マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ケルト:ダイスゲームKeltis: Das Würfelspiel

 端的に言うとスゴロクでありレースゲーム。

 出た目(数字ではなくマーク)の数だけ、同じ絵の目にコマを設置/設置したコマを移動させる。同じ絵の列には一個しかコマが置けない。特殊なお得アイコンの目にうまくとまると石がもらえたり(石は最低4つ集めないとマイナス点)もう一回手番が回ってきたり、一マス余分に進めるので、これらがうまいことコンボするように駒を動かすのが楽しい。

・自分の上がりがほぼ決定になった時点でいつ上がるか

・3つめ、4つめのコマをいつどのタイミングで出すか、(4つめのコマを出すのが遅いと、出した直後のマスはマイナス点のため、コマを出さない方が良かったと言う事態が起こりうるのですが、コマ3つしか出さないと実質勝てないバランス)

・緑の石をどの程度優先して取っていくか(緑の石コマだけで石を回収するというプレイングは非効率的なので、どこかでダイスで石を取りたいが、どのタイミングで取るか?)

 を考えつつ、なるべく沢山のコマをゴールに送り込むべくダイスを振っていきます。等と言うとかなりクニツィア・ジレンマ(こんな言葉は日本人しか言わない! なんていいっこなしで)強いゲームっぽいですが、実際かなりカジュアルです。4人プレイしかしたことがないため2人プレイだとどの程度バランスが変わるかわかりませんが、わいわい言いながらダイスを振って楽しめるカジュアルゲームです。

 なおこのゲームのボードには表裏があり、両面プレイして1ゲームと考えると、実際のプレイ時間はかなり長くなりますが、是非両面を連続して遊んでいただきたいと思います。両面でのプレイ感は全く別物であり、1個で2つのゲームが遊べる感じが味わえます。こちらはどれだけ(黄色の目×3が出るまで)粘れるか、妥協できるかの洗面器ゲー感があり、進めないマスの前でどったんばったんしながら緑の石を泣く泣く集める羽目になるため、緑の石の価値がアホみたいに下がります。(とあるプレイでは全員が緑の石9個以上を握っていた)

 ガチ度で言えば相当カジュアルですが、ルール的には簡単なので初心者向けに活用しております。コンポーネント的にカードもないので、まだ小学校低学年の子供相手に回したことはないですが、子供向けでも十分行けそうです。


 本家ケルトとの比較で言うと、コンポーネントがコンパクトなため、場所を取る本家ケルトが遊べない環境で遊べるのがいいところだと思います!

 ぶっちゃけめっちゃ面白い! 最高! と言うゲームではありません。ありませんが、軽くて説明が簡単なのとコンパクトなせいで遊びやすい為か、何故かすごいリピート率が高く、元々中古500円で買ったのもあってか、我が家のコストパフォーマンス最高ボドゲベストワンの地位を当面譲りそうにないというとにかく不思議なゲームです。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:Arugha_Satoru
マイボードゲーム登録者
  • 13興味あり
  • 62経験あり
  • 4お気に入り
  • 45持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率5
戦略・判断力4
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルケルト:ダイスゲーム
原題・英題表記Keltis: Das Würfelspiel
参加人数2人~4人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2012年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 3件

  • 113
    名に参考にされています
    投稿日:2018年01月08日 10時37分

    端的に言うとスゴロクでありレースゲーム。出た目(数字ではなくマーク)の数だけ、同じ絵の目にコマを設置/設置したコマを移動させる。同じ絵の列には一個しかコマが置けない。特殊なお得アイコンの目にうまくとまると石がもらえたり(石は最低4つ集めないとマイナス点)もう一回手番が回ってきたり、一マス余分に進めるので、これらがうまいことコンボするように駒を動かすのが楽しい。・自分の上がりがほぼ決定になった時点でいつ上がるか・3つめ、4つめのコマをいつどのタイミングで出すか、(4つめのコマを出すのが遅いと、出した直後のマスはマイナス点のため、コマを出さない方が良かったと言う事態が起こりうるのですが、コマ...

    Arugha_Satoruさんの「ケルト:ダイスゲーム」のレビュー
  • 104
    名に参考にされています
    投稿日:2017年02月02日 13時20分

    本家のケルトはプレイした事が無いので比較が出来ずごめんなさい。純粋にケルトダイスのレビューです。まずこのゲーム、コンポーネントがとても美しいです。木の駒に木のサイコロ。コンパクトで綺麗な緑色のボード。そして可愛いチップ。手番の決め方は、アイルランドのケルト民族がゲームのモチーフになっているという事で、最近アイルランドに行った人からとなってます。ボードゲーマーにとっては当たり前な木の駒やユニークな手番の決め方。これらはいわゆるドイツゲームを初めてやる人にはとても新鮮な要素であると同時に、ドイツゲームの大きな魅力であると思います。ケルトダイスのルールはとても簡単であり、誰でも年齢問わずすんな...

    なまゆきさんの「ケルト:ダイスゲーム」のレビュー
  • 68
    名に参考にされています
    投稿日:2016年06月19日 09時47分

    名作ボードゲーム「ケルト」のダイスゲーム版。骨格は似ているがルールはだいぶ簡単になっている。5色のコースに最大で4個の自分のコマを出し、サイコロ(5個振る)で出た色のコースにある自分のコマを進めていく。けっこうハイスピードなレースゲーム。10~15分くらいであっという間に終わる。一手ずつ、一コマずつ進めていくオリジナルの「ケルト」とはだいぶ違うゲームだと思うが、シンプルで面白いゲームになっている。ボードの裏面はコース上のところどころにX印があって、コマはそこで止まれず飛び越さないといけないコースになっている。まとまったゾロ目を期待してさいころを振る、味付けの違うゲームになっている。

    sokuri3510さんの「ケルト:ダイスゲーム」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク