マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

マケランディアMACELANDIA

古代大陸マケランディアを舞台に、光の勢力と闇の勢力の攻防を描く、チーム対戦型の戦略シミュレーション・カードゲーム

光と闇の陣営に分かれてチーム対抗戦を行います。
チーム分けの時点で、味方と敵が明かされており、協力して敵陣営に勝つことが目的です。

1〜11までの強さが割り振られているキャラカード、キャラカードの強さをアップさせる強化カード、敵を一撃必殺する即死カードを手札として戦います。
プレイヤーが選択できるのは、攻撃・援軍・待機という3つの行動のみ。
ただし、以下の2つの独自ルールにより、戦略や駆け引きが生まれます。

(1)プレイヤーには「城(しろ)」「砦(とりで)」の役割が与えられています。各チームには、城が1人、それ以外のプレイヤーは砦となります。城のほうが重要ですが、城ばかり守っていると、砦の守りが手薄になり攻められてしまいます。

(2)プレイヤー同士の間には「距離」が存在します。遠方の敵に攻撃を仕掛けたり、遠方の仲間に援軍としてカードを送ったときには、「遠征中」というホールド状態になり、カードが1ターン使えなくなってしまいます。

プレイヤーの役割や位置関係によって、戦況が大きく変わります。
それによって毎回違ったドラマがあり、何度でも楽しめるゲームとなっています。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. あしかあしか
ゲームマーケット
2019春
マケランディア

光と闇の陣営に分かれて、協力型チーム対戦

王道ファンタジーの世界観とシュールでかわいいキャラカードのギャップ

仲間と協力しながら熱い真剣勝負!負けたら「マケランディア!」と潔く叫びましょう。

この作品は、出展者によってゲームマーケット公式サイトと相互リンクされています。

http://gamemarket.jp/?post_type=game&p=118611
マイボードゲーム登録者
  • 10興味あり
  • 31経験あり
  • 8お気に入り
  • 26持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘3
アート・外見1
作品データ
タイトルマケランディア
原題・英題表記MACELANDIA
参加人数4人~8人(20分~30分)
対象年齢10歳から
発売時期2019年~
参考価格2,280円
クレジット
ゲームデザイン足利 政紀(Masaki Ashikaga)
アートワーク吉岡 泰介(Taisuke Yoshioka)
関連企業/団体負味(Makeaji)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク