マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
売り切れ
マケランディア
  • マケランディア当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 4~8人
  • 20~30分
  • 10歳~
  • 2019年~

マケランディア

メーカー・卸元:負味 (委託販売作品

送料安!コンパクト便対象?
日本語マニュアル付き
古代大陸マケランディアを舞台に、光の勢力と闇の勢力の攻防を描く、チーム対戦型の戦略シミュレーション・カードゲーム

プレイヤーは光の陣営と闇の陣営に分かれ、
マップに配置された「城」や「砦」を守る指揮官となって戦います。

手番では、「攻撃」「援軍」「待機」の3つの行動の中からひとつを選択して行います。
敵の城を陥落させるか、敵の砦すべてを陥落させた陣営の勝利となります。

城や砦の配置や、遠方へカードを送るときの「遠征システム」など、
巧妙なルールによって、プレイするたびに違ったドラマが生まれます。

負けた時には「マケランディア!」と、いさぎよく叫びましょう。

レビュー 4件

レビュー
293名が参考
約2年前

光と闇に分かれて対戦するチームプレイのゲーム。古代大陸マケランディアの覇権をかけて争います。



光と闇それぞれに城と砦役があり、城が落とされると負け。でも、城が残っていても、砦がすべて落とされても負けになってしまうので、戦況によって相手の城が砦から守られてなかなか落ちなさそうだったら手薄になった砦を攻め始めるなど、勝ち方の方向性を途中で修正したり。そのあたりのバランス感も面白いです。


手札として配られるキャラクターカードがこちら。



ゆるかわw

カードの数字がキャラの強さを表している。が、特殊スキルで逆転の要素もある。



その他に、強化・即死などの特殊カードが入っています。

※キャラクターや特殊カードのスキルは非対称。



これらをシャッフルしてプレイヤーにランダムに配ります。あとはお互いの手札の読み合いとなります。



手番で行う「攻撃」では、手札を任意の敵に伏せて出します。出されたプレイヤーは応戦する手札を伏せて出して、同時に表にして勝敗を決めるバッティング形式。

負けたカードは捨札になるので、カードがライフになって削り合う感じ。


で、勝ったカードが戻るタイミングに仕掛けられた遠征ルール!これがよくできてる!
それぞれの城や砦はマップ上にランダムに配置されるのですが、隣り合った陣地に攻撃をした場合はすぐにカードが手札に戻り、遠方の陣地に攻撃した場合は1ターンの間手札に戻せない!というのが遠征ルール。



これによって、数字の大きいカードを気軽に使いまくって敵を簡単に蹂躙する、ということをできなくさせているわけです。うーん、よく考えられている…。


他にも、自分の手札を「援軍」として仲間に送れるのですが、それにも遠征ルールが適用され、すぐに届いたり1ターン届かなかったりします。

城と砦の配置はゲームの都度ランダムで変わるのでゲームの都度戦略が変わりリプレイ性もある。


チームプレイなので、みんなで戦略を相談したり、城を守るために死ぬ!とか、一か八かで攻めたら特殊スキルがハマって勝てた!とか、1ゲームで盛り上がりどころがいくつも生まれて楽しかったです!

続きを見る
閉じる
皇帝
泉谷
泉谷
レビュー
232名が参考
約2年前

4人(2vs2)および6人(3vs3)でプレイしました。

勝敗条件が、「城の陥落または砦全ての陥落」なので、4人だと城と砦の価値が同じなんですね。

6人では砦一人は犠牲になってもいい。という戦略が生まれてくるので、援軍のしどころが大事になりました。

どちらかというと6人の方が面白かったです


その他雑感

・強化カードは攻めに使うと弱いのを捨てゴマにされてしまうので、防御に使った方がいい。3枚攻めは絶対ダメ。

・なにもしないのも戦術だけど、ビビってパスしまくりだと結局負けてしまう

 ・弱いカードは、相手の手札を公開させて情報アドをとるために使うべし


シンプルなルールですが、非常におもしろいゲームでした。

続きを見る
閉じる
皇帝
マテ
マテ
レビュー
122名が参考
4ヶ月前

■3v3ができる軽量読み合いゲーム

・3v3のチーム戦
・読み合い
・コンポーネントが少ない

この3つを同時に満たしているゲームは他にほとんどないので貴重なゲームです。
6人が適正人数と言っていいでしょう。

■ルールがシンプルゆえに1手番の重みがある

シンプルな読み合いではありますが、それゆえに1手番ごとのアクションに重みがあります。

例)
・最大値のカード11が3を倒した。
 ⇒11の現在地が判明した。
・3を出して負けた側のプレイヤーが味方から何か援軍(カード)を受け取った。
 ⇒11の対抗手段を受け取ったのか、実は対抗手段を持っているのか、時間稼ぎの弱いカードをもらっただけか。
・11を出した勝ったプレイヤーは味方に何か援軍を送った。
 ⇒11は移動したのか、しなかったのか。

という具合に確定情報と不確定情報の持つ意味を、記憶・理解してプレイが進みます。

■それゆえ実は熟練者向け

シンプルですがカジュアルゲームとは呼べないと思います。
消費されたカードのカウンティングと他者のアクションの記憶をした上で、可能性を絞って読み合いに持ち込み手番をこなす。ということを全員が実行できないとあまり盛り上がりません。
確かにどんなアクションを選択しようとも、最終的には「賭け」になるのですが、そこを運ゲーと言って諦めてしまうタイプの人には向きません。なぜその賭けに至る読みをしたのか。両陣営の状況と推理の過程を理解できるメンバーが揃ってこそ歯ごたえのあるプレイになり、盛り上がります。

続きを見る
閉じる
国王
notos
notos
レビュー
43名が参考
約2ヶ月前

個人的総合評価【77点】

★全レビュー冒頭に【カタンを80点として100点満点で採点を行っています】

【+】

・よく練れたバランス

・複数人プレイでも楽しい

・絵が好き

・子供受け最高点

・ストーリー性もあり

拡張が出るとうれしいのでもっと売れますように!!

ハウスルールで砦にシールを貼り「砦A 砦B 砦C」を設定

城からA➡Cの順番でプレイを光と闇で交代で行うこととしました。おすすめ!

【-】

・強さがチームごとに違う

・それなりに運要素あり

続きを見る
閉じる
大賢者
has
has
  • 商品価格¥ 2,280(税込)
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 52興味あり
  • 156経験あり
  • 29お気に入り
  • 119持ってる

チェックした商品