。自...

    稲妻老人さんの戦略やコツを読む

ルール/インスト 1件

  • 72
    名に参考にされています
    投稿日:2017年07月03日 19時18分

    【コンポーネント】カード118枚・脳みそカード71枚天才な頭脳(INT18)13枚優秀な頭脳(INT16)13枚普通な頭脳(INT13)13枚イマイチな頭脳(INT10)13枚おバカな頭脳(INT8)13枚ワイルドな頭脳6枚・イベントカード8枚おかしな協力者1枚新聞記事1枚ニャルラトテップ1枚電気銃2枚ネクロノミコン2枚輝くトラペゾヘドロン1枚・探索者カード24枚名も無き探索者24枚・レジェンドカード5枚アーミテッジ教授1枚シュリズベリイ博士1枚ランドルフ・カーター1枚タイタス・クロウ1枚ハーベイ・ウォルターズ1枚・脳収容カード5枚・プレイ手順カード5枚※初回購入特典でレジェンドカードが...

    稲妻老人さんのルール/インストを読む

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク