マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 25分~40分
  • 8歳~
  • 2023年~

エフテーヴェー?!malts_yさんのルール/インスト

219名
3名
0
4ヶ月前

FTW?! のインスト(上から読むだけでインストになります)5,6人プレイとして。

■1 概要

 カードは1から60までが1枚ずつあります。これをすべて配りきります。手札から1枚ずつ出していきます。今まで出ているカードより大きい数字を出さなければいけません。そして誰かの手札が残り1枚になったらラウンド終了で,手札のいちばん大きい数字がプラス点,残りがマイナス点です。これを人数分のラウンド行います。

■2 準備

 スタートプレイヤーを決めます。カードをすべてシャッフルしてすべて配りきります。手札を見て3枚を選び伏せて右隣に渡します。左から来た3枚を手札に入れます。

■3 カードのプレイ

 ・場の中央に共通の捨て札の山が作られていきます。手札から1枚を捨て札の山に表向きに重ねていきます。山札のトップ以外が見えてもかまいません。また,ゲーム中いつでも,表向きの捨て札の山の中身を確認することができます。

 ・スタートプレイヤーが任意の1枚を表向きに中央にプレイして捨て札の山を新しく作ります。プレイするとはカードを出すことです。

 ・手番では必ず手札から1枚を表向きにプレイします。

 ・(プレイの基本)時計回りに次のプレイヤーは,手札から1枚を捨て札の山に重ねて出します。このとき,既にある捨て札の山のトップより大きい数字でなくてはなりません。

■4 出せないまたは出したくない場合,ヘルプカードを作る

 ・捨て札のトップより低い数字を自分の前に表向きに置きます。中央ではありません。これをヘルプカードと言うことにします。

 ・次に表向きの捨て札の山の中を見て,任意の1枚を選び,みんなに見せてから手札に入れます。

 ・そしてこれまでの捨て札の山を裏返して脇によけます。捨て札を流すわけです。

 ・次のプレイヤーは手札から任意の1枚をプレイして新しい捨て札の山を作ります。

例:自分の手札に6,29,31など10枚があって捨て札の山のトップが26の場合。あなたは31を出したくないので,6を自分の前に出してヘルプカードとします。表向きの捨て札の山の中から25を取って手札に入れます。残りの山札を裏向きにして脇によけます。あなたの手札は10枚に戻ります。

■5 ヘルプカードについて補足

・ヘルプカードは自分の手札ではありません。手札の枚数にはカウントしませんし得点計算にも入りません。しかしあとで役に立ちます。

・捨て札の山のトップより高い数字をヘルプカードにすることはできません。

・ヘルプカードは何枚でも持つことができます。

■6 ヘルプカードを使う

 ・自分の手番で,手札から1枚出して捨て札の山に重ねたいとき,自分のヘルプカードの数字を足して合計が捨て札の山のトップより大きくなるのであれば,手札の1枚を出すことができます。

 ・使ったヘルプカードは伏せて脇によけます。つまり1枚のヘルプカードは1回しか使えません。

 ・例:手札に 2,7,13,34 があり,自分の前にヘルプカード 6,11,19 があり,捨て札の山のトップが 17 の場合。ここであなたは34を手札に残したい。そのかわりに手札から 2 を出し,ヘルプカード6と11の助けを借ります。2+6+11=19 で 17 より大きくなるので,2 を捨て札の山に置きます。そして 6 と 11 を伏せて脇によけます。次のプレイヤーは 2 より大きい数字を出せばよいことになります。

 ・注意:手番では必ず手札から1枚を(山札へまたは自分の前へ)プレイしなくてはいけません。したがってヘルプカードだけを出して手札から出さないということはできません。

■7 手札が2枚になったときのマナー

 自分の手番が終わったとき手札が2枚になっていたら2枚ですと言ってください。これはゲームのルールではありません。言い忘れてもペナルティーはありません。ゲーム中いま何枚持ってますかと頻繁に聞かなくていいようにです。

■8 ラウンド終了と得点

・あるプレイヤーが自分の手番を終えたあと手札が 1 枚だけになっていたら,ただちにラウンドは終了します(自分の手番以外で1枚になる可能性はありません)。

・自分の前のヘルプカードは手札ではありませんので,手札枚数には入れません。

・注意:手札が2枚のときそこから1枚をヘルプカードにすることはできますが,捨て札の山から1枚を手札に入れて手札が2枚になりますのでラウウンドは終了しません。

・手札の中で最も高い数字のカード1枚がプラス点,残りがマイナス点です。もし合計がマイナスなら 0 点とします。

・自分の前のヘルプカードは得点に関係ありません。

・すべてのカードをシャッフルし,次のラウンドを開始します。前のラウンドのスタートプレイヤーから時計回りに次の人が次のスタートプレイヤーになります。

■9 ゲームの終了

 プレイヤー人数分のラウンドを行って,最も得点の高い人が勝利します。

以上です。

---

FAQ

Q1:山札のトップより高いカードを出してそこにヘルプカードを足すことはできますか。

A1:ルールには書いてありません。そんなことをする必要がないからです。どちらにしても山札のトップは変わりませんので他のプレイヤーには影響がありません。ヘルプカードは手札の枚数にも得点計算にも関係しません。自分が使えるヘルプカードが減るだけ損な行動と言えます。

この投稿に3名がナイス!しました
ナイス!
鳴屋
たつきち
タケル
malts_y
malts_y
シェアする
  • 51興味あり
  • 219経験あり
  • 29お気に入り
  • 150持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

malts_yさんの投稿

会員の新しい投稿