マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 4人~8人
  • 20分~30分
  • 10歳~
  • 2019年~

マケランディア泉谷さんのレビュー

193
名に参考にされています
2019年08月12日 16時12分

光と闇に分かれて対戦するチームプレイのゲーム。古代大陸マケランディアの覇権をかけて争います。



光と闇それぞれに城と砦役があり、城が落とされると負け。でも、城が残っていても、砦がすべて落とされても負けになってしまうので、戦況によって相手の城が砦から守られてなかなか落ちなさそうだったら手薄になった砦を攻め始めるなど、勝ち方の方向性を途中で修正したり。そのあたりのバランス感も面白いです。


手札として配られるキャラクターカードがこちら。



ゆるかわw

カードの数字がキャラの強さを表している。が、特殊スキルで逆転の要素もある。



その他に、強化・即死などの特殊カードが入っています。

※キャラクターや特殊カードのスキルは非対称。



これらをシャッフルしてプレイヤーにランダムに配ります。あとはお互いの手札の読み合いとなります。



手番で行う「攻撃」では、手札を任意の敵に伏せて出します。出されたプレイヤーは応戦する手札を伏せて出して、同時に表にして勝敗を決めるバッティング形式。

負けたカードは捨札になるので、カードがライフになって削り合う感じ。


で、勝ったカードが戻るタイミングに仕掛けられた遠征ルール!これがよくできてる!
それぞれの城や砦はマップ上にランダムに配置されるのですが、隣り合った陣地に攻撃をした場合はすぐにカードが手札に戻り、遠方の陣地に攻撃した場合は1ターンの間手札に戻せない!というのが遠征ルール。



これによって、数字の大きいカードを気軽に使いまくって敵を簡単に蹂躙する、ということをできなくさせているわけです。うーん、よく考えられている…。


他にも、自分の手札を「援軍」として仲間に送れるのですが、それにも遠征ルールが適用され、すぐに届いたり1ターン届かなかったりします。

城と砦の配置はゲームの都度ランダムで変わるのでゲームの都度戦略が変わりリプレイ性もある。


チームプレイなので、みんなで戦略を相談したり、城を守るために死ぬ!とか、一か八かで攻めたら特殊スキルがハマって勝てた!とか、1ゲームで盛り上がりどころがいくつも生まれて楽しかったです!

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
マケランディア
マケランディアの通販
古代大陸マケランディアを舞台に、光の勢力と闇の勢力の攻防を描く、チーム対戦型の戦略シミュレーション・カードゲーム
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 2,280(税込)
泉谷さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 20興味あり
  • 65経験あり
  • 13お気に入り
  • 48持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力6
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ4
攻防・戦闘6
アート・外見3
作品データ
タイトルマケランディア
原題・英題表記MACELANDIA
参加人数4人~8人(20分~30分)
対象年齢10歳から
発売時期2019年~
参考価格2,280円
クレジット
ゲームデザイン足利 政紀(Masaki Ashikaga)
アートワーク吉岡 泰介(Taisuke Yoshioka)
関連企業/団体負味(Makeaji)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿