• 2人用
  • 2分前後
  • 6歳~
  • 2009年~

フリップフロップKanoさんのレビュー

44
名に参考にされています
2017年11月20日 21時37分

興味を持ったので「アブストラクトゲーム博物館」で無料配布されている素材をもとに自作して遊んでみました(印刷してボール紙を切ったものに貼り合わせただけですが、慣れないもので半日かかってしまった)。コマの動かし方は面白いのですが、なんとなくで指していると本当にあっという間に終わってしまうので、初手からしっかり考えていかないと先読みや駆け引きみたいなものを感じる暇もないです。

ほとんどの場合で試合局面が伯仲したままでピンチからの逆転みたいなことが起こりにくく、また同一局面も現れやすいので、どちらかというと対戦相手とともに何度か指しながら勝ちパターン・負けパターンを探っていくというような楽しみ方になるでしょうか。そういう意味では将棋よりもパズルで遊んでいる感覚に近いような気がしました。コマを一手ごとに反転させるアイディアはとても面白いのですが、これだけで何時間も遊べるかというとちょっと辛いかなと思います。

必勝法がありそうな感じもしますが、そういうのを考えるのは苦手なのでわかりません。将棋などで何手も先を読める人同士がやればまた違った感じなのかもしれないです。

製品版、とくにタイル製のものはデザインが素敵で、むしろコレクションとして手に入れたいですね。見た目がおもしろくルールも一瞬でわかるので、インテリアとして飾っておいて来客と余興的に楽しむ、みたいな遊び方が一番合うのかもしれません。

Kanoさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 0興味あり
  • 1経験あり
  • 0お気に入り
  • 0持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルフリップフロップ
原題・英題表記FlipFlop
参加人数2人用(2分前後)
対象年齢6歳から
発売時期2009年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Kanoさんの投稿

会員の新しい投稿