マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用
  • 20分前後
  • 8歳~
  • 2016年~

王と道化Itsukiさんのレビュー

462
名に参考にされています
2018年03月17日 19時10分

いままでルールを読むだけで終わっていましたがようやくプレイ出来たのでレビューしたいと思います。

スペースは下記の様に17あり、両端◆▲が2スペースがそれぞれの「城」スペース、◇△がそれぞれの側に属するスペース、□が中立スペースとなっています。

冠……王冠チップ

王……王コマ

近……近衛兵コマ

道……道化コマ

司……司教コマ

        冠

◆◆◇◇◇◇◇◇□△△△△△△▲▲

      近道王司近      

初期配置は上記のように、中立地帯に王冠チップと王コマ、その両端に道化と司教、その外側に近衛兵となります。道化と司教はランダムに選びます。司教コマを配置したプレイヤーが先攻になります。

勝利条件は3つあります。

1:「王」コマを自分の「城」スペースに配置する。

2:「王冠チップ」を自分の「城」スペースに配置する。

3:山札が2回尽きた時点で自分が属する側に「王」コマがいる。


このいずれかを満たしたときにゲームは終了になります。


カードは54枚あり、手札として各プレイヤー8枚ずつ持ちます。

内訳は画像の通りです。

近衛兵の上下矢印マークは「王」コマの両側へ移動する。1+1は2つをそれぞれ1スペースまたは1つを2スペース移動です。

道化の「M」は「中央のスペースに移動する」です。

カードには各コマに対応した英数字や記号が書かれていて、それが示す数だけ対応するコマを動かします。

1手番に動かせるコマは1種類だけです。1種類であれば望むだけカードをプレイできます。(2と3の「道化」カードで5スペース移動など)。1枚のカードを解決中に、進んで戻ることで数を消費することはできません。

カードのプレイが終わったら「王冠チップ」の移動条件をチェックします。

1:「王」コマと「近衛兵」コマ2つ(このセットを「宮廷」と呼ぶ)が自分の属する側にいる場合、「王冠チップ」を1つ自分側に移動する。

2:自分の「城」スペースに配置されているコマ1つにつき「王冠チップ」を自分側に移動する。

その後、カードを使った分だけで山札から引きます。

この繰り返しで、先の勝利条件を満たしたプレイヤーの勝利となります。


各コマにもそれぞれルールがあります。

王……常に「近衛兵」コマと別のスペースに存在し、かつ2体の「近衛兵」コマのあいだにいないといけない。(「王」カードを2枚同時にプレイした場合、代わりに「宮廷」を同じ方向に1スペースずつ移動します)

道化……自分の「城」と「王」コマの間に道化コマがあれば、「道化」カードの移動分を他のコマに適用することができる。効果を複数のコマに振り分けることも、他のカードを混ぜてプレイすることもできない。

司教……手番にカードをプレイしない場合、「王」コマか「近衛兵」コマ1つを「司教」コマと同じスペースに移動できる。これを「召喚」とよぶ。


「王」コマを「城」まで到達させるのか、「王冠チップ」を「城」まで到達させるのか、山札が2回尽きた時点で「王」コマが自分の側にいることを狙うのか、どの勝利条件を目指すかによってその時々のプレイが変わってきます。

司教と道化はどちらも強力なコマですが、中央に戻すカードが司教には無いので自分側のスペースに持ってくるのに苦労します。

自分の「城」スペースの最後尾に「近衛兵」コマを置き、その前に「司教」コマを置くことができれば、相手が次の手番にそのどちらも動かすことが出来なければ、返って来た手番に「王」コマを「召喚」すれば勝利です。(そう簡単にはいきませんが)

「道化」コマを自分の側(「城」と「王」の間)に引き込んでおけば、通常は1スペースずつしか進めない「王」コマを猛ダッシュさせることができるので相手の意表を突くことも可能です。


1手番に同じカードをプレイし過ぎると、いざというときに肝心のコマが動かせなくて負けたりしますので、様々な状況に対処出来るように進めていくことが重要になります。(先の「王」コマ「召喚」が顕著な例です)

山札が2回尽きるまでのタイムリミットが思ったより早いので、うかうかしていると取り返しがつかなくなります。相手の「城」スペースに入ったコマがあれば、なるべく「城」の外に出すようにプレイした方が「王冠チップ」の移動も阻止できますしなにかと安全です。

「宮廷」ルールがスパイスのようにピリッと効いていて、なかなかもどかしいシステムになっています。「王」を動かしたいのに「近衛兵」が邪魔。「近衛兵」を動かしたら相手の手番に「矢印マーク」カードで戻される……などなど。

1ゲーム10~20分程度で終わるので、繰り返し遊べる良作だと思います!

丁重に王様をエスコートしましょう!

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • きむにぃ
王と道化
王と道化の通販
クニツィアの名作2人用ゲームが、フレーバーを新たに登場。
残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 2,750(税込)
Itsukiさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 110興味あり
  • 239経験あり
  • 36お気に入り
  • 190持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力7
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル王と道化
原題・英題表記King & Jester
参加人数2人用(20分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2016年~
参考価格2,700円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Itsukiさんの投稿

会員の新しい投稿